スポンサーリンク

検索文
SELECT カラム名 FROM テーブル名 WHERE 条件;

↓はfood_tableでpriceカラムが150以上のレコードを表示
SELECT food_id, food_name, price FROM food_table WHERE price >= 150;

PHPで等しいは「===」、MySQLでは「=」となる。

food_tableでカラムpriceが200以外
SELECT food_id, food_name, price FROM food_table WHERE price <> 200;

food_tableでカラムpriceが200以外
SELECT food_id, food_name, price FROM food_table WHERE price <> 200;

food_tableでカラムpriceが200か3000のどちらか
SELECT food_id, food_name, price FROM food_table WHERE price in (200, 3000);

food_tableでカラムpriceが150以上300以下
SELECT food_id, food_name, price FROM food_table WHERE price BETWEEN 150 AND 300;

文字列検索

「LIKE」を利用することで、 文字列で検索ができる。LIKEは部分的な文字列の一致を検索できる。

部分一致を検索する場合、「%」は「*」と同意「_」は「.」と同意、これをワイルドカードという。

 

例えばsyain_tableで「カラムsyain_nameが佐藤で始まる任意の長さの文字列」というときは「syain_name LIKE ‘佐藤%’」とする。

SELECT syain_id, syain_name, job, age FROM syain_table WHERE syain_name LIKE ‘佐藤%’;

論理演算子

SELECT カラム名 FROM テーブル名 WHERE 条件 AND 条件;
SELECT カラム名 FROM テーブル名 WHERE 条件 OR 条件;

例えばsyain_tableで「カラムjobがmanager」かつ「カラムageが30以上」というときは、「 job = ‘manager’ AND age >= 30」となります。

SELECT syain_id, syain_name, job, age FROM syain_table WHERE job = ‘manager’ AND age >= 30;

 

RIMARY KEY

重複がない状態を「ユニーク(unique)」又は「一意」という。

このようにユニークなデータを作りたいときには「PRIMARY KEY」を設定する必要がある。

PRIMARY KEYには以下の特徴がある。

  • 値の重複がない(ユニーク)
  • データは必ず入力しなければならない。(NULLにはならない)

PRIMARY KEYはカラムに対して設定を行う。

スポンサーリンク