スポンサーリンク

大切な人へ
メッセージを込めた星のプレゼント




独自ドメインのお名前.comです。今なら1円から取得できます。

今回も廃車したバイクからの部品のもぎ取りです。

昔カミさんが乗っていて麻が引き継いだHONDAのMagna50が、タイヤもひび割れ
だらけで塗装やあっちこっちもボロボロになってしまったので、いいバイクでしたが
廃車しました。

しかしヤフオクで売れる部品が何点かあるので取り外すことにします。今回はKITACOのシリンダーです。さすがに88cc!TAKEGAWAのビッグキャブとコンビでかなり野太い
トルクを発生していました。

バイクブロスなら通販でパーツや用品が揃います。

必要なもの

  • 対辺5mmの六角レンチ
  • 10×12mmのメガネレンチ
  • ソケットレンチセット
  • ラジオペンチ

麻は勝手に六角ネジに変えてるので必要です。Amazonで¥106 価格は’18/10/18調べ

メガネの10×12は必須です。Amazonで¥582 価格は’18/10/18調べ

ソケットセットもひつようかもAmazonで¥945 価格は’18/10/18調べ

ピストンピンをはずすのに必要です。Amazonで¥457 価格は’18/10/19調べ
今回も麻はすべて手持ちの工具を使います。

作業を始めます。

ラチェットハンドルと10mmのソケットでヘッドカバーをはずしています。
このネジ4本でシリンダーヘッドとシリンダーをしめつけています。これをはずすと
ヘッドとシリンダーが外れます。

ラチェットハンドルと10mmのソケットでネジをはずして、カムチェーンギヤを
はずしました。これがつながったままだとヘッドもシリンダーも抜けません。
今回はカムタイミングを気にしないでいいので、適当にやってしまいます。

対辺5mmの六角レンチと10×12のメガネでヘッドとシリンダーのつなぎのネジを
はずします。これもはずさないとヘッドが抜けてくれません。

シリンダヘッドを抜き取っています。かなり核心に近づいてきました、ここまできたら
半分以上おわりです。

対辺5mmの六角レンチと10×12のメガネでシリンダーとエンジン本体のつなぎのネジをはずします。これでシリンダーがはずせるようになります。

ラチェットハンドルと10mmのソケットでカムチェーンローラーをはずしました。これもはずさないとカムチェーンがひっかかります。今回はカムタイミングを気にしないので、カムチェーンをばらしたらいいのですが。

シリンダーをはずしました。取り替えてからあまり走っていなかったのでけっこうきれいです。いよいよあとはピストンだけです。

ラジオペンチでピストンピンをはずしてピストンをはずそうとしています。ピストンピンの取り外しにすこし苦労しました。これをはずしたら分解終了です。

シリンダーのもぎ取り終了です。これもネジが思いっきりしまっていました。みなさん
ネジは適正なトルクで締めましょう。

まとめ

シリンダーの取り外し終了しました。3品ともいい値段がついてくれるといいのですが。しかしバイクいじり、いくつになっても楽しいですね。
みなさんもバイクいじっていますか?

本物の革製品、ほしいですね。

体臭計ってあればいいかもですね。

スポンサーリンク