【高校生の娘の外泊】許すか許さないか?法律ではどうなの?
スポンサーリンク

高校生ともなれば、夜遊びはしたくなるし、親の目から逃れたくなって当然です。ずっといつまでも親のそばにいると思っていても、そういうわけにはいきません。逆にそうなればなったで、余計心配の種が増えるだけ。

「高校生の娘が外泊をしたがっている」こういった悩みを抱える家庭は、とても多いと思います。

高校生の娘の外泊は、心配だし許したくはない。でも、許さなくてはいけないのだろうか。さらには、法律問題ではどうなっているのでしょうか。

高校生の娘はなぜ外泊したがるのか?

高校生の娘が、なぜ外泊をしたがるのか?自分の若かりし頃を思い出せば、容易にわかるでしょう。

高校生の娘は親と離れて、好きに楽しみたいと考えています。極端に言えば、親の監視の目から逃れて遊びたいのです。ですから外泊をしたいと考えるようになります。

多くの親が忘れてしまっている、自分が高校生の頃の思考。

  • 自分が高校生の頃は、親を困らせずもっといい子だった
  • 私の親は、私みたいにものわかりのいい親ではなかった

人間は、自分の都合のいいように記憶を改ざんしてしまう傾向にあります。

忘れてしまってはいるものの、親から離れて行動したいと考えていたことは、あなたにも必ずあるでしょう。どれだけ親と仲良しであったとしても、自分のこと全てを親に明かしていたかと言えば、決してそうではないはずです。あなた自身が親にどれだけの心配をかけてきたか、本当はわかっているはずです。

夜は遊びの時間?

人の自律神経の働きは、交感神経と副交感神経のバランスで保たれています。

  • 朝昼:活動する日中は交感神経が優位に働く
  • :体を休めるために副交感神経が優位に働く

すなわち、夜は自然とリラックスした状態になるのです。

はめを外してしまうとは、リラックスした状態に一気に興奮する何らかの刺激が加わり【魔が差す】状態です。人がリラックスした状態は、いいほうにも悪いほうにも働くというわけです。

仕事で夜の接待があるのもそのためです。リラックスし安心させる、そこで(悪く言えば)もうけ話を持ちかけて相手を刺激し、一気に交感神経を高めその気にさせる手法とも言えます。

子どもの自我が確立されてくると、リラックスした状態で夜遊びがしたくなるのはごく普通の現象です。もしかすると本能と言えるかもしれません。高校生ともなれば、オールしたいと言うようになって当然。そして彼氏と泊まりたいという思考になるのも、ごく健全な証拠なのです。

しかし親としては、そう簡単に高校生の娘の外泊を許せるはずはありません。心配でいてもたってもいられないでしょう。眠るに眠れませんね。

【高校生の外泊】法律ではOK?

高校生の外泊を反対すると、このような反発の言葉が返ってくるかもしれません。

「高校生の外泊がダメだって法律で決まってるの!?」

自分の出した希望に反論されると、高校生の娘は逆上して偉そうな口を叩いてくるかもしれません。最近ではキレやすい若者が増加しているとも言われていますね。人間が感情的になると、冷静の時とは全く違う態度に出てしまいます。

保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、宿泊先を偽って受けた同意は無効

出典:www.bengo4.com

東京都の条例での例ですが、「高校生は法律で外泊してはダメって決まってる」と胸を張って答えてもよさそうです。

ただし、売りことばに買いことばで、親子ゲンカの火に油を注ぐことになってしまいます。「条例違反よ!」とは言わない方が得策でしょう。外泊を止めようと思ったあなたの意図とは全くの逆に、子どもにあなたの気持ちを理解してもらえない可能性が高まります。

外泊を許すか許さないかは親次第

私は過去、友人から「娘が外泊をしたいと言っている。どうすればいいのだろう。」と相談を受けたことがあります。

高校生の娘の外泊を許すかどうかは、親次第。家庭によって大きく異なりますね。その家庭のルールはもちろん、日頃の娘の態度によっても違ってくるかと思います。

  • 高校の勉強も宿題もせず遊び呆けている
  • 寝るのが遅すぎて、遅刻の常習犯である
  • 単位を落として留年しそうである

もし、高校生の仕事ともいえる学業がおろそかになっているのなら、外泊なんて許せなくても当然です。「それ以上に遊ぶのか!」と言いたくなるような状態ですね。でも逆に、それなりにある程度はきっちりしているし、女の子としての自覚がある場合は許してもいいと思う方もいるでしょう。

人にどうしようと相談したところで、相談相手があなたの家庭の全てを理解しているわけではないので、決して的確な回答はもらえません。

親自身が決めて自分の信じるようにすることが、もっともいい方法です。自分が許せるなら外泊を許す・ダメだと思うなら外泊を許さない。

ですから、後で後悔しないようにじっくり考えなければなりませんね。親に課せられた決断の時とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

高校生の娘の外泊への懸念

親が高校生の娘の外泊をためらうのは、将来に関わるほど大きな問題に発展してしまう可能性があるからですね。たとえば「妊娠」や何か事件に巻き込まれてしまう可能性です。

娘をどれだけ信用していても、それがいつ何が起こってしまうのかはわかりません。急なとき、冷静な判断はできません。しかも万が一、妊娠をしてしまったら…考えただけでもゾッとしますね。

もし外泊する家が女友達の家だと言ったとしても、万が一のことを考えておかなければなりません。子どもは悪いと自覚していても、ウソをつきます。それは高校生に限ったことではなく、大人だって変わりありませんね。自分の思い通りにするために、ウソをつく場合は多々あります。

妊娠ついては、目をそらさず娘と話し合うべきです。命の尊さ含め、仮に中絶をしたら体にどのような影響を及ぼしてしまうか。また相手は、娘が追うであろう心の痛みも体の痛みをそれほど(相手によっては何も)感じない場合が普通である、と教えるべきです。

高校生の娘は、彼氏をアニメやドラマの中の王子様的な感覚で見ています。あなたは、基本的に男性がどういった考え方をしているのか、彼氏を否定するのではなく、大きなくくりで男性について説明してあげなければいけません。

それとともに親が何を心配しているのか、落ち着いて話せば高校生の娘もわかってくれるかもしれません。

外泊先を把握しておく重要性

【高校生の娘の外泊】許すか許さないか?法律ではどうなの?

もしあなたが高校生の娘の外泊を許した場合、また無理やり外泊した場合も含め、必ず外泊先の住所や電話番号は把握しておかなければなりません。それも親の気持ちをきちんと伝え理解できれば、何なく教えてくれるでしょう。

私の息子が20歳の時、18歳の高校生の彼女ができました。ある日、彼女を連れてきて「今日は泊まる」と言いました。

「家に連絡したの?」と聞くと「した」と言うものの、彼女の親御さんからはうちに連絡はありません。私は子どもが未成年だった頃、友人宅へ泊まるとなれば、必ずあいさつの電話をしていましたので、彼女の親御さんから電話がこないのは不思議でもありました。しかし息子は成人、相手は高校生。こちら側の非により、大きな問題に発展してしまってはいけません。私は彼女から親の連絡先を聞き、電話をしました。

すると相手のお母様は「○○くんとは何度も面識があって信頼していますし、娘のことも信頼しています。よろしくお願いします。」とおっしゃいました。彼女の親は彼氏の家への外泊を許可していたのです。

それはその家庭の方針であって、人がとやかく言えることではありませんね。

私は、二人が十分に遊んだかなと思える午前2時頃、その彼女を私の横に寝かせました。私の監視がありながら間違いが起きてしまっては困るからです。

このように未成年である高校生が外泊するとなれば、親同士の同意が必要になるだろうと私は考えています。

とはいえ、私服になれば高校生には見えない女の子ばかりでしょう。未成年に見えないため、ホテルへも自由に出入りできるかもしれません。高校生の娘に間違いが起きてしまわないように、常に娘の気持ちを理解するところからはじめ、親の気持ちも理解してもらう。そのような親子のコミュニケーションを図っておくことが大切ですね。

スポンサーリンク