スポンサーリンク

2016年3月21日、東京でサクラの開花宣言がなされました。
週末が暖かかったので、一気に咲いたようです。
サクラは日本人の心に合っていると言いますが、なぜでしょうか。
思い込みのことも多いようなので、
今年の花見は、科学的に観察してみましょう。

サクラとは

サクラとは、バラ科スモモ属の落葉樹です。
漠然とサクラ!と呼ばれますが、実際には多様な種類があります。
中でも一般的に鑑賞されるのが、ソメイヨシノという品種です。
これは江戸時代に生まれたと考えられています。
サクラは突然変異が多く、かつ接木などによる交雑も行われたため、
現在では600以上の品種や変種があるとも言われています。

樹齢千年を越えるような大木もありますが、
基本的に上へ高く伸びることはありません。
しかし観賞用として見やすいように改良されたとする説もあります。
なお傷などに弱い植物であり、枝を折られるとそこから腐敗し、
全体が枯れてしまう事例もあるようです。

なぜ日本人に好かれるのか

なぜ日本人は、サクラの開花に一喜一憂するのでしょうか。
そもそも奈良時代までは、花と言えば梅でした。
平安時代になると、散り際の潔さからか?
サクラが好まれるようになりました。

つまりサクラは、パッと咲いてパッと散る!ある意味で儚い花です。
平安貴族が人生に見立てたのかもしれません。
とはいえ江戸時代は、直ぐ散るのでお家断絶の印象がある?
サクラの家紋は好まれなかったとか。
第二次世界大戦時には、潔く死ぬ!
兵士の見本的に思わされていたのも事実でしょう。
今なら受験に合格したら、サクラ咲く!失敗したら、サクラ散る!
わかりやすい譬えですね。
なおサクラは開花時に葉がありません。木全体がピンク一色に染まる!
その鮮やかさも、日本人に愛でられる理由かもしれません。

スポンサーリンク

開花には冬の寒さが必要です

サクラは花が散った後に葉が出ます。
気づいていない人も多いですが、夏の葉桜も壮観ではあります。
なお翌春用の花の芽は夏に形成され、その後は休眠に入ります。
これは葉によって休眠ホルモンが作られるためです。
この休眠状態を解くには、一定の寒さが必要です。
つまり冬を越さないと、サクラは開花しません。
例えば暖冬などで十分な寒さを経ないと、
翌春綺麗に咲かないことがあるようです。
一方で秋に強い寒さがあり、その後小春日和が続くと、狂い咲き?
冬なのに咲いてしまうことがあります。
実際2015年の冬にいくつかの地域で咲いてしまった事例が散見されました。

積算温度で開花が決まる

サクラは開花予想ができます。なぜでしょうか。
これは積算温度を利用した法則が知られているからです。
例えば2月1日以降、毎日の最高気温を加算していきます。
この合計が600度となった日に開花する!
実際に数日のズレしかないようです。
一方で一日の平均気温を積算して合計400度を超えたら開花する!
そうした計算式もあるようです。
動物のように脳といった特別の思考回路は持ちませんが、
個々の細胞が時を刻んでいる?体内時計を有しているとも考えられています。
自然の知恵は侮れません。
人間も、時計を持たなくなったら規則正しい生活ができる?
せめて花見の時は、時間を忘れて楽しみたいですね。

さくらんぼとは

サクラと言えば、さくらんぼも気になります。
しかしさくらんぼと花見のサクラは、基本的に別種です。
なおサクラは自家受粉では結実しません。
つまり別の遺伝子を持った花粉が付かないと実ができないのです。
いわゆるソメイヨシノは、すべてが同じ原木から広がっています。
すなわちクローンであり、遺伝子的には同じ個体なのです。

したがってソメイヨシノだけが咲いている場所では、実がつきません。
一方でさくらんぼは、専用の品種があります。
日本で食用とされるのはヨーロッパ系統の桜桃、実桜に属する品種です。

じっくりと観察しましょう

サクラに関しては、わかっているようでわからない。
そういった神秘性も、日本人に合うのかもしれません。
3月22日以降は寒気がくるので気温が下がると予想されています。
いわゆる花冷えです。
雨は降らないようなので、満開まで時間がかかりそうです。
だからこそ今年の花見は、じっくりと観察できそうです。

スポンサーリンク