スポンサーリンク

大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント

独自ドメインのお名前.comです。今なら1円から取得できます。

スターウォーズに登場するかわいいキャラクター「BB-8」の玩具の充電電池交換をしました。

バッテリーのペ-ジです。

分解するには

このアメリカ製のBB-8は充電式ですが、電池がだめになっても分解が効きません。
かなり乱暴な方法をとることになります。

本体のつなぎ目部分にそって、模型用の丸のこで切っていきます。これが一番無難
でしょう。または、電熱式のカッターで切りますが、熱がかかるので切ったところの幅ががかなり広くなってしまいそうです。他にも金のこでごりごりやるてもありますが、
切り口がかなり汚くなりそうです。今回は模型用丸のこを使用することにします。模型用とはいえ刃が高速で回転します、けがに注意して作業しましょう。

バッテリーを手に入れるには

下記でバッテリーが買えます。 2個必要です。 日本円で863円×2個=1,726円。
(2018-05-09時点) https://www.ebay.com/itm/3-7V-450-mAh-Li-polymer-Battery-Li-Po-ion-702030-for-MP4-MP5-Bluetooth-MID-PDA-/25191883363

必要なもの

  • ミニルーターは先端にいろいろなビットを取り付けて使用します。今回は丸のこ刃を
    取り付けて本体を切断します。
    amazonで¥1890 金額は’18/9/13調べです。
  • 丸のこ刃 ミニルーターに取り付けて本体を切断します。
    amazonで¥980 金額は’18/9/13調べです。

この2種類はぜひ手に入れたいですね。麻は今回も工具は全部自分の手持ちのものを使いました。

  • ドライバーセットAmazonで¥757 金額は’18/9/13調べです。
  • 今回はちゃちなドライバーを使って失敗でした。思いっきり硬くしまっているので
    このセットくらいのドライバーが必要です。

  • 半田ごてAmazonで¥2799 金額は’18/9/13調べです。
  • 半田ごては必須です。 Amazonでいい物を見つけました。この価格でデジタルテスター
    まで付属して、絶対お買い得です。初心者さんの使用頻度からすればこの辺の半田ごてで
    十分だと思います。

Amazonで¥250 金額は’18/9/13調べです。
たしかハンダゴテセットに付属していたと思いますが、安いものですし買っておいてもいいかもしれません。

  • <ニッパーAmazonで¥1453 金額は’18/9/13調べです。
  • ニッパーは電線の切断や被覆むきに使います。はさみでもまあ出来るかもしれませんが、ニッパーでやるほうがだんぜん安心です。

  • ワイヤーストリッパーAmazonで¥1799 金額は’18/9/13調べです。
  • ワイヤーストリッパーは電線の被覆をむくだけの工具ですが、ニッパーではかなり慣れがいりますが、これだとだれでも簡単にできます。

  • 熱収縮チューブAmazonで¥980 金額は’18/9/13調べです。
  • 収縮チューブはハンダ付け部分にかぶせて絶縁するものです。これくらい揃っていれば
    いろいろ使えるでしょう。絶縁しないとショートしてきけんです。

  • ヒートガンAmazonで¥1860 金額は’18/9/13調べです。
  • ヒートガン 収縮チューブを収縮します。これはドライヤーの超強力版みたいな工具で、吹き出し口の温度が数百度にもなったりします。使用時はくれぐれも気をつけて!

  • プラスチックテープAmazonで¥399 金額は’18/9/13調べです。
  • プラスチックテープはセロハンテープと比べてかなり厚くて硬いので、またバッテリーがだめになったときのことを考えて、これで本体を張り合わせます。

ここまでの費用

  • ミニルーター     2870円
  • ドライバーセット  757円
  • ハンダゴテ      2799円
  • 糸ハンダ      250円
  • ニッパー       1453円
  • ストリッパー     1799円
  • 収縮チューブ    980円
  • ヒートガン      1860円
  • プラスチックテープ 399円

合計   13167円
上記金額は’18/9/13調べです。
すこし費用がかかりますが、これくらい工具をそろえておけばいろいろと使えて損は無いと思います。

イーデンキなら何でも揃う!

糖質カットでダイエット!

今回の修理手順

  1. 本体を切断する。
  2. 本体から機械を取り出す。
  3. バッテリーを取り出せるように分解する。
  4. バッテリーを取り出す。
  5. 新しいバッテリーと交換する。
  6. バッテリーを組み込み機械を組み立てる。
  7. 機械を本体に入れる。
  8. 本体の継ぎ目をテープで巻く。

1.本体の切断

動画のように本体の継ぎ目に沿ってカットしていきます。麻はかなり危ないことをしていますが、けがをしないよう注意して作業しましょう。

2.本体から機械を取り出す
切断した本体から機械を取り出します。

3.バッテリーを取り出すため機械を分解する
バッテリーを取り出すため機械を分解します。組立ねじが思い切りしまっています。麻はちゃちなドライバで苦労しました。紹介したドライバくらいがほしいです。

4.バッテリーを取り出す

バッテリーを取り出しました、左が新品です。よく見ると古いほうのバッテリーは脹らんでいるのがわかります。しかしここで問題です。新品にはコネクターがついていません。旧品のコネクターを切断して新品バッテリーをハンダ付けすることにします。

5.バッテリーを交換
旧バッテリーのコードを切断する時絶対に1本づつ切断します。2本まとめて切ると
ショートして危険です。コネクターをハンダ付けしたら、元通りバッテリーを機械に
収めます。

6.バッテリーを組み込み機械を組み立てる。
バッテリーを収めたら、機械を元通り組み立てます。ねじがやたら固いので、小さい
ドライバーではゆるめる同様しめるもねじをかじらないよう苦労しました。

7.機械を本体に入れる。
機械を組み立てたら本体に入れて、完成への準備をします。

8.本体の継ぎ目をプラスチックテープで巻く。


本体の継ぎ目にプラスチックテープを巻いて完成です。

測定器・工具ならなんといってもイーデンキ

満足度98%はすごいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

駆け足ですがBB-8のバッテリー交換を取り上げてみました。アメリカ人は裕福なのか
約1万円もする玩具を使い捨てにしてしまうのでしょうか?
今回はすこしむつかしい丸のこでの切断がありますが、それ以外は普通です。
今回、本体の継ぎ目をテープで貼り付けましたが、次回バッテリーがだめになったときの
補修を考えてです。テープならばらすのが簡単ですね。
BB-8使用の皆さんのすこしでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク