スポンサーリンク

大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント

独自ドメインのお名前.comです。今なら1円から取得できます。

 

X-Mas飾りのSnowmanの電飾が点滅しなくなっていました。

見てみるとプラグの根元で断線していました。では、今回は電源ケーブルの断線の修理方法を解説します。

修理に出すと時間もお金もかかりますし、新しいものを買い直すとお金がかかります。断線修理が自分でできるようになれば、無駄な出費が抑えられますし家族や友人に頼られるかもしれません。ぜひチャレンジしてみましょう!

必要なもの

  • 半田ごて
  • ヤニ入り糸ハンダ
  • ニッパー
  • 収縮チューブ
  • エフコテープ
  • ヒートガン

半田ごては必須です。 Amazonでいい物を見つけました。この価格でデジタルテスターまで付属して、絶対お買い得です。初心者さんの使用頻度からすればこの辺の半田ごてで十分だと思います。
Amazonで¥2999 ’18/4/20時点での価格です。

半田も必須です。われわれは直径0.65mmを使いますが、初心者さんは0.8mmのものが使いやすいでしょう。ハンダ付けで検索するとたくさん出てきます、自分にあった方法で練習しておくといいでしょう
Amazonで¥590 ’18/4/20時点での価格です。

ニッパーは電線を切断したり被覆を剥いたりするものです。ハサミでもやれるみたいですが、持ち手が不安定で危険です。
Amazonで¥1453 ’18/4/20時点での価格です。

ワイヤーストリッパーは電線の被覆を剥くだけの工具ですが、ニッパーでやるより格段に簡単です。このくらいの価格なら揃えておきたいですね。
Amazonで¥1388 ’18/4/20時点での価格です。

収縮チューブはハンダ付け部分を絶縁したりするものです。絶縁しないとショートしたりして危険です。種類はこのくらい揃っていれば十分でしょう。
Amazonで¥457 ’18/4/20時点での価格です。

ヒートガンはドライヤーの超強力版みたいな道具で、吹き出し口の温度は何百度にもなるので使用時はくれぐれも注意が必要です。
Amazonで¥1860 ’18/4/20時点での価格です。

エフコテープはすこし引っ張って伸ばしながら貼り付けると自分でガッチリ融着するテープです。収縮した部分の保護などに使います。
Amazonで¥730’18/4/20時点での価格です。

自分で修理するための費用

いずれも’18/4/20時点での価格です。

  • ハンダゴテ :2999円
  • 糸ハンダ  : 590円
  • ニッパー  :1453円
  • ストリッパー:1388円
  • 収縮チューブ:  457円
  • ヒートガン :1860円
  • エフコテープ: 730円

合計で9477円で揃えられます。
これだけあれば電源ケーブルだけではなく、ほかのケーブルなどの断線も自分で修理できますので、揃えておいて損はないでしょう。

工具・測定器はズバリここです。

無理せず出来るダイエット

メーカー修理する場合の費用の目安

ちなみに、電源ケーブルをメーカー修理してもらう大体の目安です。

  • 出張費約4000円
  • 技術料約5000円
  • 部品代約1000円

最低でも合計1万円程度の費用がかかります。

作業手順

  1. 断線カ所の特定と下準備
  2. 線の加工
  3. ハンダ付け
  4. 収縮チュ-ブ通しと収縮
  5. エフコテープ巻きつけ

断線カ所の特定と下準備

根元で切れているので加工に邪魔なブッシュをニッパーで切りました。やはり断線はこんな場所ですね。プラグから出来るだけ電線を引き出して、先端3mmくらい被覆をストリッパーで剥き取っておきます。

ハンダ付け

断線部分をハンダ付けします。
ハンダ付けで検索するとたくさん出てくるので出来れば自分にあった方法で練習しておきましょう。電線被覆を3mmくらいストリッパーで剥きとって予備ハンダします。(予備ハンダとはあらかじめ電線同士をハンダ付けしやすくするため電線にハンダなじませることです。)このとき収縮チューブを忘れずに通しておきます。

ハンダ付けしました。ハンダ付けするとき収縮チューブはできるだけハンダ付け部分から離しておきます。(電線の熱で縮まないためです。)

ハンダ付け部分に熱収縮チュ-ブを通しました。このときハンダ付け部分がなるべくチューブの中央になるようにしましょう。

ヒートガンで収縮しています。10秒前後で出来ます。ヒートガンの熱風は何百度にもなるので決して人や燃えやすいものに向けないでください。

収縮しました、あとはエフコテープを巻いてやれば完成です。

ハンダ付け部分の保護のためエフコテープを2重に巻いて完成です。

まとめ

いかがでしょうか?

思ったより簡単に修理ができますね。
電源コードの修理ができれば他のハンダ付け修理も出来て、友達や彼女に頼られること間違いないです!
是非ともトライしてみてくださいね。
最後に1つ忠告です。
電源の抜き差しのとき、コードを引っ張ってないですか?
ケーブルが断線する原因No1なのです!
必ずプラグを持ちましょう!

スポンサーリンク