スポンサーリンク

大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント


独自ドメインのお名前.comです。今なら1円から取得できます。

ハンダゴテHOKKO MACH-Ⅰがまったくぬくもらないので修理します。

麻ブログ用のハンダ付けの写真をとろうとしたら、ハンダゴテHAKKO MACH-Ⅰが
いつまでもぬくもってきません。たぶんどこかで断線していると思うので、修理
することにしました。怪しいのはACプラグの付け根か、コテから電線がでるところ
くらいです。早速確認します。

必要なもの

  • ハンダゴテ
  • 糸ハンダ
  • ニッパー
  • ワイヤーストリッパー
  • プラスドライバー

今回も麻は手持ちの工具で修理をします。

Amazonでいいものを見つけました。このハンダゴテ、デジタルテスターやほかにも
いろいろついてたいへんお買い得です。
amazonで¥2999 ’18/4/20調べ

たしかハンダゴテセットについていたと思いますが安いものですし買っておいても
いいかもですね。
amazonで¥250 ’18/10/11調べ

ニッパーは電線の切断や被覆むきをします。はさみでやる人がいますが、構造的に
ニッパーのほうが安全です。
amazonで¥1453 ’18/4/20調べ

ニッパーは慣れがいりますが、ワイヤーストリッパーは被覆をむくだけのものですが、
これだと誰でもカンタンに作業できます。
amazonで¥1388 ’18/4/20調べ

ドライバーはこのくらいのセットがあれば大丈夫でしょう。
amazonで¥757 ’18/4/20調べ

ネットで工具や測定器が買えるイーデンキ、いちどのぞいてみたら。

スポンサーリンク

ハンダゴテの断線修理

このハンダゴテです。こて先は先日交換したばっかりで、そのときは使えていたの
ですが。

断線の確認と修理のため分解しています。かんたんな断線ならいいのですが。

引き続き分解中です。ちょうど見えているのは制御部です。たぶんここではないと思い
ます。

断線ヶ所の90%以上が下の2ヶ所です。

  • ACプラグから出ている電線の根元
  • ハンダゴテから出ている電線の根元


断線ヶ所がわかりました。やはりハンダゴテから電線がでているところです。白と黒の
線がビヨーンと伸びているのがわかりますか?
断線ヶ所がわかったので、電線を外しにかかりました。まず、インシュロックを切り取ります。インシュロックとは電線などを結束するものです。

断線ヶ所を切り取るため電線を制御部からハンダゴテで熱してはずします。

前のハンダが残っていると、新しい電線が差し込めないためハンダ吸い取り器で
吸い取っています。


吸い取り器は何万円もしますが、簡易吸い取り器「スッポン」というてもあります。
これは真空吸引でハンダを吸い取ります。この工具は麻おすすめのハンダゴテにも付属
しています。
もっと安価にはハンダ吸い取り銅線というてもあります。これは吸い取りたいハンダに
押し付けてその上からハンダゴテで熱してハンダを吸い取ります。

電線を根元から切り取ったので、シース(外側のひふく)を適当な長さに切り取ります。


緑の電線はアースでこのハンダゴテには不要なので切り取ります。ACプラグ側でもアースのピンは切り取っています。家庭用のコンセントは2線式なので3線のアース付プラグは
刺さらないからです。


電線をハンダ付けしました。完全に断線していたのでこれで断線修理は大丈夫でしょう。

電源を入れて確認したところちゃんとハンダゴテが熱くなりました!修理終了なので、
元通りに組み立てています。

ハンダゴテの修理が完了しました。けっこう手間がかかります。

通販なら楽天ですか?

ネットで工具や測定器なら、イーデンキ!

最後までお読みいただき感謝いたします。 これからもドンドンいろんな修理工程を
わかりやすく解説していきます。ご期待ください。

スポンサーリンク

ライター:asa

著者サイト: