スポンサーリンク

ママ友は必要か?いらないか?』そう聞かれれば、あなたはどう答えますか?

人は、人との関わりなしで生きていくことは絶対にできません。

ママ友との関わりも同じで、ママ友と一切関わらずに生活することはできませんね。

ママ友が必要かいらないかという感覚には、個人差があります。

生きていく中で『ママ友』という存在をどう見るかによって、必要と思うかいらないと感じるか大きく変わってくるのでしょう。

ママ友は必要?ママ友なんていらない?

このどちらかの気持ちになったとき、ママ友が必要かいらないか?疑問に感じ、他の人の考えを知りたいと感じますね。

それぞれの意見を見ていきます。

ママ友は必要である

  • ママ友がいなくてぼっちになっていると、周囲から白い目で見られるから絶対必要だと思う
  • ママ友がいなかったら、子どもの友達作りに悪影響になりそう
  • 子育てで不安になった時、色々なことを教えてくれるから必要である
  • 同じ悩みや喜びを共感できるのは、同じ立場だからこそ。だから必要

ママ友は良きアドバイスをくれる存在であり、必要だと思っている方が考えているのはこういったことが理由のようです。

私は『ママ友なんていらない。』とずっと考えていました。すると、仲の良い昔からの友人に「『ママ友いらない』なんて、ただの強がりなんじゃないの?」と言われたことがあります。

決してママ友がいらないというのは、強がりではありませんでした。しかし、自分の子どもが「友達なんていらないの。」と言ったのが、私がママ友作りをしたきっかけになりました。
(参考:【ママだけ大好き!】親と子どもの共依存?一緒に成長していこう!

子どもの友達作りに大きく関わってしまう可能性も、ないわけではありませんね。

ママ友がいれば情報交換ができる

私は、ある日ママ友から「お泊まり保育の時のビデオの申し込み、もうした?」と聞かれたことがありました。

その申し込みのことを知らずにいた私は、期限が迫っていることを教えてもらい、申し込みをして購入できました。

レンタルの申し込みをしないとそれを見ることができなくなってしまうところだったのです。

子どもが少しでも写っているかも知れないビデオを見ることをできたのは、ママ友がいたおかげでした。

また、運動会の午前の部が終わって、昼休憩の間に所用を済ませるため一旦家へ帰る際。

「プログラム〇番の時間がわかったら連絡して。」とお願いできたのも、ママ友がいたおかげでした。ママ友がいなかったら、自分の子どもが参加するプログラムの時間に間に合わなかったかも知れません。

その他必要なものをどうしようかと迷った時、何時までに行けば良いのかなど、教えてもらえるのは、共通の園に行っているママ友でなければわかりません。

ママ友との交流は、大変助かるというのも事実ですね。

ママ友がいたからこそ素晴らしい人と知り合えた

私の息子が中学校1年の頃。

同じ年代のママ友が、自分たちが中学の頃から『奇跡の〇〇』とまで言われる地元で有名な個人塾があると教えてくれました。

本来は受験生である3年生しか教えていなかった先生が、多くの保護者の要望に応え1,2年生も教えるようになったとのこと。

定員は1学年たったの8人。受験が近づいても、数年先まで予約で埋まっているから「今がチャンスだよ。」と教えてくれました。

その先生と話してみて決めようと面談を予約しましたが、会ってみると人間的にも大変素晴らしい人物で、息子も気に入ったので即入塾を決定しました。

成績の悪かった息子は、入ってすぐ80点90点の点数を取れるようになり、勉強に対する意欲も大変向上しました。

そしてただ勉強だけでなく、人として大切なことを学ばせてくれる先生でした。

おまけにそのおかげで、4つ年下の妹が中学になった時の入塾の予約までできたのです。

息子は約10年経過していますし大学生になる娘、二人とも今でもその先生と交流があります。

その人は、自身の仕事である保険の新商品勧誘の時や自分に相談がある時だけしか、ほとんど連絡してこないようなママ友でした。

ですがそのママ友がいたからこそ、素晴らしい方と知り合え、心から感謝しています。

スポンサーリンク

ママ友なんていらない

一方、『ママ友はいらない』という考えにも理由があります。

  • 上辺だけの付き合いのママ友なんて、意味がないからいらない
  • わからないことであっても、友達に教えてもらえばいい
  • ママ友に共感してもらわなくても、家族がいればそれでいい
  • 疲れるだけのママ友関係なんて必要ない

ママ友関係は、付き合いをするにも大変面倒ですし、多くのトラブルを起こしてしまう可能性があります。
(関連:【ママ友とのトラブル体験談】怖いだけでは済まされない付き合い

とはいえ上述したように、友達ではないママ友であっても感謝することも多くあり、やはり『いらない』だけでは済ますことはできないでしょう。

距離感をうまくつかんで付き合いをすれば、お互いに助け合える存在となります。
(関連:ママ友との仲や距離感はどうやって測ればいい?

ママ友が必要・いらないにこだわらない

ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?

私は過去『ママ友はいらない』とずっと思っていました。しかし、今はつかず離れずで浅く広く付き合っているに越したことはないと考えます。

決して『ママ友はいらない』とこだわる必要はないと感じます。

疲れるだけのママ友関係であっても、ママカーストの頂点でふんぞり返っている人物でも、実は多くのことを学ばせてくれています。

【人の振り見て我が振り直せ】という言葉は、決して『人の欠点を見下して、自分が行わないようにする』という意味ではありませんね。

  • あのママ友は、いつも人のことばかり言っている嫌な人だ
  • ママ友集団は、ママ友で群れて安心しているような弱い人間の集まりだ

そう思っていても、自分はどうでしょうか?

ただ人に言うか言わないかの違いだけで、そのママ友の悪い部分を心の中で批判している感情も似たり寄ったりです。

『ママ友はいらない』と思いつつも、仲間がいれば安心している弱い人間であるのも同じでしょう。独りぼっちになって平気だという人は、世の中に一人だっていません。

人の欠点は目につきますが、自分の欠点は見過ごしてしまいがちです。自分だけが正しいと思うのは、ただの妄想でもあります。

もしかすると、知らない間に自分もその嫌なママ友と同じことをしているかも知れないのです。

ですから、ママ友が必要・ママ友はいらないにこだわらず、ただ自然にふるまえば良いのではないでしょうか。

  • ママ友がいなくて、寂しければ作る努力をしてみる
  • ママ友がいらないと感じれば、少し距離を置く

その時自分が感じるまま、行動すれば良いですね。

自分の考え方やふるまいだけが、正しいと言い切れません。それは、ただの自分の価値観です。
(関連:価値観の決めつけ精神は嫌われる?好かれる人が持つ柔軟な思考

100%悪い部分である人は、一人もいません。嫌なママ友でも、良い部分もあるのです。

ママ友が必要か、いらないかではなく、ごく自然な付き合いをして、良い部分を吸収していければ良いですね。

併せてご覧下さい。
ママ友の作り方解説!根本さえきちんとしていればすぐできる!

スポンサーリンク