この記事では、中学受験をする子供向けに算数問題集(小学1・2年生向け)を紹介します。

さて、あなたはわが子に小学1年・2年から中学受験に向けた勉強させるべきだと思いますか。

「無理をさせて、勉強嫌いにしてもいけないし…」
「低学年のうちはのんびりさせてもいいと思ってる」

といった考えもあるでしょう。

しかし、中学受験を目指すなら、小学1年生・2年生の内が肝心です。

早めに家庭学習習慣を身につけさせるべきだからです。

1日でも早く始めれば、中学受験の合格へ近づきます。

とはいえ、まだあせる必要もない時期です。

しっかりとした算数の問題集を選ぶことで、確実に学力をステップアップさせられるからです。

この記事を読めば、中学受験を予定する子供に必要な算数の問題集が必ず見つかりますよ!

ちなみに、ここでいうレベルとは、次のような子供を対象にしています。

基礎レベル 家庭学習の習慣がない子供
中級レベル 家庭学習はできているけど、いまいち成績が伸びないと感じている子供
上級レベル 本人が積極的に中学受験を目指している子供
紹介している算数問題集が特定の出版社に偏っているように思われるかもしれません。しかし、私はどの出版社とも何らの取り引きはありません。あくまでも個人的に使いやすい書籍を紹介しているだけです。

朝起きられない子供…やる気の問題ではない理由【キリツテイン】

小学1・2年生の基礎レベル算数問題集

中学受験に向けた小学1・2年生における勉強の基本は、まず家庭学習の習慣を作ることです。

将来的に中学受験を考えている場合、家庭学習の習慣がなければ勉強が続けられません。

ぜひ、早いうちに身につけたい習慣です。

1.文理「教科書ワーク・算数」

「教科書ワーク・算数」は、小学校で使っている教科書の内容で勉強ができます

家庭学習の基本は教科書の学習

教科書ワーク・算数をオススメする理由は、学校で使っている教科書にそった問題集であることです。

将来の中学受験に向けて、家庭学習では学校の学習内容を理解することが重要です。

そのためには、学校で使っている教科書にそった問題集が最適です。

それができるのが「教科書ワーク」シリーズです。

注意点

学校の教科書は市区町村によって違います。

子供が使っている教科書の出版社を確認して、それに対応した教科書ワークを購入しましょう。

(下記の画像リンクでは教育出版版紹介しています。その他の出版社はこちらからご覧ください)

その他の教科書出版社はこちら

 

2.清風堂「5分間計算ドリル小学〇年生」

「5分間計算ドリル小学〇年生」は、中学受験に必要な計算力と計算スピードを養います。

計算力の基本はドリル

「5分間計算ドリル小学〇年生」をオススメする理由は、利便性です。

中学受験に必要な計算力を高めるには、ドリルを毎日1ページずつ続けるのが一番です。

基本的にはどんなドリルでも構いませんが、あえて「5分間計算ドリル小学〇年生」をオススメするのは

  • 学年別になっていて子供に合わせやすい
  • 5分間ですぐ終わり、子供も飽きずにできる

という点です。

集中できず、ダラダラやる勉強ほど効率の悪いものはありません。

算数のドリルを選ぶなら、集中力が途切れず習慣にできる「5分間計算ドリル小学〇年生」が最適です。

3.清風堂「5分間算数文章題ドリル 小学〇年生」

小学校低学年から文章題に慣れておくという意味では、文章題ドリルもおすすめです。

文章題もドリルでチャレンジ

こちらも、売られているどのドリルを選んでも変わりません。

ただ、5分で終わる文章題ドリルなら文章が短いので、子供も無理なくできるでしょう。学年別に揃っています。

4.山口榮一著「おりがみで学ぶ図形パズル」

中学受験には図形問題も出題されます。

算数の問題集でたくさん勉強しても、図形が好きになるとは限りません。

図形に親しむ入り口におりがみを使ってみてはいかがでしょうか。

図形センスを磨こう

「おりがみで学ぶ図形パズル」をオススメする理由は、おりがみで楽しみながら図形センスを磨ける点です。

中学受験をするなら早い時期に身に付けたい図形センスを、身近なおりがみを使って勉強できる簡単なパズル系がよいでしょう。

この算数の問題集なら、折り紙を使って楽しみながら図形のしくみを理解できます。

もちろん、おりがみではなく、正方形の紙なら何でも使えます。

5.受験研究社「基本トレーニング 計算12級」

もう少し頑張れる子には、計算問題の問題集をプラスしましょう。

1ページごとにまとまっているので、短時間で済ませられるのが魅力の教材です。

多様な使い方ができる

「基本トレーニング 計算12級」のメリットは、多様な使い方ができることです。

1枚単位でやるのもいいし、決められている1日分までやるのもいいでしょう。

さらに制限時間内にできるかを測ったり、合格点に達するか、そうしたチャレンジもできます。

ステップアップもできる

「基本トレーニング 計算12級」は、小学1レベルの12級から小学6年レベルの1級まであります。

続けて勉強して級を上げていけば、ステップアップできます。

子供のやる気を高める意味でもおすすめです。ドリルの代わりにも使えます。

朝起きられない子供…やる気の問題ではない理由【キリツテイン】

小学1・2年生の中級レベル

基礎レベルで紹介した算数の問題集が簡単に解けるのであれば、次の問題集へ進んでみましょう。

1.受験研究社「小学標準問題集算数〇年」

「小学標準問題集算数〇年」は、教科書で学んだことを復習できる算数問題集です。

基本的な問題が載っているので、基礎学力が完成したうえで、中級へ進めるでしょう。

ステップアップできる算数の問題集

「小学標準問題集算数〇年」は、教科書を勉強しているだけでは物足りない、不安を感じているお母さんにおすすめです。

基本・標準・ハイレベルの3段階でステップアップできるので、子供の自信にもつながります。

親にとっても使いやすい

親にとって答え合わせは意外と重要な作業です。

ただマル・バツをつければよいという話ではありません。

なぜ間違えたか、何がわからなかったか、そこをチェックすることこそ大切です。

「小学標準問題集算数〇年」には、答え合わせに適したていねいな解答がついています

親にとっても使いやすい算数の問題集でしょう。

2.受験研究社「標準問題集 算数文章題〇年」

つまづきやすい文章題の苦手意識を克服できる算数の問題集です。

文章題に特化した算数の問題集

「標準問題集 算数文章題〇年」は、文章題に特化した点がおすすめです。

文章題だけを集中して学習できます。

上記「標準問題集」と基本的なしくみは同じで、算数の文章題に特化した問題集です。

学年別に基本・標準・ハイレベルと3ステップで段階を踏みながら学べるので、自分の理解レベルとレベルを上げる工夫がわかります。

問題を解くパターンがわかる

文章題には典型的なパターンがあり、それを瞬時に判断できることが解答のカギです。

「標準問題集 算数文章題〇年」を繰り返し勉強すれば、パターンをひらめくようになるでしょう。

3.文英堂「小学4年生までに身につけたい平面の図形センス」

図形問題はセンスで決まります。

「小学4年生までに身につけたい平面の図形センス」は、楽しみながら図形のセンスを身に付けられます。

図形センスを磨ける算数問題集

図形問題は、どう解くかをひらめくセンスが必要です。

この算数の問題集は、図形問題を解くヒントを与えてくれます。

図形センスは早めに身につけておかないと、高学年からでは身に付きにくくなります。

早く始めるほど、図形センスは磨かれます。

小学1年生でも読める

すべての漢字にフリガナが付いていて、小学1年生からでも読める算数の問題集です。

親も油断していると解けない問題があるので、親子で競争すると、子供のやる気が高まります

4.受験研究社「パズル道場トレーニングI」

勉強に疲れたときでも、パズルならできるでしょう。子供のやる気をくすぐってくれる算数の問題集です。

パズルで図形センスを磨ける

「パズル道場トレーニングI」は、パズルを解いて楽しみながら図形センスを高められます。

この問題集はIが初級(小学1・2年生レベル)ですが、手ごわい問題もあります。

IIの中級、IIIの上級などがあるので、順次ステップアップしていきましょう。

立体図形もわかる

「パズル道場トレーニングⅠ」で立体の問題が解けるようになれば、中学受験をするときでも慌てず解けるようになるでしょう。

本番の中学受験では問題用紙で出題されますが、中には立体図形の問題もあります。

つまり、立体(3次元)の話を紙の上(2次元)で理解しなくてはいけません。

それを自然にイメージさせてくれる算数問題集です。

5.受験研究社「基本トレーニング文章題・図形12級」

文章題や図形の力を伸ばすのも、毎日の積み重ねです。それが無理なくできる算数の問題集です。

基本トレーニングの文章題・図形版

「基本トレーニング文章題・図形12級」は、文章題や図形問題を集中して解くことができます。

基礎レベルで紹介した「基本トレーニング」の文章題と図形版です。

こちらも12級からスタートして6年生レベルに相当する1級まで目指していきましょう。

1ページずつに分かれているので、子供の達成感を養えて、かつ毎日の学習習慣をつけるのに役立ちます。

状況に合わせて使える

「基本トレーニング文章題・図形12級」は、子供の目標づくりにも役立ちます。

計算シリーズと同じように、1枚ごと・1日単位・時間を目標にする・合格点を目指す、などなど状況に合わせて使えるからです。

朝起きられない子供…やる気の問題ではない理由【キリツテイン】

小学1・2年生の上級レベル

低学年で無理をすべきではありませんが、子供にやる気があれば、次の問題集がおすすめです。

1.受験研究社「小学ハイクラステスト算数〇年」

「小学ハイクラステスト算数〇年」は、やる気があり、計算力がある子供におすすめの教材です。

繰り返すことで、算数力が高まります。

ハイクラスを目指せる算数問題集

「もっとレベルアップしたい、させたい」そんな希望に応える算数の問題集です。

同社「標準問題集」シリーズの上級版で、ステップアップ式です。

標準クラス・ハイクラス・チャレンジテストなど、より高いレベルを目指せます。

発展的な学習もできる

「小学ハイクラステスト算数〇年」には、公立小学校の授業では触れない、でも中学受験のためには知っておきたい発展的な学習内容も含まれています。

問題を進めていくうちに、無理なくスムーズに子供の好奇心も高めてくれるでしょう。

2.受験研究社「小学ハイクラステスト文章題〇年」

この算数の問題集は、上記「ハイクラステスト」の文章問題バージョンです。

実力を確認できる

「小学ハイクラステスト文章題〇年」を使えば、文章題に対する今の実力を確認できます

こちらもステップアップ式ですが、読解力を高めるという意味でも使える問題集です。

ここまでできてると、中学受験をする、またはそのための受験塾へ入る準備としても安心です。

子供の自信にもつながります

中学受験で成功するためには、子供が自信を持つことが第一です。

この問題集が解けるようになれば、子供の自信につながります。もっとやってみたいと考えてくれるでしょう。

3.KADOKAWA「特Aクラス問題集さんすう小学〇年」

この算数の問題集は中学受験を目指している子供用です。

難しい問題もあるので、無理にやらせてはいけません。

チャレンジしたい子におすすめ

「特Aクラス問題集」という名前の通り、ちょっとレベルの高い算数の問題集ですが、チャレンジしたい子におすすめの1冊です。

れい題・基礎・ハイレベルの3段階で進められます。ステップアップ式としても子どものやる気を高めます。

独学向きの算数問題集

ただ答えだけが載っている問題集も多いですが、それでは独学には向きません。

「特Aクラス問題集さんすう小学〇年」は、わかりやすい解説付きなので、子供だけでやるにも親が手伝うときにも役立ちます。

特Aクラス問題集 算数 小学2年はAmazon在庫無し

4.文英堂「小学4年生までに身につけたい立体の図形センス」

この算数の問題集は、中級で紹介したシリーズの立体図形版です。

楽しみながら図形センスを磨くのに適した問題集です。

立体図形の基本がわかります

「小学4年生までに身につけたい立体の図形センス」が解けるようになると、立体図形の基本がわかります。

特に、奥行きがどうなっているかしくみを教えてくれます。

図形センスを高めるには、少しでも早くひらめき力を身に付けることです。

多くの問題に接することで、ひらめくポイントがつかめるようになり、立体図形を解くための感覚的なものを養えます。

中学受験対策になります

「小学4年生までに身につけたい立体の図形センス」は実際の入試問題から作られているので、早めの中学受験対策ができます。

漢字にフリガナが付いているので、低学年でも自分で読み進められるでしょう。

5.受験研究社「小学3・4年 算数 自由自在」

小学1・2年生であっても、先の勉強を始めたい人におすすめできる算数の問題集です。

先取り学習ができる

「小学3・4年 算数 自由自在」は、先取り学習をするのに適した問題を中心にしています。

算数は、独学で先取り学習が可能な教科です。

学校のペースに合わせる必要はありません。子供のやる気と実力があるならば、少しでも早く進めましょう。

算数の先取り学習なら、問題も充実している同書で進めていくとよいでしょう。

早めに予習しておくと後が楽に

  • 中学受験をすると決めた
  • 私立小学校へ通っている

そういう子なら、3年生以降の算数を予習しておくことをおすすめします。

1学年でも早く勉強しておくと、6年生なったときに楽になるからです。

朝起きられない子供…やる気の問題ではない理由【キリツテイン】

どの問題集がいいのかわからないときは…?

「問題集が多くて、どれがいいのか選べない!」

そんなあなたには、Z会小学生向けコース(通信教育)をおすすめします。

おすすめ理由は、勉強の計画を立てるところから始められるので、家庭学習の習慣がつけやすい点です。

中学受験をするなら、家庭学習ができるようにしておかなければなりません。

Z会なら、小学1年生は1日あたりの学習時間が約10分~15分、小学2年生は1日あたり約20~25分。集中力がもたない低学年でも、無理なく始められるカリキュラムで、自然と家庭学習の習慣が身につけられます。

しかも、小学3年生から中学受験コースのカリキュラムも選択ができて、難関中学受験対策も可能。

まずは、気軽に資料請求ウェブ上で中学受験コース体験をお試しください。

問題集を使うときに親が気をつけたいポイント

算数の問題集を使うときに気をつけたいポイントは次のとおりです。

1.時間をかけて解く

問題によって決められた時間制限がありますが、初めは時間に縛られず、時間をかけて解きましょう

もちろん、中学受験を考えれば、制限時間を守って解答することが大切です。

とはいえ、あわてて間違えたら意味がありません。まずは、確実に問題を解くことが大切です。

2.間違っても叱らず、ほめて伸ばす

算数の問題集を解いていると、同じところを何回も間違える子がいます。

そんなときは、間違っても叱ってはいけません。勉強に慣れるまでは、ほめて伸ばしましょう

親に叱られるという恐怖心が生まれると、間違いを隠そうとして学力が伸びなくなります。

それよりも、なぜ間違えたのか、子供と一緒に考えましょう

3.繰り返す

1つの問題を繰り返し解くことが大切です。

繰り返して算数の問題集を解くことで、仕組みを理解し、知識の定着につながるからです。

使っている算数の問題集が終わったら、もう1回初めから解き直しましょう。

朝起きられない子供…やる気の問題ではない理由【キリツテイン】

算数の問題集で基本問題を繰り返そう

中学受験に向けたいろいろな算数の問題集を紹介しましたが、まだ小学1・2年生です。

あせる必要はありません。しっかりとした学習習慣を付けさせましょう。

算数の学習におけるポイントは、次の3つです。

  1. 計算力(速く、かつ正確に計算する)
  2. 読解力(素早く、かつ正確に文章題の意味を読み取る)
  3. 図形認識力(補助線をどこに引くか、などの「ひらめき」)

できるだけ早い段階で、これらを身につける必要があります。

そのためには、基本的な問題を繰り返しましょう。

算数力を高めて中学受験に合格するには、地道な積み重ねが一番であり、それに勝る方法はありません。

関連記事

他学年のおすすめ算数問題集と小1・小2用他教科のおすすめ問題集はこちらをご覧ください。

小1・小2の他教科おすすめ問題集

塾講師オススメの国語問題集10冊!中学受験する小学1・2年生向け

他学年のおすすめ算数問題集