スポンサーリンク

水族館には様々な生物がいます。
その中でも高い人気を博しているのがアシカです。
多くの人がアシカを見て癒されたりしているのではないでしょうか。
独特の動きは、アシカが名物となっているほどの水族館もあるほどです。
そんなアシカ、コミカルなキャラクターとして知られていますが、海洋生物ですので、餌を食べなければ生きて行けません。
アシカの餌はおもにほっけなどの魚になるのですが、餌の値段がどれくらいなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
餌の値段、つまりは飼育料と考えても良いでしょうが、餌の値段は一ヶ月でおよそ10万円程度のところが多いようです。
アシカはそこまで巨体ではありませんから、とんでもない量を食べるというほどではないのです。
とはいえ、アシカショーのご褒美に餌を…という事もありますので、エネルギー補充という点はもちろんですが、飼育用具としての意味合いもありますので、その点で消費量が増えてしまうのは仕方ないでしょう。
とはいえ、ショーなどを行いますから、水族館の「稼ぎ頭」として君臨している事もあります。
そのため、アシカの存在というのは決して小さいものではないのです。
それはどこの水族館にも言えるでしょうね。
アシカがわかるMENU

  • <=”4.html”>アシカの特徴とは
  • <=”4-1.html”>アシカの餌について
  • <=”4-2.html”>アシカの餌の値段
スポンサーリンク