スポンサーリンク

海で起こる現象の一つに潮が満ちたり、引いたりする現象があります。
月の引力が海水を引っ張るために【潮が引きます(引き潮)】
月に近い海では、月に引き寄せられて海水が盛り上がり【潮が満ちます(満ち潮)】
また、ちょうど反対側にある海は、引き寄せられる力が弱くなるために、海水が取り残されてこちらも側も【潮が満ちます】
こうして地球の両側に海水が集まって満ち潮になります。その中間にある海は海水が減るので【潮が引きます】
月だけでなく、太陽も引力で海水を引っ張っています。
太陽は月より地球から遠い所にあるので、その引力はつきの半分ほどしかないのですが、太陽と月の位置によっては。お互いの引力が重なったり、
時には打ち消しあったりして潮の満ち引きが大きくなったり小さくなったりします。
太陽と月と地球が一直線に並ぶと印直が重なるために【満ち引き】が一番大きくなります。
これは新月や満月の時で、このような時を【大潮】と呼ばれています。
満ち潮と引き潮は大体一日に二回ありますが、地球は回っているので場所や時期によっては一日に一度しかない時もありますし、距離は僅かしか離れていないのに潮候が全く異なることもあります。

スポンサーリンク