スポンサーリンク

こんにちは。リライアンス「生活のはなし」編集担当こと、スマホをうどんつゆに落とした人です。

残念ながら水没ならぬ、つゆ没ということで、塩分にひたった旧スマホを諦め、新しいスマホを買うことにしました。

という訳で今回は、防水機能があるという理由で購入したシャープのSIMフリースマホ、AQUOS sense lite SH-M05について説明します。

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

AQUOS sense lite SH-M05のメリット

1.防水・防塵(じん)

トイレに落とした・うどんつゆに落とした・水をかけた

精密機器だし、ホコリによる故障は防ぎたい

水の中に落とさなくても、たとえば雨の中でスマホを使うとき、画面に当たる雨つぶが気になることも多いでしょう。

また、工事現場などのホコリっぽい場所でスマホを使うとき、すき間にホコリが入り込んだらイヤだなぁ、と思う人もいるはずです。

そんなあなたにピッタリなスマホ、AQUOS sense lite SH-M05は、防水・防塵機能が標準装備です。

このスマホに搭載されている防水/防塵のレベルは、IPX5/IPX8 / IP6Xです。

具体的にどれくらいのレベルなのでしょうか。

IPX5

IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても電話機としての機能を有することを意味します。

引用:シャープ公式サイト

IPX8

IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに電話機を沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。

引用:シャープ公式サイト

IP6X

IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに、電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。

引用:シャープ公式サイト

防水・防塵は何でもOKというわけではない

防水とされているのは、常温の真水や水道水です。つまり、うどんつゆへの水没はNGです。

また水の温度は常温なので、5℃~35℃の間の水です。
  • 温水
  • 石けん
  • 洗剤
  • 入浴剤などの入った水
  • 海水
  • プールの水
  • 温泉
  • 熱湯

もNGです。

また、砂や泥を付けてしまうのもNGです。

とはいえ、水周りに持ちこんだりせずフツーに使えば、とくに大きな問題は無いでしょう。

2.おサイフケータイがついてる!

「SIMフリースマホには、おサイフケータイ対応機種が少ないのよね…」というあなたに朗報です。

AQUOS sense lite SH-M05にはおサイフケータイがついています。

  • Edy
  • nanaco
  • WAON

などの電子マネーや、

  • dポイントカード
  • ヨドバシカメラの会員証

などのポイントカード、

  • モバイルSuica
  • ANA SKiPサービス
  • JALタッチ&ゴーサービス

これらの乗車券・航空券、

  • コンサートの電子チケット
  • マクドナルド公式アプリ

が使えます。

3.独自AIエモパー

シャープ独自の人工知能(AI)であるエモパーは、あなたが話しかけて「明日の天気を教えて」というタイプの音声アシスタントとは違います。

あなたの生活パターンに合わせて、あなたに必要な情報をエモパーから提供してくれます。

天気なんてこちらから聞かずとも、エモパーから教えてくれるのです。

自動で画面を目に優しくするリラックスオート

たとえば、エモパーが知ったあなたの生活パターンから「持ち主、そろそろ寝るな…!」という時間帯になると、自動的に画面の設定を変えてくれます。

エモパーが、自動的にブルーライトを抑えた画質に調整してくれるのです。

選べるエモパーのキャラ

エモパーのキャラは

  • けなげに頑張る・えもこ(女)
  • 渋い声で語る・さくお(男)
  • ぶーぶーつぶやく・つぶた(ブタ)

が標準で搭載されていますが、さらにGoogleプレイからダウンロードすれば、

  • おっとりぶっとぶ・桜田かおる
  • 情熱的でフレッシュ・おれんじん

が追加できます。

4.持ちやすい

大きすぎず・小さすぎず。側面はカーブがついていて、角ばっていません。

そのため、成人女性の手でも持ちやすいサイズで、長時間持っていても手が痛くなりません。

大きすぎず・小さすぎずですが、液晶が小さいといったこともありません。5.0インチあります。

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

AQUOS sense lite SH-M05のデメリット

1.ちょっと重い…?

とても主観的な感想で申し訳ないのですが、AQUOS sense lite SH-M05は、うどんつゆに水没させたスマホ(アルカテルidol3)と比べると、画面は小さめなのに重いと感じました。

アルカテルidol3(141g)と比べるとAQUOS sense lite SH-M05147gと6gしか変わらないのに、不思議です。
感覚的なものかもしれませんが、少しズシっときます。

2.DSDSではない

AQUOS sense lite SH-M05は、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)ではありません。

つまり、SIMカードを2枚入れて、2つの電話番号の着信はできません。

仕事と家庭用などで、電話番号を使い分けたい人には向いていないです。

おサイフケータイ使えるし、これでDSDSだったら完璧なのに…!!」と思わなくはないです。

しかし、国内メーカーのスマホは、DSDS対応していないものが圧倒的に多いので、今後に期待しましょう。

3.ワンセグがない

「朝ドラ見逃したから、お昼休みに見たいわぁ…」

「オリンピックやワールドカップ開催中だから、外出先で見たい」

こんなときに激しく需要を感じるワンセグですが、AQUOS sense lite SH-M05にはワンセグは付いていません。

おサイフケータイが付いていて、シャープって聞いたら、ワンセグが付いていそうな気がするので、この点は残念ですね。

4.いわゆるハイスペックスマホではない

3万円台半ばのスマホですので、安くはないです。

しかしスマホとしては、決して高くも無いです。

シャープがこの機種の翌月にリリースしたAQUOS R compact SH-M06は7万円台半ばですからね。

つまり、AQUOS sense lite SH-M05はミドルクラスのスマホです。

めちゃくちゃカメラの画素数が高いとか、3DやVRがバリバリ使えるとか、そういったいわゆるハイスペックスマホではありません

しかし、、AQUOS sense lite SH-M05はRAM3GB、メモリ32GBです。

これだけあれば

普段は、ネットとLINEと電話。ゲームはカンタンなものを少しだけ遊ぶのにスマホを使っています

という人には充分なスペックです。

むしろ、おサイフケータイついてて、国内メーカーで、RAM3GB、メモリ32GBだし、コスパはいいスマホです。

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

スポンサーリンク

AQUOS sense lite SH-M05のスペック

名称 AQUOS sense lite SH-M05
プラットフォーム Android™ 7.1
プロセッサー
/動作周波数
Qualcomm® Snapdragon™ 430 オクタコア(1.4GHz+1.1GHz)
液晶ディスプレイ
/解像度
5.0インチ IGZO 1920×1080ドット (FHD)
メインメモリ 3GB
記録装置 32GB
Webカメラ メインカメラ:1,310万画素
インカメラ: 500万画素
バッテリー容量 2,700 mAh
サイズ 高さ約144mm×幅約72mm×厚さ約8.5mm
重さ 約147g
SIMサイズ nano SIM
カラー ホワイト、ブラック他、格安SIM業者によって限定色あり
外部接続端子 USB Type-C

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

追記:その後どうなった?

使っていて思ったことをパラパラと書いていきます。

 文字変換は賢くない

ツイッターやLINEなどで文字を打つときに「文字変換が賢くないなぁ」と思いました。

すごく「日本メーカーのスマホ(携帯)使ってる」って感じがします。

具体的にいえば

ガラケー使ってるときに、こんな文字変換でイライラさせられたなあ…

という感じです。

一応、文字変換の候補に希望している変換がなければ「ネット変換」というのがあります。

それを使えば、ネットで検索してくるのか、その結果で変換結果を表示してはくれます。

でも、数々の候補を表示した一番下に出てくるので、イラっとします。

なんなら、一番上に「ネット変換」と出ていれば、すぐに変換できるのにと思います。

エモパーがめんどくさい彼女みたいなことを言う

ちょいちょい、エモパーが何かの拍子に話し出して、めんどくさい彼女みたいなことを言います。

「私を忘れないでね」だか、「私を忘れてたとしてもそれでもいいの」的なこと(うろ覚えですみません)です。

エモパーを初期設定の「えもこ(けなげに頑張るエモパー)」にしているせいだとは思います。

特段、役に立つ情報を教えてくれるワケでもないので、エモパー設定をOFFにするかもしれません。

スクリーンショットを撮る「Clip Now」が便利

「Clip Now」という機能をONにしておくと、画面上部の縁よりちょっと下あたりを左から右になぞるだけで、スクリーンショットが撮れます。

(画像は既にシリコン製スマホケースとガラスフィルムを貼った状態です。)

操作方法

  • 画像のように、画面とスマホの縁の境目あたりを指で押さえる
  • スマホが短く振動したら、そのまま指を左から右へスライドする

感想

これは便利です。

アンドロイドのスクリーンショットといえば、「音量下げるボタン+電源ボタン」の同時押しです。

もちろん、これでもスクリーンショットは撮れます。

しかし、それぞれのボタンを押すタイミングがずれると「電源切る?」や「音量下げとくね」といった表示が出てきます。

不器用なせいもあってか、それが2~3度続くときもあります。

また、その表示が消えるまでスクリーンショットを撮る動作ができません。

地味にイラっとする瞬間です。

その点「Clip Now」なら、画面上部をなぞるだけでカンタンにスクリーンショットが取れます。

これは、とても便利な機能なので、多用しています。

注意点

あえて注意点を挙げるとすれば、画面がタップすることで変わってしまう可能性があるときは、「音量下げるボタン+電源ボタン」の同時押しで撮ることをオススメします。

たとえば、ゲーム中画面のスクリーンショットを撮るときです。

画面に触れただけで、ゲームが先に進んでしまって、残しておきたかった場面にもう戻れず、スクリーンショットが撮れなかったことがありました。

スクロールオートも便利

画面をスクロールをするときは、もちろん、スマホを持っていないとできません。

しかし、スクロールオートを使えば、勝手に画面をスクロールしてくれます。

(画像は既にシリコン製スマホケースとガラスフィルムを貼った状態です。)

操作方法

操作は、ブラウザなどの対応アプリを使っているときに、ゆっくり下スクロールをすると上向き矢印がでるので、そのまま指を離さず矢印を触るだけです。

すると、勝手に画面がスクロールしてくれます。

感想

手を使わなくてもOKなので、手がふさがっているときに便利です。

たとえば、スクロールオートにしておいたAQUOS sense liteをスマホスタンドで立てておけば、ご飯食べながら情報収集ができます。行儀は悪いですが。

スクロールスピードは、スクロールオート設定中はずっと画面下に出ている「+」「-」で選べばOK。

9段階のスピードを選べます。

電源ボタン・音量ボタンが近いのは使いにくい

AQUOS sense lite SH-M05を使っていて何度も「本当に不便」と思っているのが、ボタンの位置。

画面向かって右側の上に音量ボタン、その下に電源ボタンがあります。

私は、電源ボタンと音量ボタンの位置が近いので、よく押し間違えるのです。

つまり「音量を下げよう」と思って、電源ボタンを押して画面を真っ暗にしてしまうんですよね。

その度に「イラっ!」として、「使い勝手悪いなぁ」と一人イライラしてしまいます。

そして「電源ボタンだけ左側に配置してくれれば、押すときに間違えないので使い勝手がいいのになぁ」という気持ちと「そこは買う前にわかってるんだから、ちゃんと確認しておこうよ」という複雑な気持ちになっています(笑)

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

スマホケースと液晶保護フィルムを買った

スマホケースはシリコン製

スマホケースは、軽くて、汚れから守ってくれるものをということで、シリコンケースタイプにしました。

必要以上に厚みが出ないので、持ちやすさがそんなに変わらない点がいいと思います。

ケース自体が汚れやすいのと「ホコリがつきにくい」と書いてありながら、ホコリがつきやすい点は難点です。

ちょくちょくふき取って使うことにします。

液晶保護フィルムはガラスタイプの2枚入を購入

(画像は、既にシリコン製スマホケースとガラスフィルムを貼った状態です。)

わたしは、自他ともに認める不器用です。

1枚入の液晶保護フィルムを買って貼るのに失敗したら…。

今回はガラスフィルムを買うので、それを割ってしまったら、また買わなくてはなりません。

そのため、2枚入の液晶保護フィルムを買って、保険をかけることにしました。

結果、正解でした。

すぐに1枚割ったからです。開封10分弱のできごとでした。

割ったのは、どうしても入り込むホコリのせいでした。

何度も拭いてガラスフィルムを貼ってみるのですが、なぜか1つだけホコリが紛れ込んでしまい、それが気になって貼り直すを繰り返してました。

すると、ガラスフィルムをはがすときに焦ってしまい、力加減を間違ってしまったようで、割れ目が入ってしまいました。

というわけで気を取り直して、2枚目を貼りなおしました。

何度か挑戦しましたが、こちらはきちんと貼り付けることができました。

インカメラや指紋認証のところにガラスフィルムがかぶることもなく、貼れました。

商品名はフィルムとありますが、透明の板という感じです。

使い心地はとくに問題ありません。液晶画面がキレイに見られます。

地震・停電時に活躍する、おすすめの大容量モバイルバッテリー

Android8.0 アップデート開始!

2018年6月14日から、AQUOS sense lite SH-M05のOSアップデートが開始されました。

Android8.0へのアップデートです。

画面にスマホマークのプッシュ通知が表示されるので、タップして、案内に従ってアップデートしましょう。

詳細はシャープのウェブサイトにて確認してみてください。

スポンサーリンク