高校生女子のアルバイト反対する?賛成する?
スポンサーリンク

高校生の女の子ともなれば、スキンケアにも気を遣いたいし、友達付き合いやおしゃれを楽しみたい年頃。
あれもこれもと言っていれば、あっという間におこづかいはなくなってしまい、アルバイトで稼ぎたいと考えるようになります。

コンビニやファーストフード店・ピッキング作業など、高校生可のアルバイトがたくさんありますね。しかし世の親は、高校生の娘のアルバイトには賛否両論があるようです。

あなたは、高校生の娘のアルバイト、反対ですか?賛成ですか?

高校生のアルバイト調査

厚生労働省が2016年に実施した『高校生に対するアルバイトに関する意識等調査』で、以下のようなことがわかっています。(参考:www.mhlw.go.jp)

アルバイトしたことはありますか?

対象:高校生男女4016人(男2343人 女1667人)

  • ある : 1854人(46.2%)
  • ない : 1811(45.1%)

したことのあるアルバイトの職種

対象:アルバイトをしたことがあると答えた1854人の男女(男1004人 女850人)

  • スーパーマーケット(22.6%)
  • コンビニエンスストア(14.8%)
  • 牛丼など飲食チェーン店(6.7%)

初めてアルバイトをしたのはいつですか?

  • 中学校在学時から 21人 1.1%
  • 中学校卒業後の春休みから 41人 2.2%
  • 高校1年生の1学期から 424人 22.9%
  • 高校1年生の夏休みから 220人 11.9%
  • 高校1年生の2~3学期から 439人 23.7%
  • 高校2年生から 404人 21.8%
  • 高校3年生から 185人 10.0%

アルバイトで勉強に支障が出たことがありますか?

  • ない 1646人 88.8%
  • ある 152人 8.2%

親が、高校生のアルバイトを反対する理由は、勉強に支障が出るからという理由が多いかと思います。

しかし、実際に勉強に支障が出たと回答しているのは、8.2%にとどまっています。

なぜアルバイトをしているのか?

そして、こちらは別件のアンケート回答です。(参考:www.mobile-research.jp)

16歳~22歳の高校生大学生へ、なぜアルバイトをしているのかのアンケートでは以下のようになっています。

  • 遊ぶお金に当てるため 82.5%。(うち女子高生90.5%)
  • 貯蓄をするため 52.6%
  • 人生経験のため 36.8%
  • 生活費に当てるため 34.2%

高校生のアルバイトに反対

高校生のアルバイトに賛成するのか反対するのかも、親の考え方次第。どちらの意見があっても当然です。上述したアンケートの結果のように、『勉強に支障が出てしまう』と考えるのも、親心ですね。

たった8.2%と言えども、1854人のうち152人が、アルバイトのせいで勉強に支障が出たというのは、親にとっては大問題です。1000人のうちたった1人でも高校の勉強に支障が出て、それが自分の子どもとなれば、確率など関係ありません。

  • 高校生の仕事は、勉強。遊ぶお金欲しさにアルバイトするなんて言語道断
  • 自分の身の回りのこともきちんとできないのに、アルバイトなどできるわけがない
  • アルバイトに対しての考え方が、甘すぎる

親の意見としては、このようなものなようです。

さらに夜遅く帰宅するとなれば、その分心配のタネも増加します。高校生特に女の子だと、アルバイトを反対しているのではなく、門限の問題で夜遅くの帰宅を反対している場合もあるでしょう。
(関連記事:高校生の女の子【門限の平均】はいったい何時?)

スポンサーリンク

高校生がアルバイトをしたい理由

高校生女子のアルバイト反対する?賛成する?

アンケートの回答あってもなくても、高校生がアルバイトをしたいのは、遊ぶお金にあてたいという理由がもっとも多いでしょう。高校生のアルバイトに反対派の親からすれば、遊ぶお金欲しさにアルバイトしたいなんて、もってのほかと思うでしょうか。

しかし、私たち人間は【楽しむため、遊ぶため、幸せになるためにアルバイトや仕事をしている】と言っても過言ではありません。

もちろん生活をしていくことが基本ではありますが、本当に生きているだけで幸せを実感している人が、世の中にどれほどいるでしょうか。幸せの価値をどこに見出すのかによって、個人差があります。極端な話『乞食は三日やったら止められない』と言うように、幸せや楽しみを物質的に求めるかどうかです。

何らかの理由で身体不自由になってしまった場合や、大切な人を失ってしまった方など、大きな起点となる出来事がない限り、それに気づくのは容易ではありません。そういった場合であっても、ただ生きるために必要な食べ物だけで満足できるかと言えば、そうとも限りません。

お金がなくても、十分に遊ぶこともできます。でも欲深い人間は、お金はあればあるほど良いと考えるのはごく一般的な考えです。

高校生が、遊びのお金欲しさにアルバイトしたいと考えてもごく普通です。

何も特別ではありません。

  • 友人と遊びに行きたい
  • おいしいものを食べたい
  • 欲しい洋服やカバンがたくさんある
  • スキンケアやヘアケア用品はいいものを買いたい
  • 美容室にも行きたいし、常に綺麗にしていたい
  • 好きなアーティストのライブに行きたい

大学生の私の娘も、ライブへ行くと東京や地方へ行ったり、最近はハリネズミカフェや猫カフェなどに好んで出かけているようです。

化粧品に1000円2000円、スポッチャに行って2000円。自転車通学だとすれば定期もありませんから、交通費もかかる。…地下鉄の電車賃なんてバイトせずやりくりしている高校生にとっては、大変高額です。おこづかいなど、あっという間になくなってしまいます。逆に足りないくらいですね。

幼稚園の子がお菓子一つ買うにしたって、昔のように100円では買えません。

高校生のアルバイトに賛成

私は、高校生のアルバイトには反対でも賛成でもありません。しかし、どちらかと言えば賛成したい気持ちです。

自分が高校生の立場になって考えれば、「アルバイトしたい。」という気持ちは大変よくわかるからです。現にそういった経験を経てきていますし、それを忘れて否定すると、高校生の子どもは反抗をしてしまうでしょう。

悪いケースを考えると、万引きをしてしまう原因ともなります。
高校生は、もう半分大人と判断できる年齢です。決して、親の思い通りに動かせません。子どもが親に対して反抗する要因は、頭ごなしに決めつけたり支配しようとする思考です。

小さな頃と同じように、親の意のままに動かせる年齢は、とうに過ぎていますね。

ですから高校生であっても、自分の意思があるからこそ「アルバイトがしたい。」と言っているのですね。反対するよりも、逆に成長したと喜ぶべきだと感じます。

  • 高校生は勉強が仕事だと自覚しているか
  • どういった理由でアルバイトをしたいのか
  • あらゆる予測をし、きちんと計画を立てているか
  • 勉強や身の回りのことをおろそかにしないか
このようなことをきっちりと考えている場合は、高校生であっても子どもを信じてアルバイトに行かせて見るのはいかがでしょうか。

帰宅時間を考慮し、早めに終わるアルバイト限定にするなどしても良いですね。

高校生であってもしたいアルバイトに賛成してあげる、でも約束したことは守らせる。親も子もお互いに譲歩し、親の権限さながらに抑制しないようにしたいものです。

スポンサーリンク