スポンサーリンク

ワイヤレスマウスの左ボタンのチャタリングを修理する

大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント

独自ドメインのお名前.comです。今なら1円から取得できます。

みなさんはワイヤレスマウス使ったことありますか?麻は家ではすべてワイヤレスマウスを使っています。コードに束縛されないのって気持ちいいですよね!コード付まったく使えなくなります。しかし麻のメインのPCのワイヤレスマウスが以前から左ボタンがチャタりまくって(チャタるというのはチャタリングのことでマイクロスイッチの接触不良でボタンを1回押しただけでも何回か押した状態になってしまうことです。国産のマウスでは何年使っていてもほとんどなりませんがやはり・・・)最近では使い物にならないくらいになってきたので修理することにしました。修理はマウスを分解してマイクロスイッチを交換します。

この修理に必要なもの

    • ハンダゴテ
    • 糸ハンダ
    • 小さいプラスドライバー
    • カッターなど
    • ハンダ吸い取り器

・ハンダゴテ
ハンダゴテは必須です。Amazonでいい物を見つけました。いろいろ付属して
Amazonで¥2999最高です!かかくは’18/10/18調べ

・糸ハンダ
糸ハンダも必須です。ハンダがなければハンダ付けできません。
Amazonで¥250 価格は’18/10/18調べ

・小さいプラスドライバー
小さいプラスドライバーも必須です。Amazonで¥757 価格は’18/10/18調べ

・カッター うすい金属のものなら何でもかまいません。
Amazonで¥182 価格は’18/10/18調べ

ハンダ吸い取り器はかなり高価なのでおすすめできません。麻おすすめのハンダゴテセットには簡易吸い取り器が付属しています。
Amazonで¥178 価格は’18/10/18調べ

 

これがかの国のマウスです。せいぜい1年くらいしか使ってないんですが

 

新しいマイクロスイッチです。麻は安い部品はなるべくストックするようにしています。

 

分解します。後ろ側のゴム足をカッターなんかではずして、ケースを結合している

ビスをはずします。

 

すこしコツがいりますがケースの後ろ側を持ち上げてケースをはずします。

 

これもすこしコツがいりますが基板を右にずらしながら左側を持ち上げてはずします。

 

ハンダ吸い取り器でハンダを吸い取ってマイクロスイッチを取り外します。

吸い取り器かなり高価なので他にも方法があります。

むかしなつかしの簡易吸い取り器「スッポン」です。麻おすすめのハンダゴテにも

付属しています。

さらに安価なのはハンダ吸い取り銅線です。吸い取りたいハンダにハンダゴテと一緒に押し当てて吸い取ります。

 

マイクロスイッチが外れました。これが旧のマイクロスイッチです。そんなに使ってないんですが。

 

新しいマイクロスイッチをハンダ付けしています。マイクロスイッチの足は3本ですが

じっさいに使っているのは2本だけです。

 

ハンダ付け完了しました。じっさい使っているのは赤丸の中の2本だけです。

 

ばらした時の逆の手順で組み立てしています。

 

取り外していたゴム足を取り付けます。

 

ワイヤレスマウス修理完了しました。

 

いかがですか?ハンダ付けができると世界が広がりますよね。

みなさんもがんばってぜひハンダ付けできるようになってください。

これからもハンダ付けだけでなくいろいろ修理していきます。よろしくです!

スポンサーリンク