【嫌いなママ友のタイプ100人回答例】当てはまっていませんか?
スポンサーリンク

人には好みというものがあり、好きなタイプ、嫌いなタイプには大きく差が出るでしょう。

しかし嫌いな言動は、ほぼ似通っていて共通点があるとも言えますね。

ママ友のようなごく小さなくくりでも、女だけの集まりは非常に厳しい世界です。

今回は、ママさん100人に聞いた【嫌いなママ友のタイプ】をご紹介しながら、どういったママ友が嫌われてしまうのか深く言及していきます。

嫌いなママ友のタイプ

嫌いなタイプのママ友のアンケート回答を第1位からご覧下さい。

嫌いなママ友のタイプ第1位

自己中心的なママ友

常に自分が中心で、誘いとかを断ると機嫌悪くなったりするママ友。
自分だけの予定で行動し、それを押し付けてくるタイプは嫌いです。
人の都合お構いなしで、勝手に家に遊びに来たり、なかなか帰ってくれないママ友が嫌いです。最終的には「お風呂入れといて。」だなんて、勝手すぎるママ友がいます。

自己中心的で嫌いだと思われるタイプの人は、ママ友だけに限らず多くの方が好まないでしょう。

人付き合いは、相手の気持ちや状況に合わせて対応する必要があるのに対し、人を思いやる気持ちがないママ友がもっとも嫌いという集計でした。

ママ友の関係性により、どれだけ自己中心的になるかが決まってくるような気がします。

近づけば近づくほど、人はわがままになりがちですね。

ママ友と仲が良すぎるのは、トラブルの原因にもなります。よく考えなければいけません。
(関連:【ママ友とのトラブル】と【トラブル回避する方法】まとめ

嫌いなママ友のタイプ第2位

子育て方針などを押し付けてくるママ友

家の事を出来てると思ってて、自分と違う事をしてるママ友に、いちいち口を出す人は大嫌い。
旦那や子供にはこう接したら? とか、相談してないのに… 注意して来る人。旦那のことまでほおっておいてほしい。
自分の子どもでもないのに、わざわざ横から人の子どもを怒ったり、逆に叱っているのに横からかばったり。自分の教育がどうだか知らないけど、そんなママ友が一番苦手で嫌いです。

家庭のことに口出す行為は、お節介となり嫌われます。

自分だけの価値観でアドバイスをしてきたとしても、そのママ友は良かれと考えているのかも知れません。

意外と仲が良くなると、自分のしていることは見えないもの。

その違いの境目があります。

  • 本当に心から、相手のママ友のことを考えての言動か
  • 『私こんなにあなたのこと考えているのよ。』という気持ちが見え隠れしているか
『私って優しいでしょう?』と自分の評価を求める優しさは、ただのお節介となります。そういういやらしい感情が見え隠れする口出しは、嫌われてしまう元ですね。

(関連:【完全克服!】うざいママ友『苦手だな』と思った相手への対処法

嫌いなママ友のタイプ第3位

仕切りたがるママ友

自分が一番のような顔をして、仕切るタイプのひとが嫌いです。
ママカーストの頂点に君臨しているような態度を取る人。本当は、心の中ではみな嫌っています。
しきりたがりやで、ボスっぽい人は苦手です。

誰が名付けたのかママカースト制度のあるママ友関係で、強い立場を陣取っているようなママ友が嫌いという意見がこんな上位に・・・。

表向きは好かれているように見えていても、実は考えていることは同じだったりするのですね。

人を見た目や持ち物、学歴や住まいなどで、判断できるはずがないのです。

しかし、なぜかチヤホヤしてしまう傾向にある私たち。

「こういうママ友が嫌い。」と言っていながら、そんなママ友にへりくだってしまっている方も多いのではないでしょうか。

(関連:ママ友に格差を感じる?迷った時に考えるべきことと最善策

嫌いなママ友のタイプ第4位

人の悪口やうわさ話をするママ友

あっちこっちで人の悪口、うわさをして回るママは信用できません。
人のうわさ話ばかりする人は苦手です。そんな人は学年に必ずいます。
八方美人でいろんな所へ行っては、その場に居ない人のうわさ話を勝手に大きくして話す人は嫌い。
自分の夫の悪口をやたら言う。

多くのママ友が相手を選ばずに言葉を発しているから、嫌われる結果になっていると考えられます。

例えば、これが親子関係だとします。本当に信頼関係で結ばれている仲だと、誰かに対する愚痴や不満を話しますね。

自分の中だけで、不満を解消することは容易なことではありません。

ママ友に対する愚痴も同様で、話すだけでスッキリしたりするものです。

しかし、誰でも彼でも相手を選ばず不平不満を言ってしまうと、人から嫌われてしまう原因となるのです。

愚痴を言う相手を、きちんと選ぶ必要があるでしょう。

嫌いなママ友のタイプ第5位

子どもに対してのしつけがなっていないママ友

迷惑になっているのにもかかわらず、子どもを怒らないママ友。また逆に、怒ってばかりいるママ友。
ママ友や先生方、お友達には常に親切なのに、自分の子供を自分の言いなりにしかしない母親。
おやつも習い事も、親の決めたことしかさせない母親は嫌いです。
子どもを全く叱らないママ友。甘すぎるのは親としてあまり良くないと思います。

やはり、みな子を持つ親。子どもへのしつけや対応は大変気になるようです。子どもに対しての熱い思いがあっての考えですね。

  • 子どもは自由に育てるべきだ
  • しつけはきちんと、キツくするべきだろう
  • 子どもは、おもちゃやお飾りじゃない
  • 子どもは、優しくしつければわかる

さまざまな価値観あっての、子育てです。

嫌いなママ友の5位にくるとは想像していなかったので、少し驚きました。

逆の視点で考えると、相手のママ友も同じことを考えているかもしれません。

嫌いなママ友のタイプ その他の意見

その他嫌いなママ友のタイプでも、さまざまな意見がありました。

グループに行ったり来たりしている八方美人のママ友
人の生活レベルを探りたがるママ友
とても良く出来るママの仮面をかぶったおにママ。
人の話を聞かないママ友
ゴシップ好きなママはあまり好きにはなれません。
子供の自慢話ばかりする。

あなたが嫌いなママ友のタイプは、入っていましたか?

こうして見ていると、回答の仕方もさまざまで、性格が表れているようにも思えます。

嫌いなタイプのママ友になっている可能性!?

【嫌いなママ友のタイプ100人回答例】当てはまっていませんか?

一度、以下の2つを照らし合わせてみて下さい。

  • 嫌いなタイプ2位の【子育て方針などを押し付けてくるママ友】
  • 嫌いなタイプ5位の【子どもに対してのしつけがなっていないママ友】

実は、嫌いなタイプのママ友と同じことを、自分自身も感じています。

口に出すか出さないかで、大きく変わってきますが、人の考えることはさほど大差がないという表れではないでしょうか。

無意識につい口をはさんでしまっている可能性が、ないとは言い切れませんね。

(関連:ママ友にモヤモヤしたらどうすればいい?最善策はこれ!

ですから、自分がいつ嫌われるタイプのママ友になっても、決しておかしくはないという事です。

また『ボスママが嫌い』と言いながら、もし『自分だったらそんな風にはしないのに。』と考えているとすれば、仕切りたい感情があるとも言えます。

『自分は正しい。』と考えずに、いつでも『嫌いなママ友になっているかも知れない。』と考え、気をつけていきたいものですね。

スポンサーリンク