スポンサーリンク

会議室ではアイデアが出ない!
長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。
ならばどこにいれば名案がひらめくのでしょうか。
例えばトイレやお風呂は多いようです。
とはいえメモができず困ることもしばしばです。
ではなぜ、トイレでアイデアが浮かびやすいのでしょうか。

できないからこそしたくなる

勉強にも通じるのでしょうが、構えるとできません。
試験前だからと机に向かうと?他のことが気になりますね。
トイレやお風呂、満員電車などでは、何かをしたくなります。
いずれも同じ原理が働いているのかもしれません。

これは人間のひねくれた点なのでしょうが、
できないからこそしたくなる!
勉強しろ!親に言われたら反抗します。
逆に、絶対に勉強するな!大学なんて行くな!
そう言われたら、一瞬嬉しいですが、ちょっと気になるかも。

トイレでアイデアが浮かぶ理由とは

トイレのような、非日常的空間でアイデアが浮かぶ?
その理由を真面目に考えてみましょう。

 狭いから落ち着ける

一番の理由は、狭いから落ち着けるのでしょう。
学校や会社などでも、個室に入れば独りです。
屏風で内と外を分ける?日本人の文化かもしれません。

今時、独りになれる空間は、意外と少ないのかもしれません。
トイレで新聞を読む気持ちも、わかりますね。
ふと窓から眺めると、都会の喧騒を忘れることができます。
過去の記憶が蘇ったりすることと関係ありそうです。

他にすることがないから集中できる

トイレで何をするのか?やることは決まっています。
他にすることはありませんね。
だから頭の容量的には余裕ができるようです。
会議室で考えてばかりだと、頭がパンクします。

とはいえトイレで、一瞬すべてを忘れリセットすると、
違う回路がつながったりします。
そこで、思いもしなかったグッドアイデアが浮かびます。
ただし会議室に戻っても、それが名案である保証はありません。
もちろんトイレに限らず気分転換は重要です。

踏ん張るタイミングで出る?

大でも小でも出す際は、瞬間的に踏ん張ります。
そのタイミングで頭にも刺激が起きるようです。

昔のテレビは叩いたら直った?
そんな感じかもしれません。
念力でもないのでしょうが、会議室でも踏ん張るか?
違う「もの」が出たら困るので注意しましょう。

臭いの刺激があるかも

人間には五感があります。それぞれがつながっています。
トイレの臭い刺激が、脳を覚醒する可能性もあります。
昨今のトイレはキレイなので、アンモニア臭はありません。

とはいえ自分が出すガスの臭いが、脳を刺激するようです。
人間の身体を突き詰めて考えれば、化学物質と電気信号です。
未知の物質や回路が脳内に存在しているかもしれません。
眼を休める意味でも、視覚に頼り過ぎない生活をしてみると、
第六感が目覚めてくれる?期待できそうです。

快感つながりか

我慢したものを出すのは、快感です。
行き詰っていた時にアイデアが出ると、これも快感です。
逆に出そうで出ない!どちらも辛いですね。
脳としては、快感つながりがあるようです。

また出す際は、はーっと息が漏れます。
無駄な力が抜けてくれるので、
脳の緊張も緩むのかもしれません。

スポンサーリンク

ひらめくためには知識も必要です

人間は、記憶していることしか考えられません。
デジャブ?無意識に知覚しているようです。
そのため良いアイデアを出したいなら、
多くの知識を詰め込む必要があります。

ゆとりをもってアクティブラーニングすれば頭が良くなるか?
思考力を身につけたければ、まずは知識を増やしましょう。
点と点が線になり、線と線で面ができ、
面と面で立体になる!
そこで初めてひらめく!グッドアイデアが生まれす。

トイレの掃除もしましょう

ルーチンも流行りですが、ちょっと違った動きも有効です。
たまにはトイレ掃除をしてみましょう。
いつもと異なる行動をすると、別の視点が見えてきます。
盲点が明らかになったりしますよ。

トイレの神様がいるのか?
いるなら味方につけましょう。
それこそ神のお告げのようです。

スポンサーリンク