スポンサーリンク

2016年6月10日、政府の地震調査委員会は、
今後30年の間に震度6以上の地震が起きる確率を示しました。
全国地震動予測地図2016年版 | 地震本部
テレビのニュースでも色付けマップが流れましたが、
日本の太平洋側が真っ赤っかになっています。
変に煽ってはいけませんが、受け止め方を考えてみましょう。

30年以内の確率とは

地震調査委員会が発表したデータは、
2016年1月1日時点における情報を元に算出しています。
そのため4月14日に起きた熊本地震は考慮されていません。
ちなみに熊本県益城町の確率は8%です。
30年という長さは、地球の歴史に換算すれば一瞬です。
しかし人間の感覚であれば、子供が中年になります。
高齢者にとっては非現実的な期間かもしれません。
もちろん30年以内なので、今晩である可能性もあります。
ちょっとスパンが大きすぎますね。
それで実際に注意喚起としての意味があるのでしょうか。

値が小さくても大きな地震のリスクはある

8%の確率でも、震度7が二度襲ってきました。
地震調査委員会の説明によれば、
「他より確率が低いといって安心できない」
つまり値が小さくても、大きな地震が起きるリスクはあります。
ならばここで示された確率にどんな意味があるのでしょうか。
「危険情報として考えるデータにしてほしい」
そう言われても、8%で震度7に見舞われるなら、
85%の千葉市や81%の横浜市はどうすればよいのでしょうか。
一方で隣の東京は47%ですが、これも不思議です。
もちろん震度は地盤や震源の深さとも関係してきます。
隣の市町村であっても、大きく震度は変わります。
マグニチュードで示した方が、科学的に思えたかもしれません。

スポンサーリンク

情報を理解してもらえなかったことは残念?

同委員会の委員長は、熊本地震に関して
「注意を呼び掛けていたが、情報が理解されていなかったのは残念」
専門家にありがちなコメントをしています。
かつて「日本沈没」という小説、映画がありました。
そこで国民の危機をあおらないように首相が、
あえて沈没するまでの期間を長く説明したシーンが思い起こされます。
責任回避とは言いたくありませんが、それに似た話なのでしょうか。
人間は、期間が長いと実感できません。30年は長すぎますね。
「情報が理解されなかった」というか
理解してもらう努力をどれだけしていたのでしょうか。
一般の人がわかるように説明することこそ、
専門家に託された使命であるはずですが。

明日来るかもしれません

熊本地震から2カ月が過ぎようとしています。
被災した当人たち以外は、もはや忘れているでしょう。
2011年の東日本大震災に関しても同じことです。
もちろん人間は、忘れる動物です。
忘れることにより、毎日楽しく生きていけます。
しかし日本列島の下は地震の巣になっています。
明日大地震が来るかもしれません。
小さい地震が頻発しているので、
日本人は地震に慣れている国民でもあります。
とはいえ慣れこそが、油断する最大の原因です。
取り越し苦労でもいけませんが、
明日地震が来る!そういう心構えをすべきです。

中途半端な予測はいらない

究極の問題として、地震は予測できるのでしょうか。
専門家の地道な努力には頭が下がります。
とはいえ中途半端な予測であればいらないですね。
天気予報並みとは言いませんが、
今年の確率!程度は欲しいところです。
そうして初めて、一般の国民が気を付けるようになるのです。
健康診断で生活習慣病の指摘をされている人に対して、
30年以内に死ぬ確率?ほとんど意味はありません。

2年前に比べてどうか

今回のデータと合わせて、
2年前である2014年の確率と比べた数値も公表しています。
ほとんどの地域では変更がありませんでした。
とはいえ長野市で7.5ポイント下がった一方、
同県内にある安曇野市では10.4ポイント上昇した!
横浜市は1ポイント下がった一方で、同じ太平洋側の
静岡市、名古屋市、津市などは1~2ポイント上昇しています。
個々の確率よりも、前回に比べてどうなったか?
そちらの方が状態の変化として重要かもしれません。

地震の関連記事

スポンサーリンク