『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉
スポンサーリンク

気の置けない相手が、自分の考えられないような行動や発言をすると、誰でも腹が立つことがありますね。

『いったい何考えてるんだか・・・。』

呆れてしまい、特に自分に関係ない人には、何も言う気が起こりません。

ですが、身近になればなる程、相手に自分の意見を主張したくなります。

そんな時、絶対に言ってはいけない言葉があることをご存じですか?

喧嘩の時に言ってはいけない【常識】【普通】

  • 「いったい何考えてるのよ!普通はこれが当たり前でしょう!」
  • 「常識で考えると、こうだろう!」

双方の考え方が食い違い、けんかに発展すると、必ずといっていい程、こんな言葉が飛び交います。

このような物言いは、相手の癇に障ります。それで、より相手の感情を逆なでし、ケンカはヒートアップしてしまうでしょう。

喧嘩するつもりではなかったとしても、【常識】【普通】といった言葉を押し付けることは、相手に自分の気持ちをわかってもらえるどころか、全く逆効果になってしまうのです。

【常識】【普通】っていったい何?

【常識】【普通】という言葉を深く考える機会。なかなか無いような気もします。

でもよく考えてみると、【常識】【普通】って、いったいどういう意味なのか、考えたことはありませんか?

  • 常識 = マナー
  • 普通 = 一般的

簡単に考えると、このようになるでしょうか。

スポンサーリンク

マナーである【常識】

マナーである【常識】は、ウィキペディアによるとこう記されています。

常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。

出典:wikipedia

人として当たり前の【常識】

  • 誰かに会えば、挨拶をする。
  • 悪いことをすれば、謝る。
  • 何かをしてもらったり、気持ちをかけてもらえば「ありがとう。」と言う。

こういった幼少期から教えられてきた、当たり前の【常識】は誰でも簡単に理解できる事です。

こういった【常識】は【普通】と言えますね。

公共の場所でのマナーや多数の人がいる中での【常識】

マナーとしての常識で考えると、思い浮かぶのは以下のようなことでしょうか。

  • 道や公共施設内では、ポイ捨てをしてはいけない。
  • 電車内では、できるだけ静かにする。
  • 割り込みはせず順番を守り、きっちりと並ぶ。

こういった【常識】は、悲しいかな現代では、【常識】として通用していない世の中です。

(関連:電車内の化粧はマナー違反?公共の場をより良くするためのルール

【好きな人のマナー違反】注意できますか?許せる?許せない?

【普通】?一般的って誰の基準?

一方【常識】とは違い、一般的という【普通】とはどういった事を指すのでしょうか?

一般的を辞書で調べて見ると、このような結果が出てきました。

広く全体を取り上げるさま。広く行き渡っているさま。

出典:www.weblio.jp

ですが、世の中の多くの人に広がっている事とは言えど、その考えは自分の考えであって、全ての人が同じとは限りません。

自分自身が【普通】と考えていても、全ての人が同じ考えであるわけがないのです。

そうでなければ、極端に言えば人格のない、全てまるでロボットのような人ばかりという事になってしまいます。

19時に待ち合わせしたのに・・・

ある男性が、仕事の打ち合わせと日頃の労い兼ねて、部下と飲みに行く約束をしました。

男性は「19時頃に、居酒屋〇〇店で・・・。」と伝えました。

部下は、その約束の時間を、19時!と確実に頭にインプットしました。上司との約束の時間に遅刻できないからです。

部下は、19時になる15分前に店に到着しました。

一方、仕事が推したせいもあり、男性が到着したのは19時20分でした。

男性は、特に遅刻の謝罪もせず部下と合流し、飲み始めました。

ところが、19時の約束だと思っていた部下は、全く悪びれない上司に対し内心イライラしていました。『普通は遅れたら謝るものだろう!』と。

男性の中では19時頃という約束・・・大体19時なので、19時20分は許容範囲内という考えでした。

ですが、男性の中での【普通】と、部下の中での【普通】が異なっていたのです。

上司と部下の関係上、部下はその想いを口に出すことはなく、けんかになることはありませんでした。ですが、人の一般的=【普通】には、このような個人差が生じるのが、当たり前なのです。

とあるカップルの喧嘩

あるカップルがいました。

二人は付き合って数ヶ月。その間、彼女は彼氏の優柔不断な性格にイライラさせられていて、もはや限界に届く勢いでした。

休日、二人でどこに遊びに行こうかと話合っている時、「おまえが行きたいところなら、どこでもいいよ。」と言う彼氏。それに対し、とうとう彼女は我慢ができなくなり、こう言いました。

男が行先を決めるのが普通でしょ!?今まで私ばっかりが決めてきた!あなたには、自分の彼女を喜ばせようという気持ちがないの?!
  • 彼氏は、彼女が行きたい場所に連れていってあげることが一番の喜び。だからリクエストを聞いてあげるのが【普通】
  • 彼女は、彼氏に常にリードされたいと考えていたので、彼氏が決めてくれるのが【普通】

お互いの【普通】に食い違いがあったのです。

自分の想いを否定されたように感じた彼氏は、彼女の言葉に対し「普通っていったい何だよ!?」と反論しました。

「男なら男らしく、女をリードするのが普通って言ってるのよ!」

「それは、ただおまえの中の【普通】だろう!人の気も知らないで!」

この言い争いは、そのまま大ゲンカに発展。あえなくその日のデートはおじゃんになり、口論だけが続いてしまいました。

どう思われますか?

一般的 = 【普通】には、このような想いの食い違いがあるものなのです。

親子間の【普通】の食い違い

大阪府内に、ある母子家庭の母娘がいました。

看護師を目指す娘は、経済的事情から進学は国公立の学校を希望していました。しかし、府内で看護科のある国公立は全国でもかなりの上位。合格は難しい状況でした。

もちろん、母も娘も国公立大学に合格するのが夢でした。

ですが、自身の成績では無理だと思った娘は、「もう私立へ行く。国公立は諦める。」と言い出しました。

母は、「諦めるのはまだ早い。もっと精一杯頑張りなさい!」と娘を叱咤激励しました。ですが、娘は「試験を受けても同じ。」と言い、日々の勉強を私立受験の科目だけに絞りました。

母「私立を出せるだけの、お金がないのよ!奨学金を借りても、どんどん年を取るママには返せる自信がない。」

娘「奨学金は、自分で返していくものでしょう?ママは関係ないじゃないの!ちゃんと自分で返していくから。」

  • 母にとっては、大学費を出すまでは親の務めであるのが【普通
  • 娘にとっては、皆そうしているし、自分自身で大学費を返済していくのが【普通

母は、この先何十年という期間、奨学金を返済していく大変さを危惧し、「国公立を諦めるのは絶対反対!」宣言をしました。

母娘はそれぞれが考える【普通】の食い違いで、大げんかになってしまったのです。

どうお感じになりましたか?

このように、人にはそれぞれの考え方があります。【普通】には個人差があって当然なのです。

千差万別の【普通】

『常識』『普通』っていったい誰の基準?喧嘩で使ってはいけない言葉

  • 「常識も知らずに、馬鹿じゃないの!?」
  • 「普通はこれが当たり前!」

こういった言葉は、自分の意見を押し通そうとするが余りに出てしまう、大変欲深い発言です。

話し合いや喧嘩をしている時に、【常識】【普通】という言葉は、絶対言ってはいけない言葉なのです。

「常識だろ!」「普通でしょ!」という言葉は、ただの自身の【欲】であることを理解して下さい。

喧嘩を始め、他者との話し合いの際に、使ってはいけない言葉禁句なのです。

(併せてご覧下さい。【常識を疑え】価値観の違いによっても変化する『当たり前』

スポンサーリンク