イライラして怒る気持ちはただの【欲】子どもに及ぼす影響はいかほどか!?
スポンサーリンク

母親がイライラして子供に対しつい怒ってしまうのは、例外なく、よく起こることです。

親は子どもに対して、愛情はもちろん様々な思いを持っています。その中に『立派な大人に成長して欲しい。』という思いもあり、つい大きな声で怒鳴ったり、怒ったりしてしまうのです。

今回は、どうして親は子どもにイライラして怒るのかと、イライラして怒りつづけることで子どもにおよぼす影響について、解説していきます。

子どもにイライラするのはただの【欲】

イライラする感情は、なぜ起きるのでしょうか。

  • 自分の思い通りにいかない
  • 気に入らない

どんな時でも、こういった感情がイライラの根本的な原因です。

『思い通りにしたい。』と考えるのは、全て人間の【欲】です。

  • 子どもが、きちんと片づけられるようになってほしい
  • 好き嫌いせず食べて、健康であってほしい
  • 誰にでも好かれるいい子に成長してほしい

『自分の子どもには、こういう大人へ成長して欲しい。』という気持ちは、愛情が根本ではありますが、全ては親の【欲】が働いていることです。

 

子育てには、人間が誰でも持っている自身の【欲求】の感情が大きく関与しています。

言いかえれば、子どもを自分のコントロール下に置きたい・子どもを支配したいという感情です。
なので子どもが思い通りに動いてくれないと、ついイライラしてしまうのです。

イライラする複数の【欲】

3歳児の子どもを持つ母親の例で説明しましょう。

その母親は『そろそろ着がえを自分でできるように練習させなきゃ。』と考えていました。

なので、お出かけするときに「頑張って自分で靴下履いてみようね。」と言ってみました。すると子どもは「できないよ~!」とグズって泣き始めてしまいました。

ここでの母親の気持ちをまとめると、以下の通りです。

  • 自分で靴をはけるようになってほしいという親心
  • 泣いてばかりで、全然頑張ろうとしていない子どもにイライラする感情
  • 子どもが泣いたせいで、その後の予定がずれてしまうことでイラだつ
  • 大きな泣き声が近所迷惑だし、うんざりして怒ってしまう

上述した4つのどれをとっても、ただの親の【欲求】です。

そして、「しょうがない。ママがやってあげる。」と優しく手伝う感情も、実は【欲求】に違いありません。

イライラして怒ることも、優しく甘やかすことも、全ては親の欲求から表れる感情や行動なのです。

(参考:ダメな大人にしないために。子どもへの甘やかしはただの自己愛という真実

イライラして怒ると子どもに及ぼす悪影響

まだ何もできない子どもにとっては、親に全てをゆだねるしか方法がありません。

なのに、子どもが思い通りにならないと親がイライラして怒っていると、『いつもママを怒らせる自分はダメな子なんだ。』とこどもに感じさせてしまいます。

親がイライラし怒る原因が、自分にあると感じてしまうのです。

自立心が芽生えていない幼少期の子どもは、まだ親に反抗するとことを知りません。

小さな子どもにとっては、親が全てです。

その全てである親が、いつもイライラ・怒っていると、自分のことを否定されていると考えてしまうのです。

なので幼い頃にイライラし怒られてばかりいた子どもは、心に大きな傷を負うので、親がなって欲しいと願う【素晴らしい大人】にはなれない可能性があります。

自己否定してしまう

先に説明したとおり、イライラして怒られていてばかりいると、『自分はダメな人間だ。』と子どもが自己否定をする可能性があります。

逆に言えば、親がイライラ怒ってばかりいると、子どもが自己肯定できなくなってしまう悪影響があるのです。

自己肯定感が低いまま成長すると、どんなこともネガティブな思考になり、人間関係や仕事でうまく対処していけません。

もっとひどくなれば、『自分なんて、いてもいなくても同じこと。』と、自分を愛せず大切にできない大人になってしまいます。

親の『欲を押し付けという、イライラして怒る』行動が、愛情を伝えたいことが根本であったにもかかわらず、子どもには、意図せず愛されていないと伝わってしてしまうのです。

愛情が子どもに伝わらなければ、良い影響があるとは言えません。

常にイライラ!キレやすい人間になる

そして、自己を認められないというジレンマで、その子どもも何にでもイライラしてしまいます。すると、幼少期に親がイライラして怒ってばかりだったのと同じことをしてしまう可能性も出てきます。

小さい頃なら、保育園でお友達におもちゃを投げたり・自分勝手なことを言って暴れたりするのも一つの例です。

親のイライラによる心の傷を負ったまま大人になってしまうと、どうなるでしょうか。

自分の思い通りにならないことがあると、すぐにキレてイライラを人にあたり、ガマンできずに暴力をふるう危険性も高まるのです。

臆病な人間になる

いつも親にイライラして怒られてばかりいると、子どもは親がどんなことで自分を認めてくれるのかがわからず、常に不安を感じます。

そして他者からの評価ばかりを気にして、自分の考えや行動が『正しくないかも知れない。』と臆病になってしまうのです。

感情表現が乏しくなる

親のイライラをぶつけられ、常にきつく怒られてばかりいると、子どもは『自分はダメな人間だ。』と自己を否定してしまいます。

さらに、『自分の感情を表現してはいけない。』と考えてしまうような悪影響を与えるかもしれません。

  • 嬉しい時に笑う
  • 悲しい時には泣く
  • 腹が立った時には怒る

このような当たり前の感情表現ができなくなる影響がでることがあるのです。

何も気にせずくったくなく笑ったり、素直な感情表現をできるからこそ、子どもは素晴らしい存在であるのに、その子どもから感情を取り上げてしまうという悲惨な結果を招いてしまいます。

依存心が高い大人になる

自分を認められない・臆病になることがおよぼす影響は、何でも人に依存してしまう可能性もはらんでいます。

  • 責任を負うような行動は起こせない
  • どんなことでも人任せ
  • 都合が悪くなったら、誰かのせいにしてすぐ逃げる

人に依存したまま育ってしまうと、自分では何の決断することができず、誰かいないと何もできない人間になってしまう可能性があるのです。

スポンサーリンク

イライラせず愛を伝える

イライラして怒る気持ちはただの【欲】子どもに及ぼす影響はいかほどか!?

自分自身が、子どものすることにイライラしてすぐ怒ってしまうというなら、まず『イライラの原因の全部は自分の欲である。』ということを考えてみてください。

  • 本当に、子どものことだけを考えて怒ろうとしている感情なのか?
  • ただ自分の都合だけで、イライラしていないか?

自分の欲と向き合い、それを自分の中に押さえとどめることで、紛れもないあたたかな【愛】だけを伝えることができます。

子どもの行動を締めつけてコントロールすることは、愛情ではありません。

イライラして怒ることでは、愛情は一切伝わらないですね。

イライラして怒ってばかりをずっと繰り返していると、子どもにいろいろな悪影響を与えるだけではなく、親子の信頼関係を失わせてしまうことにもなりかねないのです。

こんなに簡単に解消できるの!?イライラせずに子育てをする方法をご提案!

スポンサーリンク