スポンサーリンク

日々ノートをどのように使っているでしょうか。

とはいえノートの書き方・使い方によって理解度や受験対策に差が出ると言われます。

もちろん自分に合った方法は人それぞれでしょうが、合格しやすいノートの作り方、選び方について考えてみましょう。

なぜノートをとるのか

授業中になぜノートをとらないといけないのでしょうか。面倒ですね。とはいえ有効に活用しないと、授業がもったいないです。

1.大切なことをメモする

学校の授業は、メモすることを学ぶ大切な機会です。大人になればメモをしなければならないことばかりです。

忘れないようにするためには、記録を残すことが必要です。

もちろん小中学校であれば、先生がわかりやすく板書してくれます。それをまずは書き写す、そういう練習をします。この際、いい加減ではいけません。後で自分でも読めないようなノートは、まったく意味がありません。

2.記憶するため

人間は、複数の作業を繰り返すことにより記憶力が高まります。例えば人の話を聞く、本を黙読する、それだけでは十分に記憶することができません。場合によっては目や耳から素通りしてしまう可能性もあります。

そこでノートにメモします。

  1. 目や耳から入った情報を一度脳で処理する
  2. それを手に指示して、ノートに書く
  3. ノートに書かれた内容を目で逐一チェックしつつ、間違いがないか脳で確認する

このような複数の作業を繰り返すことにより記憶されていくのです。

3.あとで見直すため

ノートは何のためか?そもそもの役割として、後で見直すためです。特に試験前は有用なツールになります。

教科書や参考書を読み返すより、大切なところがまとめられているノートを見返した方が効率的です。

そうして後々のことを考えて、本来ノートをとるべきなのです。また自宅学習として、授業のノートを補完する、整理し直す、そうした作業によってノートは洗練され、記憶にも残りやすくなるのです。

テキストに書き込むのはアリか

先生にもよりますが、テキストに大切なことを書き込む、マーカーで線を引く!そんな方法もあります。あえてノートを作らない人もいます。それはアリなのでしょうか。

もちろん個人の勉強スタイル次第です。それがやりやすいならば、やってもよいでしょう。とはいえできれば高校生以上にすべきです。

小中学生の間は、ノートの作り方を覚えるべきです。

学校の先生もそれに合わせて板書するからです。

なお問題集に直接解答を書き込む人もいます。とはいえ問題集は繰り返し解くのが基本です。そのため書き込んでしまうと、二度目ができません。注意しましょう。

スポンサーリンク

ノートを作る際の注意点

1.ページ番号と日付を書く

ノートにはページ番号と日付を必ず書きましょう。

後々便利です。また授業の流れがわかります。特にルーズリーフなどを使う際には徹底しましょう。バラバラにならずに済みます。

2.計算用こそぜいたくに使う

計算をノートの隅にする人も多いです。しかし計算用こそぜいたくに使いましょう。使う際にも、左上から順番に使って行きましょう。計算は流れが大切です。

規則正しくノートを使って計算することで、頭の中も整理されて、計算ミスも防ぎます。

3.授業用ノートはメモと割り切る

最近は色付きのペンやマーカーが充実しています。そのためカラフルなノートを作ることに励む、特に女子に多いですね。

とはいえ授業中にノートを完成させてはいけません。

授業中はメモ程度止めましょう。

ノート作りに励んでいると、先生の話が聞けません。もちろん教科書に書いてあることしか話さない先生もいますが、意外と重要なこと、ポイントを話しています。そこを聞き逃すともったいないです。

授業ノートはメモ用と割り切りましょう。それをもとにして、帰宅後、復習を兼ねてノートを清書します。

それこそが受験や定期テスト、そして記憶に役立つノートになります。

4.付箋やマーカーを使いすぎない

付箋を貼ったりマーカーで線を引くとわかりやすいかもしれません。

とはいえ使いすぎると?何が本当に大切なのかがわからなくなります。

付箋はあくまでも一時的な道具です。永続的になるならば、ノートに書きこむべきです。

5.後から書き込めるスペースを残しておく

ノートは何度も読み直すことが基本的な使い方です。そのため追加したいこともあります。ならばあらかじめスペースを空けておきましょう。

理想的な使い方は、見開きの片方のページにだけ初めは記入する。反対のページは追加用に残しておくパターンです。

それがもったいないと感じるならば、各ページの下、もしくは右1/3程度に線を引き空けておく方法です。後々以外と役立ちます。

理想的なノートは何か

文房具屋さんへ行けば、様々な大きさ、罫線、色のノートが売られています。見た目で決めるのもありでしょうが、効率的に使える、理想的なノートは何があるのでしょうか。メリットとデメリットをまとめてみましょう。

1.無地

図が多い授業、例えば算数・数学や理科ならば無地が適しています。

計算もやりやすいでしょう。社会も地図を描く際には重宝します。

逆に文字が多い国語などは罫線があった方が使いやすいかもしれません。ただし古文や漢文など注釈を多用する場合には、自由に使える無地も、案外使い勝手があります。

2.方眼

東大生は方眼ノートを多用している?そんな説があるようですが、もちろん図表を多用する理科や算数・数学には便利です。几帳面な人にも適しているでしょう。

とはいえ逆に融通が利かない場合もあります。方眼にとらわれてしまうと書きにくいケースもあります。

3.罫線

(1)7ミリ罫(A)

ノートには7ミリ間隔で罫線が引かれているA罫と、後述する6ミリ間隔のB罫があります。どちらが適しているのでしょうか?もちろん個人差はあるでしょう。

たとえば7ミリ罫タイプは、文字が大きい人、目立たせたい内容が多い場合には重宝します。

英語も、慣れてくればコレが便利かもしれません。とはいえたかが1ミリですが、意外と太く感じます。

もちろん1ページ当たりに書ける量が少なくなるデメリットはあります。ノートの消費量は増えるでしょう。

(2)6ミリ罫(B)

7ミリ罫のメリットが6ミリ罫のデメリットになり、逆も真です。

たとえば文字が小さい人は、6ミリが合っているでしょう。

コスパ的にはメリットです。

とはいえ小さく書いた文字や図がゴチャゴチャしてしまい、後から見直すのが大変なこともあります。

ただし罫線2本分を1文字にする方法もあります。私の中学・高校時代に実践していた方法は、罫線3行分に2行書く、意外と使いやすかったりします。

4.縦書き

国語のノートをどうしていますか?一般的なノートは横書きです。しかし国語は縦書きですね。大学ノートを横にして使っている人も多いでしょう。

小中学生であれば専用の国語ノートがよいでしょう。

注釈や漢字、言葉の意味などを書くスペースとして下1/3を使えば、縦型の無地ノートも重宝します。

5.英語罫

英語を学び始める中学1年生、今後は小学5年生には、英語用の罫線が入ったノートがおすすめです。

大文字と小文字の書き方をしっかりと身に付ける必要があるからです。

漢字やひらがなと同じく、アルファベットは初めに正しい文字を覚えないと、それを大人になるまで引きずります。後から修正するのは難しいです。

とはいえ慣れてくれば、通常の大学ノートなどに変えましょう。つまり英語の授業であっても、日本語で説明文などを記入する必要があるためです。

6.サイズはどうするか

小学校の低学年であれば、重さや大きさは重要です。

とはいえ教科書と同じサイズがよいでしょう。

最近は教科書も大きくなりました。B5サイズを使いましょう。

高校生くらいになるとA4を使いたくなります。

ただしカバンに入るか?それもポイントです。ゆったりと書きたい理科や数学なら、大きいサイズもおすすめです。

ルーズリーフは悪なのか

ルーズリーフを使うと成績が伸びない?そんな珍説がありました。もちろんバラバラになると使いづらいですね。

しかし試験前などは持ち運びに便利です。

一長一短あるので使い分けるべきでしょう。

ノートは宝です

ちまたで売られている参考書にもありますが、色が多彩だからといって見やすい、理解しやすいわけではありません。

白黒であってもメリハリがあれば見直しやすくなります。

ノートは授業で書いて終わり?ではありません。

試験前に見直す際に使うものです。

突然パッと開いても理解できる状況が理想です。ノートは宝物です。自分にとってわかりやすいノートを作りましょう。

スポンサーリンク