ママ友の作り方解説!根本さえきちんとしていればすぐできる!
スポンサーリンク

幼い頃どうやって友達を作ったか、どんなきっかけで仲良くなったのかを覚えていますか?

私は残念ながら、幼少期時代どうやって友達を作ったのか全く覚えていません。

そして私が昔通っていた学校は、他の学校と合併することもなく小中と持ち上がりでした。私立中学を受験するごく一部の子だけがいなくなるだけで、顔ぶれは9年間ほぼ同じ。

1クラスたった30数人で、1学年5クラスほどしかない小さな学校。ですから中学へ入る頃、また新たに友達を作り直すというようなことはありませんでした。

高校へ入学する時は、友達を作れるかどうか、大変不安だったことを覚えています。

なぜ友達が欲しくなるのか?

人は新しい環境や自分が知らない世界へ入る時、大変不安になるので知り合いや友達が欲しくなります。心強い味方を作っておきたいと思いますね。

ただ一人で外食するだけであっても、個人差があり『誰かと一緒じゃなきゃ、行けない。』という方もいるでしょう。

危険を回避するために集団で行動し、同じ速さで飛び同じ動きをする。鳥の群れと同様です。

人が何らかのグループに所属したいのも、人と同じでなければ不安になるというのも、人間だからではなく生物としての本能だと言えるでしょう。

ママ友を作りたいと思うのも、全く同じ潜在的な思考からの表れだと言えます。ごく自然の感情ですね。

友達作り、何で判断する?

私はかなり社交的に見られますが、元々の性格は大変人見知りで人嫌いです。誰かにそれを話すと「ないない!人に怖い印象を与えるくせに、よく言うよ。」といつも笑われてしまいます。

昔からそんな感じで、高校へ入学した時も、誰とも話さずただ不安を感じるばかりでした。

その中でも辺りを見渡し、どんな子たちがいるのか黙って観察していました。

すると一人のクラスメイトが「一緒のクラスだね。良かったら友達にならない?」と声をかけてくれたのです。

その子は私も何となく、気になっている子でした。何と言いますか、お互いに同じニオイを嗅ぎ分けたという感じだったような気がします。

しかし、クラスには驚く程容姿端麗の子が一人いて、その子の周囲にはたくさんの子たちが集まっていたのを覚えています。

子どもを出産してから気づいたことですが、私の個人的見解では、それがママカーストと同様の現象です。

容姿が良く見た目が優れている。人は美しいもの、柔らかそうなものを好みます。尖っているものを好き好んで触ろうとはしませんね。

俗に言う、モテるモテないの違いです。

高校生の頃のことではありますが、やはり子どもでも大人でも心のどこかで格差づけをし、階級が上だと判断した子と友達になりたいと思うのだと感じます。

スポンサーリンク

良いママ友を作るために捨てなければいけない感情

自身の子どもが保育園や幼稚園へ通う時も、このように不安を感じるでしょう。

  • 何もわからないから、良いママ友が欲しい
  • 園の情報交換ができる、ママ友を作りたい
  • 一人もママ友を作れなかったら、どうしよう

そして、ごく自然に見た目の基準で選ぼうとします。もちろんそれが悪いこととは申しません。

自分と合うかどうか?初対面は全て、外見だけで判断するしかありませんね。

しかし羨望の感情で、選別しようとするのはよろしくありません。

あの人綺麗だから、たくさんのママ友が寄ってきそう。』『あの人目立っているから、ママ友の中でも力を持ちそう。』『とにかく、ママ友の中からはみ出ないように、味方をいっぱい作っておかなくっちゃ!

このように、自分を保身しようとする【長い物には巻かれよ】的な感覚で、良いママ友が作れるとは思えないと感じます。

そんな感情を持って、気になったママ友に近づけば、トラブルが発生する要因にも成り兼ねないのです。

ではどうやって、ママ友を作れば良いのでしょうか。

ママ友の作り方

自分に合った良いママ友を作りたい時は、先述したように外見で選ばないということが、もっとも重要だと考えます。

これは私がいつもすることですが、瞳の奥を見つめてみるのです。

目は口程に物を言うということわざがあるように、瞳の奥には人間の本質的なものが写し出されています。

目が二重で大きいとか、目が潤んでキラキラしている、というのとは、別問題です。

見誤ることもあり、後で大変後悔したり失敗も多々ありました。現在でも当然ありますが、今まで80%この方法で友達を作ってきたとも言えます。

目を見て良いイメージが浮かんだら、進んで話しかけてみましょう。

何をどう話しかけていけば良いのかわからない場合は、率直な気持ちを明かして下さい。

「保育園初めてでとても不安なの。わからないことがあったら、教えてね。」

「園の中でママ友っている?私いないのよね。友達になって欲しいな。」

相手に心を開いて欲しかったら、自分から心を開いていかなければいけません。

『相手が自分のことを、どう感じているのか?』などと、相手の心を探りながら接すると、相手も無意識に構えるのです。

自分のことをどう思っていようが、あなたが好感を持ったのなら、それだけで良いのではないでしょうか。

心を開いていけば、心を開いてくれます。心を開いてくれるのを、待つのではありません。

でなければ、良い友人と呼べるママ友を作ることはできないと考えて良いと思います。

見た目が邪魔するママ友作り

ママ友の作り方解説!根本さえきちんとしていればすぐできる!

ただし瞳の奥を見る前に、必ず容姿がそれを邪魔してしまいます。

美人な人は目の奥も綺麗に見えてしまう感覚を持つのは、ほぼ100%の方が同じだと感じます。

美人や男前は、よほど人相に表れていない限り、ほとんど性格が良く見えます。

いくら容姿で選ぼうと思わないように気を付けていても、きっと人はその感情を消すことはできないでしょう。

ですから、そこでママ友作りに成功し付き合いが始まっても、しばらく付き合ってみます。

その後なんとなく違和感を感じたり、ママ友格差を感じさせられるような言動があれば、自分にはそのママ友は合っていなかったと判断して良いでしょう。
少しずつ距離を置いていくようにしましょう。(関連:なぜママ友関係は疲れるのか?どういう付き合いをすれば良い?

そしてその逆も同様で、太っている、おばちゃん臭い、ただそれだけで判断するのもいけません。

瞳の奥を見ようともせず、話もしなければ、どういう人物かなどわからないからです。

丸と三角はママ友になれない?

私は息子が幼稚園の頃、子ども同士で遊ぶ約束をしてきたので連絡を取り、一人のママ友と仲良くなりました。

初めて自宅へ招き一目見た瞬間、お上品な奥さまタイプの彼女を見て「合わないかも。」と感じ、彼女も「こんな派手な人絶対無理だわ。何を話せばいいんだろう。」と考えていたそうです。

その日数時間話していると、なんと意気投合し仲良くなりました。

彼女の家に遊びに行きご主人との初対面後、ご主人は顔を引きつらせながら彼女にこう言ったそうです。「おまえ、あの人といったいどんな話するんだ?話合うのか?」と。彼女は大爆笑したのだとか。

さらには道で会うママ友なども、私と彼女が一緒にいる姿を見ると、口々に耳打ちしてきたそうです。「あの人誰?え!?友達?」

私の友人も同じで「あの人とどういう関係?え何?友達?嘘だ~。」などと驚きを隠せない様子。

それだけ真逆の二人ですが、現在ママ友継続20年目に入ります。私は彼女との関係をこう言っていました。「ふたを開ければ同じだった。」

丸と三角が仲良くするのは、何も特別なことではありません。見た目がどうであれ、ママ友を作る要素には一切関係ないのです。

同じ形ばかりを集め、違う形を排除しようとするママ友カーストほど、下らないものはありません。

いろいろなカタチがあるからこそ、世の中は面白いのです。

ママ友作りをする際には、実際の目は閉じ、心の目を開いてみて下さい。

ママ友に格差を感じる?迷った時に考えるべきことと最善策

スポンサーリンク