スポンサーリンク

暗記中心の教育はよくない?
もっと思考力を高めよう!
教育制度が大きく変わってきます。
とはいえ思考力を高めるには?
読解力が不可欠です。
つまり何が求められているのか?
何をすべきなのか?
現状を把握する必要があるからです。
今の子供は思考力が弱い?
裏を返すと読解力に乏しいのです。
空気が読めない?
通じているのかもしれません。
ならば読解力を高めるにはどうするか?
有効とされる方法を考えてみましょう。

読解力を高める方法

読解力を高めるのは?
いつになってからでもできます。
もちろん大人になってからでも?
遅すぎることはありません。
とはいえそれぞれ方法が異なります。
まずは子供が小さい時から順番に考えてみましょう。

1.本を読み聞かせましょう

子供の読解力を高めるには?
親が本を読み聞かせしてあげることが最も有効です。
もちろん乳幼児期に限られます。
乳児でも?
一種の胎教でしょうか?
何となくわかっているようです。
そして幼児期になれば?
積極的に絵本を読んで聞かせましょう。
子供は言葉に興味を示します。
この導入部分が大切です。
とはいえ親がつっかえながら読んでいると?
子供は理解できるか?
まずは親の読解力を高めることが先決かもしれませんが。

2.親子の会話をしましょう

子供は言葉をどうやって覚えるのか?
身近な人の会話からです。
通常は親です。
親子の会話が極めて大切です。
もちろん乳児であれば?
親も赤ちゃん言葉になるでしょう。
とはいえ幼児期に入ったら?
普通の言葉で会話しましょう。
その際には?
文章で会話しましょう。
文章としてのつながりが重要です。
特に日本語では?
いわゆる「てにをは」
助詞の用い方が鍵になります。
これを正しく使い分けましょう。
中には単語だけで指示する親もいます。
すると子供は?
文章としての理解力が発達しにくいようです。

3.読書のすすめ

子供がある程度育ったら?
年齢に応じた本を与えましょう。
スタートは読み聞かせしていた絵本です。
自分で読むように仕向けましょう。
また子供の興味に応じて?
本を揃えましょう。
興味があれば?
どんどん読み進んでいきます。
この興味を削がないことが大切です。
とかく親は勝手に判断しがちです。
例えば漫画はよくない!
しかし漫画でも教訓が得られるものもあります。
まずは活字に興味を持たせることが先決です。
ちなみに親が本を読む人だと?
子供も本が好きになるようです。
やはり親の背中を見て子供は育ちます。
そして親が楽しんでいることは?
子供もやりたがるものです。

4.辞書を揃えましょう

本を読んでいれば?
読めない漢字やわからない用語がでてきます。
初めの間は?
親が教えてあげましょう。
しかしある程度経ったら?
年代に合わせた辞書を揃えましょう。
つまり自分で調べる!
この習慣を付けてあげましょう。
中高生になっても習慣が身に付いていれば?
英語の勉強などに役立ちます。
この場合は手近に辞書を置きましょう。
いちいち本棚にしまうと?
それが面倒になってしまいます。
乱雑にもメリットはあります。

5.百科事典を備えましょう

何でもネットで調べる時代です。
とはいえ可能であれば?
百科事典を備えたいですね。
もちろんネットは便利です。
しかしネットは簡略されている?
読みやすい文章で記載されているか?
正しい情報とも限りません。
一方百科事典であれば?
相応の監修がされています。
信頼性があります。
言葉としても問題ありません。
ネットそして電子辞書は?
あくまで忙しい人が使うものです。
教育の観点からは?
本を開くという手間隙を惜しむべきではありません。

親の影響は大きい

ネットやテレビに責任を押し付けてはいけないでしょう。
とはいえ安易に頼っている生活が?
子供の読解力を削いでいる可能性は否めません。
子供の読解力を高めたいと思ったら?
生活習慣を見直してみましょう。
そしてまずは親が率先して手本を見せましょう。
様々な意味で?
親の影響ほど大きなものはありません。

スポンサーリンク