スポンサーリンク

クイズ番組を見ていると、素早く回答する出演者に驚かされます。

テレビ的な演出があるかもしれませんが、瞬間的な「ひらめき」、問題に対する瞬時の判断力が成否を分けます。

クイズ番組に出る人たちは頭がよいのでしょう。もちろん著名大学出身者が多いです。

実はひらめきは、勉強にも関係します。

「テストで答えや解き方が瞬時にひらめく!」知識も大切ですが、ひらめきの方が大人になってから必要になる能力です。

では、ひらめき力の鍛え方・高め方について考えてみましょう。

ひらめきとは

岩波書店『広辞苑』によれば「ひらめき」とは

鋭敏な頭の働き。すぐれた思い付きや直感

と説明されています。

瞬間的に何かが浮かぶ、まさにクイズ番組で求められる資質です。

ひらめき力は生まれつきでなく、後から高められる

とはいえ、ひらめきは天性、生まれつきの才能ではありません。ひらめき力は後からいくらでも高められる能力です。

参考「生まれつきではない?天才を育てる5つのポイント

つまり、ひらめき力や学力は遺伝ではありません。本人の努力や育つ環境で変わります。

頭は使えば使うほど使えるようになります。親からもらった頭を使わないのはもったいないです。

道端に転がる石のような平凡な人でも、磨けば宝石のように輝けます。

違いは何か。「やるか、やらないか?」ただそれだけです。

「そう言われても、医者の子供は医者になるし、元々持っている才能じゃないの?」

と思う人もいるでしょう。

しかし、医者の子供が医者になる理由は、勉強する環境・経済力という条件が整っているだけだからです。

もちろん、条件が整っていても、きちんとやらなければ医者にはなれません。

ひらめき力を高めるには

ひらめき力を高めるには、どんな方法があるのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

1.やっぱり知識が不可欠です

知識をたくさん教える、詰め込み教育に対する批判はあります。

とはいえ、ひらめくには知識がなければ何も始まりません。なぜなら、無から有は生まれないからです。

相応の知識がたまることにより、点と点が結びついて線になり、線と線がつながって面になる、つまりひらめくのです。

知識を頭の中に蓄積する過程において、初めのうちは、知識と知識が中々つながらないものです。

しかしある時から急に、今まで見えていなかったつながりが見えてくるようになります。

その見えた瞬間こそが、ひらめきです。

勉強も同じです。このようなひらめきに出会うと、毎日の学習が楽しくなります。

ただし多くの人は、ここまでガマンできず、あきらめてしまうようです。

わたしが塾で教えていても、もったいないと思うことが少なくありません。

参考「人はなぜあきらめるのか?5つの言い訳とあきらめない心の作り方

ちなみにクイズ番組によく出演する「ひらめきの天才」伊集院光さんは、大学へ行っていませんが一方で雑学王でもあります。

そうした知識の積み重ねから、ひらめきが生まれます。ひらめきに学歴は関係ありません。

2.常に考える習慣をつけよう

ひらめきは、カンのように思うかもしれませんが、思考の一種です。

問題の結論や答えに最短の経路をたどって思いつく。つまり、思考回路が短くなっているのが、ひらめきです。

そのため、日頃から考える習慣をつけましょう。

ひらめき力、言い換えると思考の近道は、常に考えることを繰り返す地道な積み重ねによって高められます。

参考「論理的思考を身につけるために必要な5つのポイント【小論文・記述問題対策にも】

具体的には、常に「なぜ?」と考える習慣ををつけることです。

小さなことでもよいです。「なぜ物は下に落ちるのか?」など、ささいなことで構いません。

色々考えていると、自分が意外なことがわかっていないことに気づくでしょう。その気づきも、ひらめきです。

3.常識を疑ってみる

大人になると常識や思い込みで行動します。もちろん、それがあるから仕事や生活がスムーズになります。

とはいえ、時には常識を疑うことも大切です。人とは違った考えをする、そこからひらめき、発想力が生まれるからです。

たとえばクイズ番組やテストなどには、ひっかけ問題があります。疑ってみないと、見えない落とし穴があります。

それを見つけるのも、ひらめき力です。

上述の考えることにつながりますが、常識を疑うことこそ、思考の始まりです。

「物が下に落ちるのは当たり前!」

では、なぜ当たり前なのでしょうか。これに気づいたから、ニュートンは偉大な天才と呼ばれるようになったのです。

4.関係ないことにも興味を持つ

人間は、自分の興味があることには食いつきますが、興味のないことはスルーしがちです。

とはいえ、一見まったく関係なさそうなことにも興味を持つことが大切です。今までにはなかった思考回路を作ることになるからです。

そうしたことが、意外にも、違った点から見れば、つながっていたりします。

また視点を変えることで、違ったアイデアが出たりします。

素人のような発想から、大発見が生まれることも珍しくありません。

問題とは別の視点で考えられるようにするには、色々な知識が必要です。

そのため、関係ないことでも色々なことに興味を持ちましょう。

5.失敗を恐れない

そもそも成果を上げる研究は、失敗から生まれることも多くあります。

代表的なのは抗生物質を発見したフレミングです。ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんもそうです。

失敗を失敗で終わらせないことこそ、ひらめき力を養うために必要なことです。

失敗が怖くてチャレンジできない人がほとんどでしょう。

しかしあと一歩進めれば、成功することもたくさんあります。早くにあきらめるともったいないです。

失敗を積み重ねることで、成功へのヒントがひらめくからです。

エジソンも言っています。「失敗したのではない、上手くいかない方法を見つけただけだ」と。

6.ポジティブに考える

ネガティブに考える習慣があると、悪いことばかり思いついてしまいます。

これも、ひらめきといえば、ひらめきです。とはいえあまり使えないアイデアでしょう。もちろん使うべきではありません。

逆に、何事もポジティブにとらえる、前向きに考えることで、新たな発想が生まれることが多いです。

経験的にも、こちらの方がひらめき率は高いでしょう。

できない理由を考えるのではなく、「どうしたらできるようになるのか?」そうした方向性を常に持つと、思考の範囲が広がり、ひらめきにつながります。

7.辞書や辞典を身近に置く

辞書や事典をどのようにしまっているでしょうか。紙のケースに入れて、本棚へキレイに並べていますか。

しかし、これでは辞書や辞典を使うのが面倒です。

見た目は悪いし片付きませんが、辞書や事典などは身近に置いておくことをおすすめします。すぐに使えるようにしておくためです。

そういう意味では電子辞書を持つ、そもそもスマホが身近にあれば、すぐにネット検索できますね。そういう環境も重要です。

大切なのは、「すぐにやる!」面倒がらないことです。

すぐに何かをやる、後回しにしない習慣をつけることで、ひらめきにつながります。
スポンサーリンク

トイレや風呂場でひらめきやすい理由

仕事をしていると、よく会議などがあります。会議で新しい企画を考えたり、その検討会が行われたりします。

しかし、時間を割いて長時間の会議をしても、充実した結果が生まれないことが多くありませんか。

諸説ありますが、会議室で良いアイデアは生まれない!そんな話もあります。

一方で、意外にもひらめきやすい場所は、トイレや風呂場などです。私の場合は、歩いていたり、電車の中などでアイデア、問題の解き方などがひらめきます。

では会議室ではなく、トイレや風呂場でひらめきやすいのはなぜでしょうか。

この理由は、他のことが何もできない空間、状況下にいると、頭が働くからと考えられています。

「でも、会議中だって他のことができないよ!」と思うかもしれません。

しかし、会議中でも書類に落書きをしたり、昼ごはんのメニューを考えたりはできますし、もっといえば、会議から抜け出せたりもします。

参考「トイレでグッドアイデアが浮かぶ5つの理由とは

トイレや風呂場という、その目的の行動以外はしない場所・状況によって邪念がなくなるので、アイディアが浮かびやすいのかもしれません。

ただし、せっかくひらめいたアイデアをメモするものがないと、忘れてしまうことも多いです。

すぐにメモが取れるように、いたる所に紙と鉛筆を置きましょう。そうするとひらめき力がアップするかもしれません。

ひらめきは「降りてくる」感覚です

日常生活においても、ひらめきは大切です。意外な工夫ができるようになり、暮らしやすくなるのも事実だからです。

フッと何かが降りてくる感覚、それがひらめきです。

アイディアが色々ひらめくようになれば「降りてくるのを待っていればいい」と、開き直れます。

つまり、ひらめき力が高くなると、焦らなくなります。

その余裕が、さらなるひらめきを生む!相乗効果で、ひらめき力がアップします。

スポンサーリンク