育児のストレスでもう爆発!?母親のイライラが和らぐ方法
スポンサーリンク

人生、自分が想像していたようにいかないことの方が多いですね。

  • 結婚して優しい夫との幸せな生活
  • かわいい子どもが生まれて、子どもはスムーズにいい子に育って、笑顔の日々
  • キレイで優しいお母さんであり続ける

結婚した当初は、こんな夢のような日々が送れると、だれもが想像していたはずです。

しかし実際の生活は、夢に描いた日々とは全く違う困難が立ちはだかります。

その結果、思い通りにいかない育児・イライラする毎日に、ストレスはたまっていくばかり…。

一体、どうすればこの育児へのイライラが和らぐというのでしょうか!?

イライラしない幸せばかりの育児はない

まず、基本的に思い通りでカンタンにいく育児などない、ということを理解しておきましょう。

自分自身が描いた通りの人生なんて、だれひとりとして送ることはできません。

  • 叱らずにしつけたいのに、イライラしてつい感情的になってしまう
  • 子どもに愛していると、思ったようにうまく表現できない

このようにイライラする感情を抑えたり・克服できないのはなぜか?それはあなたが欲のある人間だからです。(参考:こんなに簡単に解消できるの!?イライラせずに子育てをする方法をご提案!

では、育児のイライラを和らげるには、ガマンをするほかないのかと言えば、そうではありません。

育児でイライラしてしまう原因

実は、育児をする上でイライラしてしまう原因は、子どもに対するイラだちだけではありません。

自由がないからイライラする

女性は子どもが生まれた瞬間から生活が激変し、【母親】としての立場を主とした生活が始まりますね。

  • 夜中におなかが空いたと泣く赤ちゃん
  • オムツがぬれても、眠くても泣く
  • やっとお昼寝をしたと思っても、やらなきゃいけない用事ばかり

育児だけでなく、家事にも追われる日々…。

共働きが主流である昨今、仕事やパートでいくら疲れていても、母親は保育園へお迎えに行かなければいけません。帰宅後、さっさと夕食の支度を…と思った矢先に、グズりはじめる子ども。これで、またイライラしてしまいます。

自分のペースで動きたいのに、まったく動けないのです。

子どもが生まれる前までは、自分の好きなことができていたのに、自由のない毎日を送らなければならないことも、イライラする原因になっているでしょう。

夫に対するイライラ

仮に優しい夫が育児に協力的で、いつも手伝ってくれているとしても、何もかも任せられるわけではありません。

夫のやり方に気に入らない部分が出てくることもあります。

  • 子どもに服を着せたら、上下がちぐはぐな組み合わせの服を着せていた
  • オムツの付け方が乱雑で、テープの部分が太ももの付け根でこすれて赤くなっていた。

『結局自分でした方が良かった!』なんて不満まで出てしまう始末。こんな風に、夫の手伝いが自分の願う通りというわけではありません。

さらに男性は母親である女性とは違って、ある程度は自由がききます。休みの日には、家事や育児もそこそこにダラダラしてもいいし、まるで子どもがもう一人いるのと同じじゃないか、と思えてきます。

自由のある夫がうらやましい上に不満も出てきて、夫へのイライラもつのっていく一方です。

結局何があろうと母親に休みはなく、365日家事や子育て縛られる生活ですから、それも仕方ないのでしょう。

スポンサーリンク

私しかダメな長男

私の長男は、赤ちゃんの頃からものすごくママっ子でした。

  • 泣き出せば、私以外の人間があやすともっと大泣きするので、放っておいた方がマシ
  • やっと寝たとお風呂へ入れば必ず泣きだすので、ゆっくりお風呂にも入れない
  • 「ママ、喉が渇いた。」というので、「ママ今、洗い物しているからパパに入れてもらって。」というと、「ママが入れてくれなきゃ、おいしくない!」とまるで怪獣のような大泣きが始まる

父親はもちろんのこと、おばあちゃん・おじいちゃんでも、だれでもダメ。長男は、いつも母親である私しか受け入れない状態でした。

せっかくの約束に行けずにイライラ

子どもが3歳くらいの時、寝かしつけてからほんの数時間だけ飲みに行くつもりで、数年ぶりに友人と約束をしました。

私は妊娠に気がついた時からキツいつわりが続き、子どもが生まれる瞬間まで治まらず、それまでどこにも行けない状態でした。

そして、生まれてからは息子の異常なほどのママっ子…。遊びに出掛けるなんて一切できませんでした。

なので、独身時代のように友人と飲めることを1週間前からウキウキして待ちわびていました。

でも当日、息子の異変に気がつきました。『何だか熱いな~。』と思って体温を測ると、発熱していたのです。

『この1週間、とっても楽しみにしていたのに…。』私は、まるで夢が打ち砕かれてしまったような絶望を感じました。

  • なんで今日熱が出るのか?
  • なんで、この子は私しかダメなのか?
  • なんで夫はもっと息子に好かれるようにできないのか?

いろいろなイライラが爆発しそうでしたが、熱があるのですから仕方ありません。

泣く泣く約束は断りました。
結局、息子の熱は全く大したことなく、夜中には下がって一安心。正直、『これなら、行っても大丈夫だったかも。』と後悔したのを、鮮明に覚えています。

イライラが爆発寸前!

そして、私は友人と改めて1週間後に会おう、と約束をしました。

しかし今度はなんと、当日私と夫がダブルで熱を出してしまったのです。

私の熱は38.8℃。遊びに行けるはずはありません。

神様か悪魔か分かりませんが、『誰かが私をどこにも行かせないようにしているのか?』と、恨む気持ちでいっぱいでした。

また約束を泣く泣く断り、がんばって夕食の支度をしていたとき。帰宅してきた夫から衝撃の一言が飛び出したのです。

夫「俺、熱あるわ。」

私「ごめんね。私も熱があるから、お風呂入れて欲しいんだけど…。」

子ども「ママじゃないと嫌だ~!(大泣き)」

夫「ムリだよ。そんなの。」

私「ねぇ。何℃あるの?私もうフラフラだからお願いしたい。」

夫「37.6℃くらいかな。もう死にそ。寝るわ。明日は仕事休むから起こさないで。」

私「…(絶句)。」

イライラが和らいだ子どもの言葉

育児のストレスでもう爆発!?母親のイライラが和らぐ方法

何とも言えない寒気と、節々が痛むからだ。私はフーフー言いながら子どもをお風呂に入れ、すべてに対してイライラしていました。

高熱のつらさと悔しさが入り交じり、涙があふれて仕方ありませんでした。

お風呂から上がり、泣きながら子どものからだをバスタオルで拭いていると、子どもが言ったのです。

「ママ。どうしたの?どこか痛いの?ボクが『痛いの痛いの飛んでけ~!』してあげる!泣かないで。」そう言いながら、息子の瞳からも涙があふれていました。

その時に感じたのです。この子には、母親である私がすべてなんだ。

  • 私が笑えばこの子も楽しくなる
  • 私がイライラしたり泣いたりすれば、この子も悲しくなる

たった数年しか生きていないその小さな心とからだで、一生懸命に母親のことを愛している。

小さな頃の子どもの親への愛こそが【無償の愛】なのではないかと感じたのです。

それと同時に、見返りを求めず精一杯の愛をくれる子どもに対し、イライラしている自分がとても小さく見えた瞬間でした。

親は『立派に成長させるため』しつけを行います。この立派になって欲しいという感情は欲であり、言いかえれば見返りを求めているだけなのです。

もちろん、そんな欲のない人間なんて、ひとりだっていません。自分のしたことに何か手ごたえがほしいと思うのは自然なことです。

子育てには思い通りにいかないことや、思いがけないことがたくさん起こります。どんどん心の余裕が無くなっていきます。

そんな中でも、子どもは無条件に母親に愛をささげ、無条件の愛を求めている。

そう考えると、イライラする気持ちも少し和らぐのではないか、そう私は思います。

スポンサーリンク