スポンサーリンク

流行っているところに水を差してはいけませんが、まつげエクステ用接着剤に対する注意情報が、東京都から2017年2月21日に出ました。健康被害の恐れがあるようです。詳細は下記ウェブサイトを参照してください。
東京くらしWEB|つけ爪やまつげエクステンションに使用する接着剤に関する商品テストを実施しました!

おしゃれは楽しむべきですが、それで健康を害しては意味がありません。そのためできる限り正しい知識を持ち、安全に使えるものを選びましょう。結果的にお肌トラブルなどが起きたら、おしゃれどころではなくなります。

まつげエクステとは

まつげエクステとは何か、知っている人も再確認しておきましょう。

つまり、まつげを長く見せるためのアイテムです。

ただし単なる付けまつげとは異なります。エクステンション、すなわち延長させることです。

ちなみにまつげエクステは美容行為に該当します。

厚生労働省課長通知によって美容師法第2条第1項に規定されるとの見解が一般的です。

そのため他人へ施術する場合は、美容師の資格が必要です。また場所は美容室に限定されます。そうではない類似施設、無資格者による行為は違法の危険があります。気を付けましょう。

もちろん個人が、自己責任の範囲において自分でやる分には何らの問題もありません。しかし海外製品などを個人輸入する際は、日本で認められていない物質が混入している可能性があります。こちらも注意しましょう。

注意情報の概要

今回の注意情報は、まつげエクステ自体というよりも、その際に使われる接着剤が問題だということです。つけ爪に用いられている接着剤も同様です。使用されている接着剤を東京都が調査したところ、いくつかの検体から有害物質であるホルムアルデヒドが見つかったようです。

東京都の消費生活総合センターには、まつげエクステの利用者から、充血した、涙が止まらない、などの相談が多数寄せられています。つけ爪をしたら爪が白くなった、黄ばんだ、そんな話もあったようです。

すべての製品ではないでしょうが、

まつげエクステやつけ爪をしている間に何らかの違和感を覚えた場合には、即刻使用を止めて医療機関を受診しましょう。

目に入ると危険です。放置すると肌荒れどころではないトラブルが起きるかもしれません。

スポンサーリンク

使用上の注意点

おしゃれに時間もお金もリスクも厭わない人が多いですが、安全のために知っておくべきことがありそうです。

1.自己流は危険です

まつげエクステは、通販などでも気軽に購入できます。そのため利用者は増える傾向にあります。もちろん使い方は簡単です。専用のキットならば大した作業ではありません。中学生でもできるでしょう。

とはいえ手が滑った?目やまぶたの裏に付くと危険です。多少の練習は必要です。下手すると曲がってしまったり、接着剤がだまになることもあります。おしゃれに逆行しますので、初めは美容室などで習った方が安全かつ安心です。

2.法的規制がない?

おしゃれアイテムは日進月歩で進化します。そのため法律が追いつかないケースが少なくありません。例えば付けまつげ用の接着剤に関しては規制がありますが、そこにまつげエクステ用は含まれていないとか。

これは脱法ハーブの問題にも関係していますが、すべての事例を網羅することはほぼ不可能です。いたちごっこになります。とはいえ今回のようなホルムアルデヒドは、それ自体が後述するように有害です。規制がないとしても使用する際には注意すべきです。
参考「違法薬物について基本的なことを知っておきましょう

ホルムアルデヒドとは

ここで出てきた有害物質のホルムアルデヒドとは、どんな物質なのでしょうか。意外と身近な物質ではありますが、かなり危険な物質でもあります。

1.化学的特性

化学的な話から始めましょう。炭素C、水素H、酸素Oが結合した-CHOをアルデヒド基と呼びます。これを持つ物質全般をアルデヒドと呼びます。その中で最も単純な物質、つまり水素が一つ結合しただけ、化学式H-CHOで現わせる物質がホルムアルデヒドです。

ホルムアルデヒド自体は無色ですが、特徴的な刺激臭があります。理由は沸点が-19℃なので常温では気体になるからです。

すなわち接着剤などに含まれていれば揮発します。それが目に入ると痛みなどの刺激を受けることになります。

2.水溶液にするとホルマリンです

ホルムアルデヒドは上述のように気体なので扱いづらいのが難点です。そこで40%前後を含んだ水溶液として利用します。この液体をホルマリンと呼んでいます。プラスチックや接着剤の材料として用いることができます。

危険な物質であるにも関わらず接着剤に使用される理由は何か。ホルムアルデヒドはそれ同士、また他の物質と結合しやすい性質があるからです。特に尿素系合成樹脂との相性が良いとされています。

また防腐作用があるため、動物標本を保存する際には重宝します。ドラマに出てくる怪しげな理科室などに瓶詰の検体がありますね。それらはホルマリン漬けになっています。こちらも独特の異臭があります。奇怪さを増してくれます。

3.有毒性はあるのか

ホルムアルデヒドにはどんな有毒性があるのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

(1)規制する法律が多い

ホルムアルデヒドの使用もしくは排出量を規制する法律は、例えば

  • 毒物および劇物取締法
  • 特定化学物質障害予防規則
  • 労働安全衛生法
  • 建築基準法
  • 水道法
  • 大気汚染防止法

など枚挙に暇がありません。さらに各自治体レベルで排出規制を定めているケースもあります。

(2)急性毒性があります

ホルムアルデヒドには急性毒性があります。まずは直接触れた際の刺激です。

蒸発した気体が目、喉、皮膚などに付着すると炎症を起こします。

またホルムアルデヒドに曝されると小児喘息を引き起こすとの報告もあります。もちろん大人でも油断できません。

なおホルムアルデヒドを何らかの製品に使用している場合には、その旨を記載する義務があります。ただしまつげエクステ用接着剤には、記載漏れの商品が少なくなかったようです。業者自身も知らなかった可能性は捨てきれません。

(3)発がん物質と考えられています

世界保健機構WHOの外郭組織に国際がん研究機関IARCがあります。そこではがんに関する様々な調査、有害物質に対する評価を行っています。すなわち危険性を5つのランクにグループ分けしています。

その発がん分類においてホルムアルデヒドは、がんになるリスクが科学的に証明されている「発がん性がある」グループ1に該当しています。

またIARCは2009年に骨髄性白血病の原因物質であるとも指摘しています。取扱いには注意が必要なのです。

(4)シックハウス症候群の原因でもあります

まつげエクステの問題と同様に、ホルムアルデヒドはいくつかのトラブルを生んでいます。

例えば新築の家などで異臭があり、住人が頭痛や吐き気などの体調不良を訴えるシックハウス症候群です。

壁紙を貼る際などに使われた接着剤にホルムアルデヒドが含まていたことが原因です。

もちろん上述のように防腐効果があるため、建築材をシロアリやカビなどから守る役割をしています。使用される有機溶剤はホルムアルデヒドだけではありませんが、扱いやすさから利用する事例は増えています。

(5)親戚にはアセトアルデヒドがある

ホルムアルデヒドH-CHOの左端にあるHがCH3に変わると、アセトアルデヒドになります。こちらはエタノールが最終的に水と二酸化炭素まで分解される過程において発生する有害物質です。いわゆる二日酔いの原因です

ちなみにアセトアルデヒドを素早く分解できる酵素を多く持つ人は、お酒が飲める人です。逆に同酵素が少ない、もしくはほとんどない人は下戸です。日本人の大半を占めると言われています。無理な飲酒は控えましょう。

参考「二日酔いの朝、3つのやって良いこと悪いこと

注意しましょう

まつげエクステをする際には、接着剤がまぶたや目に触れないようにしましょう。直接的な害も心配です。もちろん揮発して目を刺激することもあります。無理をしないで、即刻使用を中止しましょう。何よりも、有害物質が含まれていない製品を選びましょう。

スポンサーリンク