スポンサーリンク

かつて地球は平面であり、水平線の先は滝になっており、その先には地の果てがあると恐れられていました。
しかし現在でもそのように考えている人は少数であり、多くの人は地球が丸いことを理解しています。

ではなぜ地球は丸いのでしょうか?その理由は地球が回転しているためです。
なぜ回転すると丸くなるのか?それは回転することにより重力を作り出し、物質を中心に引き寄せているためです。
ここで中心点から等距離にある点の集合は円であり、三次元的に考えると球面になります。

つまり地球が丸いことは、重力により物質を引き寄せることの必然的な結果なのです。
重力により地球が丸いことは、なぜ地球の裏側の人が落ちないのか?を説明することにもなります。

一方で地球が丸いのに、なぜその丸さを実感できないのでしょうか?
もちろん様々な障害物があるためともいえますが、これは単純にスケールの違いです。たぶんバレーボールの球面上を歩くアリは、丸みを実感できず、なぜこの平面に終わりがないのか?と考えているでしょう。ちなみになぜ海で遠ざかる船が次第に水平線の向こうに沈んでいくように見えるのか?

言い換えるとこの現象は、地球が丸いことを証明するひとつの方法でもあります。

スポンサーリンク