スポンサーリンク

先日、スマホの適性診断で花見の役割を決めていたところ、なんと、私目に与えられたのは企画

早い話、花見の幹事です。

まあ盛り上げ役よりはいいかと思い、引き受けたものの、あることに気づいたのです。

行き先の選定から飲食の準備まで、とんでもなく大変・面倒!!

特に、飲食については、花見のメインとも言える部分!!念入りに検討する必要がありそうです。

こだわりたい、お花見弁当!

お花見の成功に大切なこと。それは花の咲き具合。

しかし、それと同じくらい重要なことは、花見を盛り上げるお弁当の美味しさ

花見弁当の味が花見の良し悪しを決める、と言っても過言ではないでしょう。

確かに、

満開の桜を見ながら、不味いお弁当を食べたくない!

これは誰もが思っている事でしょう。

そうとなれば、お弁当作り担当は腕の見せ所。

頑張って絶品の手作り弁当を作る訳ですが、実は、これは一昔前の話

今時の花見は、いささか異なるようです。

今時はお弁当を買って花見を楽しむ人が多数

その昔、花見のために多くの主婦たちは、おせち料理のような豪華な重詰め弁当を作っていました。

ところが、昨年のアンケート調査を元にした3時間前からの場所取りは不要、2016年花見事情!によると、

お花見弁当は、コンビニやデパ地下で買うのが一般的

と言うではありませんか!!

デパ地下で買う花見弁当のメリット

有名料亭やホテルの味を気軽に手軽に楽しめるのも、デパ地下の花見弁当の大きなメリットです。

花見シーズンにデパ地下へ行くと、色とりどりのお弁当が並んでいて、思わず手が出てしまいますね。

そして、それを買った以上、オフィスや自宅で食べるのはもったいない!!

出来れば、桜の咲く屋外でランチをしたい!と思わずにはいられません。

デパ地下で買う花見弁当のデメリット

しかし、そんなデパ地下のお弁当たちには一つ、大きなデメリットあります。

それは、早朝から入手出来ない事です。

多くのデパートは午前10時開店ですから、早くても、それ以降にしか弁当を手に入れられません。

これでは、遠方はもちろん、郊外でのお花見も厳しいのではないかと思われます。

それは何故か?

今は大規模な花見が少なくなり場所取りに何時間もかけることはなくなりましたが、さすがにお昼ごろに行っても、もう花見の場所はないからです。

特に週末の人気花見スポットともなると、午前10時を回ると続々と花見客が現れ、場所取りを始めてしまいます。

やはり、1時間前には花見会場に到着しておくのが重要でしょう。

手ぶらで花見を実現するのがこれ!

デパ地下で花見弁当を調達してから花見に出発!となると、行き先がかなり限定されてしまうのが難点です。

そこで昨今、花見の強い味方となっているのがコンビニなのです。

コンビニで買う花見弁当のメリット

コンビニエンスストアと言えば、近くて・便利で・美味しいのが今や当たり前!

そんなコンビニの三大メリットをフルに生かせるのが、花見です。

例え、郊外でも県外でも、なじみのコンビニはきっとあるはず!

海や山へ行くにしても、その道中に全くコンビニが無いという事は考えにくいでしょう。

しかも、24時間営業だから、早朝からの買い物もOK!

さらに、飲料やおやつ・おつまみ類も一緒に調達出来ます。

正に手ぶらで花見を実現出来る訳です。

また、値段も手頃で、子供が喜びそうな品が多いというのも有り難いところ!

楽して楽しい花見をしたいのなら、コンビニを利用しない手はないでしょう。

コンビニで予約もできる、多種多様な花見弁当

今はコンビニでも花見商戦は、クリスマスやお正月と並ぶ重要行事です。

クリスマスケーキやおせち料理と同様、オリジナルの花見弁当をプランニングしているところもあります。

また、例え花見弁当とは名乗ってはいなくても、店頭には並ばないスペシャル弁当を完全予約制で受け付けているコンビニチェーンもあります。そして、その内容がより一層充実するのが、春と秋の行楽シーズンなのです。

当然、価格は一般的なコンビニ弁当と比べると高価です。

恐らく、2倍はすると思っておいた方が無難でしょう。

ですが、デパ地下弁当に比べれば大差ありません。

という事で、2017年のお花見にお勧めのコンビニ弁当はこちら→2017年・お花見にお勧めのセブンイレブン予約弁当ベスト5!

スポンサーリンク