スポンサーリンク

ワンちゃん、ネコちゃんを飼っているみなさん、動物たちを主体としたイベントなどに参加されたことはありますか??私は、GWの2日間、京セラドーム大阪で開催される『ペット王国』に毎年参加しています。

実はこのペット王国では、ペットのおやつなどの試供品をたくさんもらえるだけではなく、ペットフードやペットシーツが「こんなに安いの!?」と驚くほどの値段で販売されているのです!
安くてついついたくさん買ってしまい、帰るころには両手いっぱいの大荷物で、毎年大変です(笑)

さらに、ペットのおもちゃなどの販売ブースや飼い主やお子さん向けのイベントブース、ワンちゃん・ネコちゃんなど、同伴ペットたちも楽しめるブースもあります!
※なお、ペット王国では子犬・子猫の生体販売はしていません。

そんなペット王国とは、何の目的で行われているどんなイベントなのか。
公式ホームページの情報を交えながら、私の体験とともに紹介します!

この記事を読んで、来年から「ペット王国」に参加される方の参考になればうれしいです!

ペット王国とは?

ペット王国はペットとの生活の素晴らしさやペットと暮らすことの効用を実感・体感していただけるペットイベントです。

2005年に大阪ドーム(現在の京セラドーム大阪)で初めて開催以降、毎回多くの来場者を動員しています。
ペットと一緒にドームに入場できるのも大人気。犬・猫・小動物・は虫類・昆虫・観賞魚・鳥が大集合する展示コーナー、かわいい動物とのふれあいコーナー。
ペット商品の紹介&サンプリングコーナー、オトクなペットグッズアウトレットコーナーなど、ペットに関するアトラクション、情報がいっぱいです。

ペット王国公式ホームページより引用

ペット王国2017の会場と日時

会場 京セラドーム大阪
住所 〒550-0023 大阪市西区千代崎3丁目中2番1号
日時 1日目 5月3日 10時~18時

2日目 5月4日 10時~17時

(最終入場は閉場の30分前まで可能です)

※2018年の参考に2017年開催された日時を記載しています
開催日時は1カ月前には公開されていると思います。
公式ホームページ Twitterをチェックです!

入場は11時過ぎがオススメ

オススメの入場時間は11時過ぎです。毎年開場と同時に入場する方が多く、開場1時間前にはドームを1周とりかこむほどの列になっています。
しかし、私は並ばずに入りたいので、毎年開場よりすこし遅めの11時過ぎに行っています。この時間帯なら、混雑していないので、「スッ」と入れてオススメです。

スポンサーリンク

ペット王国2017会場の最寄り駅

JR JR大阪環状線 大正駅 【徒歩約7分】
阪神 阪神なんば線 ドーム前駅 【徒歩すぐ】
地下鉄 中央線 九条駅 【徒歩約9分】
長堀鶴見緑地 ドーム前千代崎駅 【徒歩すぐ】
市バス バス停 大正橋 【徒歩約6分】

ペット王国2017会場の入場料

前売り券 大人(中学生以上)1400 円 子供(3歳~小学生)700円
前売り券の『取り扱い店舗』 チケットぴあ・コンビニエンスストアー 『ファミリーマート.サークルK.サンクス.ローソン.セブン‐イレブン』
当日券 大人(中学生以上)1600円 子供(3歳~小学生)900円

※2018年の参考に2017年の金額を記載しています

オススメは前売り券

スムーズに入場したいなら、前売り券を買っておくことをオススメします。
ペット王国開催の当日は会場前が混雑し、入場するまでに長蛇の列ができます。
そのうえ、当日券を買う方もたくさんいて、どうしても入場に時間がかかってしまうからです。
そのため、前売り券を購入しての参加がオススメです。

ペット同伴で会場に行く場合の注意点!

ペット王国には入場者がさまざまな種類のペットを連れてきています。
もしかしたら、飼い主間・ペット間でのトラブルが起こるかも知れません。
そのようなトラブルを避けるため、ペット王国へ動物をつれてくる際の注意事項などが公式HPに記載されています。あらかじめ注意事項を確認のうえペット王国に参加しましょう。

  • 会場内が混雑した場合、ペットを抱いて入場していただく場合があります
  • 抱くことのできない大型ペットや、人や他のペットを見て攻撃的になるペットの入場はお断りいたします
  • ペットには必ず予防接種をしてください
  • 会場には階段などの段差が多くあります
  • ペット同伴では、入場できないコーナーもあります
  • 会場内でトラブルが起こった場合、当事者同士で対応してください
  • しつけ等のマナーをお守りください

ペット王国公式ホームページより引用

イベント・屋台・など一覧

※イベントなどは変更される場合があるので公式ホームページをチェック!
※入場料の他に参加料がかかるコーナーもあります

ステージイベント

  • ペット大好き!人気芸能人スペシャルトークショー
  • 戦隊キャラクターショー
  • サンリオ オリジナルダンスショー
  • わんわんレース!
  • 介助犬デモストレーション
  • 災害現場で活躍するレスキュードッグデモストレーション私がステージイベントに行ったときは、戦隊キャラクターショーの時間帯でした!

今年は宇宙戦隊キューレンジャーショーが催されていました。
観客席には子供たちがたくさんいて、みんながすごく楽しそうに見ているのを見て、心がホッコリしました。
ショーが終わるとダンスや戦隊たちとの握手会がおこなわれ、私も戦隊モノが好きなのでついつい並びそうになりました(笑)

フロアイベント

フロアイベントでは、いろんな種類の猫たちが各部屋で自由に過ごしていたブースにおじゃましました!

この猫ちゃんの種類は知っている方も多いのではないでしょうか!
そう!アメリカンショートヘアーという種類なんです。
カメラ目線のこの子がかわいくてついつい同じ写真をたくさん撮っていました (笑)
とても癒やされた時間でした!

また、今年行われたフロアイベントは下記の通りです。

ミニ体験コーナー

  • 大人気ドックプール!
  • おやつ作り体験コーナー
  • 街角わんわんクイズ!
  • ペットのスポーツジム
  • 手作りキャンドル体験!
  • 『まゆイヌ』さんによる動物似顔絵コーナー
  • 射的・コイン落としコーナー
  • トリマー・トレーナーのお仕事体験
  • 牧草詰め放題
  • 釣りコーナー
  • 体重測定・体脂肪測定コーナー
  • ミニ運動会!

ミニふれあいコーナー

  • ハッピーハウスのわんこ・にゃんこが大集合!お散歩コーナー
  • ペット王国限定!鳥・フクロウカフェ

ミニセミナーコーナー

  • フェレットミニフェスティバル
  • 星野先生のオウムセミナー

セミナーコーナー

  • ベタとの暮らしを楽しもう!~ベタ水槽セッティング~
  • メダカの繁殖を楽しもう!~メダカの飼育~
  • はじめてのフクロウ飼育に挑戦!
  • ペットと防災
  • ペット用品のお洗濯!
  • 日本猫の歴史と暮らし
  • インコ・オウムたちの寿命と長生き
  • 愛犬・愛猫に寄生する害虫と症状・対策について
  • 子猫の選び方

セミナーコーナーは今年も人がたくさんいました。
色んな分野の専門家から、さまざまな話が聞ける機会は貴重ですから、参加して損はありません。興味がある方はぜひ参加してみてくださいね!

ふれあいコーナー

  • エステフィッシュ
  • ひよこ
  • ハリネズミ
  • うさぎ
  • ゴールデンパイソン

ヒヨコのふれあいに参加しました!

私は、ふれあいコーナーでヒヨコのふれあいに参加しました!
実は私が初めてペット王国に参加してから昨年まで、ヒヨコのふれあいコーナーには参加しませんでした。

なぜ参加しなかったのか。それには理由がありました。

それは、昨年までのヒヨコのふれあいコーナーで、たくさんのヒヨコが死んでいたからです。
多い日では、1日に何十匹と亡くなる日もありました。

なぜこんなに死んでしまうのか。
元々の原因は、大きな広場にヒヨコを放していたことです。
それにより、こんなことが起こっていたのです。

  • 何百匹ものヒヨコがいる広場に入ったお客さんの不注意で踏んでしまう
  • お客さんがヒヨコを追い掛け回し、ストレスをかけた
  • 子供がヒヨコを握ってしまい、弱ってしまった
  • ヒヨコと一緒にモルモットを放していたので、モルモットにいたずらされたヒヨコが弱った

どれだけスタッフさんががんばって注意喚起しても、スタッフの目が届く範囲には限界があります。お客さんが自由に行動できると、思いがけないことが起きてしまいます。

そんなこともあり、昨年までは参加しなかったふれあいコーナーですが、今年は見た目から変わっていました。
ヒヨコのいる場所は人が入れないように隔離され、ベンチが何台も設置されていたのです。

そして、コーナーに参加するお客さん一人一人にかごを渡しているのも見えました。
そこで、今年はどんな風にふれあいコーナーが変わったのか気になって参加したのです。

まず、入り口で手の消毒をしました。その後、ベンチに座るとスタッフさんからかごを渡され、
ヒヨコかモルモットかどちらかを選べると言われました。なので、私はヒヨコをお願いしました。

この時点で「去年とは比べものにならないほど改善されているな」と実感しました。

ですが、お客さんの中にはヒヨコを高く上げ、落下させてしまうケースもありました。
スタッフだけではなく、お客さんも「動物とふれあう時は、気を付けるべきだな」とあらためて感じました。

ちなみに、私のところにきた2羽のヒヨコは手の中で寝てしまいました。
たくさんの人の手にわたったヒヨコにはストレスがかかっているので、私のところにきたら少しの時間でも安心とゆっくりする時間をあげたいと思っていました。
だから、ヒヨコが眠ったときはうれしかったですね。

展示コーナー

  • フェレット
  • うさぎ
  • ワラビー
  • 2mの白ヘビ
  • ユーラシアワシミミズク展示コーナーではユーラシアワシミミズクを見ました!

日常では間近で見られないので、とてもいい体験でした。目がクリクリしていて、すごくかわいかったです!

ここで豆知識!

ユーラシアワシミミズクには、目の上から耳のような羽が生えています。これは羽角(うかく)といいます。これは本当の耳ではなく、飾り羽なんです。
飾り羽の役割はわかっていないそうなんですが、役割がなくてもかわいいのでいいですよね!

ちなみに!

  • 飾り羽があるフクロウ類は、ミミズク
  • 飾り羽がないフクロウ類は、フクロウ

と分類されています!

B級グルメ 10種類以上!!飲食売店ブース!!

会場の中にある飲食売店ブースは焼きそばをはじめ、丼物スイーツまで、さまざまな種類が取りそろえられています!

私はペット王国に行くと毎年欠かさず食べているものがあります!
それは、いちごかき氷です!

冷凍いちごをふんだんに削った、果実のみのかき氷!
練乳がかかっていてすごくおいしいので、オススメです!!

ですが、お昼を過ぎた飲食店の中には、冷たくなったご飯を渡される店もあり、これはとてもショックでした…。
もちろんお昼ごろに買えばいいのですが、その時間帯だと、どこのお店もたくさんのお客さんでなかなか買えないのです。
飲食売店コーナーのお値段は決して安くはないので、改善してほしいところですね。

今年のペット王国は!

ペット王国2017では去年に比べ改善されているところがたくさんあり、参加してよかったなと思いました!
毎年変わらず試供品をたくさんもらえるのは、多頭飼いのおうちにはすごく助かりますね!
我が家は毎年、試供品がたくさんもらえても大丈夫なように重装備で参加しています(笑)

ペット王国にはさまざまな種類の動物たちがやってききますが、その中でもとくに驚いたのは、タヌキです。
すごくかわいい上に、間近でタヌキを見ることがないので貴重な体験ができました!

このように日常では触れ合えない動物たちと出会える1日!
皆さんも、来年のペット王国2018年に参加してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク