スポンサーリンク

野菜と果物の違いは何でしょうか?

わかっているようでわからないことを調べてみると、よけいにわからなくなります。

とはいえ、それが面白かったりします。雑学程度にお読みください。

野菜と果物に明確な定義はない

野菜と果物は便宜上分類している

そもそも野菜と果物に明確な定義はありません。それぞれの立場で便宜上分けているだけです。

つまり生物、植物の分類になりますが、ここには例外が多くあります。

はっきりとした分類などできません。あえてする必要もないのでは?

農林水産省による野菜と果物の分類

ただし統計資料を作る関係上、農林水産省では野菜や果物を分類しています。

野菜

たとえば野菜は、以下の通りさらに細分されています。

根菜類 ダイコン・ニンジン・サトイモ
葉茎菜類 ハクサイ・キャベツ・レタス・ホウレンソウ・白ネギ・青ネギ・タマネギ・ニンニク
果菜類 キュウリ・ナス・大玉トマト・ミニトマト・ピーマン・シシトウ
果実的野菜 イチゴ・メロン・スイカ

果樹

一方で果物は、農林水産省で「果樹」というくくりで、次のように集計されています。

  • オウトウ
  • キウイフルーツ
  • ブドウ
  • モモ
  • 日本ナシ
  • スモモ
  • ビワ
  • リンゴ
  • カキ
  • ミカン
  • 夏ミカン
  • ウメ
  • ネーブルオレンジ
  • ハッサク
  • パインアップル
  • クリ
  • イヨカン

これら以外の野菜や果物

それ以外の野菜や果物は、統計には現れていません。微量ということです。

ただし、バナナやグレープフルーツなどの輸入食品に関しては、別途統計があります。

具体的な分け方とは

上述の農林水産省による分け方では一部違和感がありそうです。

つまりイチゴやスイカ、メロンが野菜に含まれているからです。

海外から輸入される果実や野菜もあります。

そうしたものをどうやって分類するのでしょうか。より具体的に考えていきましょう。

1.食べる部位で分類する

(1)野菜は多様な部位を食べる

まず食べる部位別に分けてみましょう。

たとえば、上述の分類にあったように、根・茎・葉・花・実などの違いです。

根は、いわゆる根菜類です。

  • ダイコン
  • ニンジン
  • ゴボウ
  • サツマイモ
  • サイトイモ

などがあります。

茎は、アスパラガスが代表でしょう。

クレソンと呼ばれるオランダガラシも、葉と茎を食用にします。タケノコも茎を利用すると言えます。

なお厳密にいうと、ジャガイモは塊茎(かいけい)と呼ばれている茎を食べます。またタマネギも、実際に食べている部分は鱗茎(りんけい)です。

葉は、いわゆる葉物、

  • キャベツ
  • ハクサイ
  • レタス
  • ホウレンソウ
  • コマツナ

などなど、これは挙げ出すときりがなさそうです。

花は、シュンギクがわかりやすいでしょう。アーティチョークやブロッコリー、カリフラワーもここに入ります。

なお東南アジアではバナナの花が食用になっています。

実は、いわゆる果菜ですが、そのうち一般的に野菜と認識されやすいのが、キュウリやカボチャなどのウリ科、トマト・ナス・ピーマンなどのナス科植物があります。

(2)果物は実を食べます

果物と言えば、基本的に実です。果実と呼ばれるくらいです。

そのため、上述の果菜との区別が難しくなります。トマトも生で食べると果物感覚です。

とはいえ果実と野菜の違いは、甘みや酸味などの強い味があるか?かもしれません。

2.生育年限で分類する

(1)野菜の多くは単年草

わかりやすい分類法として、野菜は単年草です。

つまり一定の季節に種を蒔き、1カ月から半年の間に食用となる部位を収穫します。

そのため、スイカやメロンも単年草なので野菜に区分されます。

(2)果物は多年草または樹木の実

多年草として冬を越せる、もっと大きくいえば樹木として数年以上生長し続ける植物、その実が、いわゆる果物です。ほぼ例外はありません。

バナナ

ならばバナナは一年草なので野菜に入るのでしょうか。

樹木をイメージしますが、植物学的には大きな草です。そのため強風で倒されたりします。そして実がなると地上部は枯れます。

ただし根は生きているので厳密な単年草ではなく、翌年以降もその根から新しい芽を出します。

パインアップル

またパインアップルも多年草です。日本でも沖縄など畑で栽培されています。

ただし、同じ株を使い続けると実が小さくなるので、商業的には毎年植え替えます。ならば野菜になるのでしょうか。

3.食べ方で分類する

(1)野菜は調理する

生野菜のサラダなどもあります。トマトもそのままかぶりつくでしょう。

とはいえ、野菜は食事のおかずとして、何らかの調理をします。

サラダも切って混ぜるなら調理です。和食なら野菜の煮物、てんぷら、野菜炒めなどもあります。

ちなみに熱帯圏ではバナナをイモ類と同じく主食として利用します。それを料理用バナナ、プランティンと呼ぶこともあります。品種によって異なりますが、料理用バナナは、生では硬くて食べられません。

(2)果物はそのまま食べる

果物は、一部皮をむきますが、基本は、そのまま調理せずに食べます。

そのためデザート用に使われるのが果物です。

具体的にはイチゴやメロン、スイカは、果物として認識されやすいですね。

果物や野菜に味付けをしたら?

調理と考えれば、スイカに塩、イチゴに練乳をかけたら、サラダになるのでしょうか。

生のキュウリやニンジンにマヨネーズをつけて食べればどうなるか?

かつて遠足のお弁当で議論がありました。「バナナはおやつか?」

弁当箱に入っていればおかず、別にしていればおやつ!そうして結論付いたような気もします。

つまり、考え方の違いです。

4.狭義に定義すると

上述の分類から野菜と果物の定義をあえてしてみましょう。

野菜とは

野菜とは、単年性植物の葉・茎・根・花であり何らかの調理をして食用に供するもの。

果物とは

果物とは、樹木の実であり調理不用な甘味・酸味などの強い味があるもの。

イチゴやメロンなど、両者に含まれないものは、状況に応じて考えるべきなのです。

スポンサーリンク

他にも紛らわしい食用「植物」がある

野菜や果物以外にも紛らわしい食べ物があります。

1.山菜とは

一部栽培種もありますが、里山などで自生している植物を食用にしているのが山菜です。

たとえば

  • タラノメ
  • カタクリ
  • ギョウジャニンニク
  • ノビル
  • ワラビ
  • ヤマウド
  • ツクシ

などがあります。

2.野草とは

野草とは、今ではほとんど雑草と考えられています。

中でも食べて害はない?一部で漢方のように薬用で使われる場合もあります。

野草は主に草むら、川の土手、平地に生えている草類です。

具体的には、

  • オオバコ
  • カラスノエンドウ
  • クズ
  • タンポポ
  • ヨモギ

などがあります。

また春の七草にある

  • ナズナ
  • ハコベ
  • ハハコグサ

は野草です。
ただし栽培されたら野菜になるのかもしれません。

なおツクシ、ゼンマイ、ワラビはシダ植物であり種子は作らず胞子で繁殖します。これらは山菜に入る場合、野草に区分されることもあります。

3.穀物とは

  • イネ
  • トウモロコシ
  • ムギ
  • ソバ

などを穀物と呼ぶことがあります。

広義には豆類やイモ類、バナナも含めますが、一般的にはデンプンが主成分であり、主食として利用される植物の種子です。

ちなみに世界三大穀物とは、イネ・トウモロコシ・コムギです。
世界中の多くの民族でいずれかが主食として利用されています。
また日本で五穀と言えば、イネ・ムギ・アワ・マメ・キビ(またはヒエ)を指します。

4.ナッツとは

ナッツは野菜か果物か?そもそも、ナッツとは何か?

ナッツは堅果または種実類とも呼ばれます。一般的な定義は、硬い殻に包まれた種子です。

そのままの名前はカシューナッツやヘーゼルナッツです。

クルミやアーモンドもポピュラーです。

クリやピーナッツ(落花生)を含めることもあります。

かつては日本でもドングリを食用に利用していました。ただし有毒成分が含まれるため、あく抜きなど前処理に時間がかかります。

5.海藻とは

海藻は植物なのか?

光合成をするための葉緑素を持っているので植物の一種です。

ただし厳密には、根・茎・葉の区別がない藻類(そうるい)です。

一般的には乾燥させて直接食用に供するのが

  • ワカメ
  • コンブ
  • ヒジキ
  • アオノリ

などです。一方でテングサは寒天などへ加工して利用されます。

なお海草と表記されることもありますが、こちらはまったく別の種類です。
植物学的には種子植物単子葉類で、単に海辺、海中に育つ植物です。
具体的にはアマモがありますが、ほぼ食用にはなりません。

6.キノコとは

ちょっと変わった物としてキノコがあります。

生物学的にキノコは、植物ではありません。つまり光合成をせず、特有の樹木に寄生して栄養を得ているからです。

具体的には、松に寄生するからマツタケ、椎(しい)に寄生するからシイタケです。

栽培されているキノコもありますが、秋になるとキノコ狩りなどが行われます。

ただし毒キノコとの違いが不明瞭な場合もあります。都市伝説的な見分け方も紹介されています。

専門家でも区別が難しいので、安易に野生のキノコを食べるのは控えましょう。

植物は多様です

野菜か果物か?

本来はどうでもよいことです。植物もそんなことは考えていないでしょう。

また野菜だから煮る、果物だから生食、そんなこだわりも不要です。

好きなように美味しく食べましょう。

スポンサーリンク