高校生の女の子【門限の平均】はいったい何時?
スポンサーリンク

高校生と言えば、遊びが楽しくて仕方がない時期です。友達付き合いも増え、帰りが遅くなることもあるでしょう。しかし高校生の女の子が夜遅くまで帰ってこないなんて、親としては大変心配でたまりません。

人がよく言うセリフがあります。「普通は○○なのに。」門限を厳しくした高校生の娘の口から、聞いたこともあるかもしれません。

よそのお宅では、門限を何時にしているのか?気になるところでもあります。

高校生の女の子の門限は、平均何時なのでしょう。

高校生の女の子【門限の平均】

高校生と言っても男の子と女の子では、門限の時間も異なるでしょう。男の子ならまだしも年頃の女の子の夜の外出は、その分多くの危険がともないます。

小学生の頃は、言うことを聞いてちゃんと門限を守っていたのに、中学高校に上がるにしたがって思うように言うことを聞いてくれなくなりますね。

高校生の女の子は18歳未満。いわゆる未成年です。
未成年の子どもが補導されるのは、全国で若干差がありますが、約【午後23時〜午前4時】となっています。

夏祭りなど特別な日の門限100人回答

ベネッセの中高生の子どもに対して、門限が何時かという質問に対する回答は、以下のようになっています。

夏祭りやお盆祭りの、中高生の子どもの門限。何時までなら許しますか?

  1. 〜21時・・・53%
  2. 21時〜・・・24%
  3. 〜20時・・・17%
  4. 〜19時・・・3%
  5. 〜18時・・・3%

出典:benesse.jp

保護者100人に聞いた、お子さまの門限に対するアンケートの結果です。

ただしこちらは、中高生であり年齢にかなり幅がありますので、18時〜20時の可能性はかなり低いと言えるでしょう。とはいえ、これは【夏祭りなどの特別な日】の門限であって、【日頃】と聞いているわけではありません。

21時までになっているのは、厳しい親御さんが多いのかなと、個人的に感じました。

高校生、専門・大学生の門限400人回答

そしてオリコン・モニターリサーチアンケートで、高校生、専門・大学生の男女400人に対する門限調査では、以下のようになっています。

門限は何時ですか?

  1.  特に門限はない・・・71.2%
  2.  23時〜0時・・・7.3%
  3.  22時・・・4.7%
  4.  21時・・・3.4%
  5.  19時・・・2.6%
  6.  20時・・・1.3% / 午前1時・・・1.3%
  7.  18時・・・0.4% / 午前2時・・・0.4%

出典:www.oricon.co.jp

【門限はない】と回答している方が、71.2%もいます。

ただしこちらも大学生が含まれており、またここでも年齢に差が出ていますね。男女含まれているので、高校生の女の子限定ではありません。

残念ながら、高校生の女の子だけのアンケートの正確な平均はありませんでした。

しかし、門限の平均を知ってどうするのでしょう?「一般的には○時だから。」と、高校生の娘のように言うと、納得させることができ、さらには言うことを聞かせることができるのでしょうか?

高校生の娘の門限に他人は関係ない

高校生の女の子に対し門限をつくるのは、ズバリ『心配だから』という理由以外ありませんね。

夜遅くまでウロついていると、何か問題に巻き込まれるかもしれません。実際に、さまざまな事件が発生しています。年頃の女の子ならなおさら、できるだけ明るいうちに帰宅してほしいと思うことからでしょう。

それに好奇心旺盛な遊び盛りの娘に、きっちりとしたルールをつくっておかないと、キリがありません。

ですが、よその家はよその家。門限は、親の決めた時間で良いと感じます。

冒頭でも申しましたが、女の子や高校生だけでなく、子どもは多くが口を揃えて言います。

  • ○○ちゃんちは門限○時なのに、なんでうちだけそんなに早いのか
  • ○○ちゃんのお母さんは、もっと優しいよ

売りことばに買いことばで、「じゃぁ、○○ちゃんちの子どもになれば?」と言ってしまった方がいるかもしれませんね。

しかしそういった言葉は子どものセリフであって、親が言うべきことではありません。周囲や世の中に流されて、「平均○時だから、○時にする」などと言ってしまっては、親の威厳を無くしてしまいかねません。

自分が門限を21時と決めたら、「21時に帰ってきてね。」と言えば良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

門限をつくるのではなく考えさせる

高校生と言えば、まだまだ反抗期のお子さまもいるでしょう。子どもの性格によっても、大きく差が出ますが、私は娘に対し門限を作ったことは一度もありません。

小さな頃は「心配だから暗くなる前に帰ってきてね。」と伝えると、夕方17時18時には帰宅していました。

中学生に入ってからは、夏祭りへ行く、花火をする、みんなでご飯を食べに行く。このようなことが増加すると、必ず「何時までいい?」と必ず聞いてきていました。

そこで私は、門限ではなく自分が帰って来て欲しい時間を伝えます。「○時くらいかな?」

その時間が、娘が思っている時間よりも早い場合は、当然不服が出ていました。「え〜。○時にして欲しいな。」

「それでもいいけど、自分で考えて帰ってきなさい。」と言えば、たとえ少し遅くなったとしても、だいたい似通った時間に帰宅していました。小さな頃から、帰宅時間を自分で考えさせるようにしてきた結果です。

門限を強いると逆効果

子どもは制限されると、逆に反抗したくなるものです。ダメだと言われると、余計にしたくなる気持ちはわかりますね。

場合にもよりますが、明らかにいけないことであろうことを「いいよ。」と言うと、子どもは面食らって「なんで!?」と聞いてくることはありませんでしたか?

年頃である高校生の女の子に、門限で制すると「親の立場を使い、言いなりにさせようとしている」という反感を植えつけてしまうことにもなります。

高校生にもなれば【言いつけを守る】ではなく、【人の気持ちになって考える】ことを、覚えなくてはなりません。実はこれは、高校生に限ったことではなく、幼少期から教えていくべきことです。

『なぜ、親だからって命令するの?』という疑問を、持たせてはいけないのです。子どもであっても、一人の人間として見る。そうすれば、子どもは自分がしなくてはいけない事を考えられるようになります。

門限をつくるのは、決して主従関係で抑えつけているのではありませんね。ですから私は、娘が高校生の頃も今も門限はなし。イベントで出掛ける際にも「ひとまず、ちゃんと帰ってきてね。」と伝えていましたし、今でも同じです。

ですが、いくら門限をつくっていないからと言って、全てを許しているわけではありません。

大学へ入った頃、「18になったから、みんなでカラオケでオールしようって言ってるの。大学の近くに住んでいる友達の家へ泊まるから。」こうラインしてきたことがあります。

入学したてで『ゆるい家の子だと見られては困る』と判断した私は「ダメ。その日のうちに帰ってきなさい。」と許しませんでした。何度かラインで押し問答していましたが、途中で返信をやめました。

多少は不安に感じていましたが、娘は午前1時頃少しふてくされながらも帰宅してくれたのです。

「帰ってきてくれてありがとう。帰ってこないかと思って心配だったよ。」と伝えると、「ダメって言ったら帰ってくるに決まってるでしょ。」と返答。

「今日は20時には帰って来て欲しいな。」と言えば、帰ってきてくれることもあります。

親の気持ちが伝わっていれば、門限を強いる必要もなく、自分で考えられるようになるでしょう。

まだ高校生だからといって、親の所有物ではありません。
ただしいくらなんでも、『午前0時』には帰って来て欲しいですね。まだ高校生。シンデレラでいて欲しいものです。

スポンサーリンク