スポンサーリンク

間もなくゴールデンウィーク

旅行・レジャー・ライブなど、いろいろな予定にワクワクの方は多いことでしょう。

でも、

  • 「行くところもない!」
  • 「することもない!!」

という人は、嘆くでなかれ!

行く場所やすることがないからこそできるのが、ファスティングダイエットです。

断食とファスティングダイエットは違います!

ファスティングダイエット=断食である!

とよく言われますが、本当にそうでしょうか。

というのも、そもそも断食は宗教上の修行の一つで、痩せることが目的ではないからです。

宗教上の酒豪で行われる断食とは、「新たな水や食物の侵入を防ぎ、すでに体内に入り込んでいる毒素や邪悪な精神をキレイに排泄するためのもの!」

だからお坊さんの中には、洞窟やお堂に数日間こもり、水以外は何も口にしないとか、中には、水も飲まないという日々を送る人が大勢います。

しかし、これを私たちがやったらどうなるでしょうか。

実は、我々凡人の体力と精神力で、2日も3日も修行僧のように断食をするのは、半ば自殺行為!

これは、どんなに太っていて、水分や栄養が有り余っているように見える人でも同様です。

低血糖や貧血などで、フラフラする可能性があります。

倒れたりしたら大変ですから、ムチャな断食はやめましょう。

まずは準備期間から!

今、最も日本で盛んなファスティングダイエットは、3日間、酵素ドリンクや野菜ジュースと水のみで生活するというものです。

週末を利用したファスティング道場や教室なども頻繁に開かれています。

けれど、実際、ファスティングはそんなに容易なものではありません。

ファスティングダイエットには準備期間が必要!

まず、ファスティングダイエットには、準備期間が必要です。

いきなり本番に突入すると、心も体も、その過酷な状況を受け入れられず、たちまち悲鳴を上げてしまうからです。

また、急激に摂取カロリーが減ると、私たち人間の体は、たちまち飢餓がやって来たのではないかと危惧してしまいます。

すると「死んではいけない!」という防衛本能が働き、わずかに入って来た水分や栄養も漏らさず蓄えようとするのです。

なので、水や野菜ジュースなどを摂取するファスティングダイエットにおいては、あらかじめ、食を減らすことを

にきちんとインプットし、慣れてもらう必要があるのです。

いわば準備期間とは、あなた自身に、

  • ファスティングを始めますよ
  • 食事の量が段々減りますよ、ビックリしないでね

と心構えしてもらう期間といえるでしょう。

この準備期間こそが、ゴールデンウィークのファスティングダイエット成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

準備期間の食事は?

3日間のファスティングダイエットをするのであれば、準備期間も同じく3日が理想です。

初日

初日はまず、間食と脂っこい食事を抜く程度でも十分!

2日目

2日目に、タンパク質や脂質を極端に減らしましょう。

最終日

最終日は、スープやおかゆのような流動食を食べましょう。

注意点

毎日夕食は、午後8時までに済ませておくのがポイント!

そうすることで、本番突入までに余分な物の大半が消化され、腸内環境が整いやすくなるのです。

GWのファスティングが夏にキレイなあなたを作る!

スポンサーリンク

いよいよ本番突入!

さあ、いよいよ本番突入です。

とはいっても、本番中は、野菜ジュースか酵素ドリンク、それに水以外は口にしないわけですから、難しいことは何もありません。

2つの注意点だけを守って、後は気楽に家でゴロゴロするだけです。

酵素ジュースでのファスティングがオススメ

「高価な酵素ドリンクなんて使わなくても、野菜ジュースでも十分ファスティングができるんじゃない?」

と思うかもしれません。

もちろん、野菜ジュースでもできないわけではありません。

市販の野菜ジュースを用いるのが、最もお手軽のように思われています。

酵素ジュースがオススメの理由

しかし少しお高めでも、私はあえて酵素ジュースでのファスティングをオススメします。

その理由は、栄養面です。

ファスティングダイエット中は、当然ですが食事制限をするので、摂取できる栄養素が限られます。

野菜ジュースだけでは補えない栄養が取れるのが、酵素ジュースです。

たとえば、コンビニでも売っている、ある野菜ジュースの栄養は以下のとおりです。

エネルギー200mlあたり75kcal・たんぱく質・炭水化物・ナトリウム・糖質・糖類・食物繊維・食塩相当量 ・亜鉛 ・カリウム・カルシウム・鉄・マグネシウム・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE ・ビタミン・葉酸 ・β-カロテン・リコピン

栄養素は、たったこれだけしか入っていません。

一方、ある酵素ジュースの栄養は、

■熱量(カロリー数):100mlあたり178kcal

■一般成分:水分(42.32g)、タンパク質・脂質・炭水化物・糖質・粗繊維・灰分・糖度(55.7度)

■無機質:ナトリウム・カリウム・リン・硫黄・鉄・亜鉛・アルミニウム・カルシウム・銅・マンガン

■ビタミン:ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・VB1’2

■有機酸:α-ケトグルタル酸・クエン酸・リンゴ酸・コハク酸・乳酸・酢酸・プロピオン

■アミノ酸:グルタミン酸・アスパラギン酸・アルギニン・リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・チロシン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・バリン・アラニン・グリシン・プロリン・セリン・スレオニン・トリプトファン・シスチン

酵素ジュースの方がカロリーは高いものの、そこに含まれている栄養素は、市販の野菜ジュースの比ではありません。

体を作るために必要なアミノ酸も入っています。

ファスティングダイエットは、とにかく必要最小限の栄養と水分さえ補充できれば問題はないといわれてはいます。

とはいえ、やはり体に必要な栄養素は取るに越したことはありません。

GWに初めてのファスティングダイエットに挑戦される方こそ、酵素ジュースできちんとしたダイエットをすることをオススメします。

手作りの野菜ジュースでファスティングしたい場合

もしあなたにやる気があるならば、自分でくだもの・トマトなどの緑黄色野菜をジューサーでしぼり、手作り&オリジナルのミックスジュースを作ることをオススメします。

実際問題、こちらの方が手間がかかるですが、間違いなく暇つぶしにはなるからです。

ファスティングダイエット中は、栄養が少なくなっています。

そのためいつも通りに出かければ、たちまち体調を崩す可能性が高くなります。ならば、家でおとなしくするしかありません。

家にいる時間が長くなるGW中のファスティングダイエットだからこそ、少し手間をかけても、自宅で楽しめるオリジナルジュース作りがはかどるというものです。

なお、短時間でたっぷり搾れるスロージューサーなるものもあるので、オリジナルジュースを作る場合は、こういったものを利用するのもいいでしょう。

本番中の食事は?

今回ご紹介している酵素ジュースの場合の3日間ファスティングの方法をお教えします。

考え方としては、1日目~3日間、この酵素ジュースだけを飲んで過ごします。

たったこれだけなので、とてもカンタンです。

手順1

酵素ジュースの原液20ccを4倍~6倍に薄める

手順2

朝から夜までの間、時間に関係なく、手順1の方法で作った酵素ジュースを最低9回以上飲む

本番中の3つの注意点

塩分を取る

ファスティングダイエット中は、塩分の摂取がしにくくなります。

そのため、梅干しなどで塩分を意識的に取りましょう。

胃に固形物を入れたくないのであれば、梅干を口の中に入れて転がしながら、塩分を取ればOKです。

水分を取る

水分が少なすぎると、体が脱水症状を起こしてしまいます。

もちろん、酵素ジュースで水分補給ができますが、必要であれば、水を飲んで水分補給をしましょう。

GWのころなら、場所によっては25度以上の真夏日になることもあります。

「まだ熱中症は大丈夫だろう」と思っている時季こそ、脱水症状や熱中症には注意したいものです。

絶対に無理をしない

  • めまいやふらつきがある
  • 気分が悪い

など、体調が何かおかしいと思ったら、ファスティングは中止しましょう。

必要があれば、医師の診察をうけてください。

無理にダイエットを継続して、体調を壊しては元も子もありません。

もちろんファスティング中なので、空腹はガマンする必要があります。

ただし、いつもより体力が衰えていることをしっかりと自覚ましょう。

運動を控える方が賢明です。

水分補給のところでも説明しましたが、気温が上がるGWは、日中の外出を控えましょう。

また長時間の入浴も、できる限り避けた方が無難でしょう。

GWのファスティングは家でゴロゴロ

ファスティングダイエット中は体力は余っていない」と割り切りましょう。

つまり、

  • 家でゴロゴロ!
  • 家でのんびり、ゆったり

これぞ、ファスティングダイエットの理想の過ごし方なんですねぇ。

GWが夏美人を作る最終チャンス!Let’sファスティング!

最後は回復期間!

とうとう、3日間のファスティングが終了しました。

無事に本番が終わったら、さっそく「アレもコレも食べたい!飲みたい!」と思うのが、人の気持ちです。

わかります。

ファスティング中に色々な食べ物が頭に浮かんでは消え、消えては浮かびしたことでしょう。

ガマンした分、おいしいものが食べたいですよね。

でも、ほとんど仕事を休んで、あなたと同じく完全にのんびりGWを送っていた胃や腸はどうでしょうか。

ファスティングで小さくなった胃に、いきなり大量の飲食物が流れ込んできたら、きっとビックリするでしょう。

そうなると、あなたの体調も心配です。

そこで、ファスティングダイエット後には、回復期間が必要不可欠なのです。

回復期間の食事は?

回復期間は、基本的には準備期間の逆をたどればOKです。

初日

回復期間初日は、お粥やスープ・味噌汁のような流動食をありがたく頂きましょう。

食事前に酵素ジュースを飲んでおきましょう。

2日目

2日目は、タンパク質や脂肪分を極力控えた、和食中心の3食を食べるのがお勧めです。

たとえば、玄米ご飯・味噌汁・野菜の副菜などです。

こちらも、食事前に酵素ジュースを飲んでおきましょう。

3日目

3日目からは、少しずつ肉や魚も交えた普通の食生活に戻していって問題ありませんから、仕事や学校が始まっても支障ないでしょう。

こちらも、食事前に酵素ジュースを飲んでおきましょう。

注意点

実は、オススメしている酵素ジュースのサイトでの回復期のスケジュールは以下のとおりになっています。

  1. 初日・2日目→朝・昼:酵素ジュース6杯、夜:おかゆ
  2. 3日目→朝・昼:酵素ジュース6杯、夜:玄米ご飯など
  3. 7日目~→普通食

の方法で解説しています。

ただ、GWが暦どおりの場合など、時期によっては、GW中に仕事や学校に行く人もいるでしょう。

そのため、あまりストイックにファスティングダイエットをしてしまうと、仕事中に体調を崩す場合も考えられます。

回復期は流動食から始めることに代わりありません。

しかし、あなたの生活や予定を考えて、回復期における酵素ジュースのみのタイミングを臨機応変に変えてもOKでしょう。

※ただし、効果に差が出る場合はあります

ファスティングダイエット終了

回復期終了後も、ファスティングダイエット前より健康的な食生活を意識しましょう。

その後もずっと、間食や油っぽい食事が極力控えられると、体調も体重も、いい結果を維持できるのではないかと思います。

体脂肪の測り方を調べる→キャリパー法を使った体脂肪測定(第2弾) 測定部位と計算式

GWのファスティングにオススメの酵素ドリンクはコレ!

スポンサーリンク