スポンサーリンク

趣味がない」となげいているあなた、天体観測を始めませんか。

高価な望遠鏡は必要ありません。渋谷や新宿の駅前などではない限り、肉眼でも星を眺めることができます。

天体観測は道具をそろえたり、予備知識がたくさん必要そうでちょっと…」とお思いかもしれません。

でも、マニアックにならずとも天体観測はできるんです。

天体観測の基本的なことだけを知っておけばOK。空を眺めて気分転換ができます。

天体観測と言うと、夜中になると思いがちですが、太陽や月も天体です。

また夜の12時前でもじっくり観測できますし、早起きの人なら、朝方もチャンスです。

晴れていればいつでも、輝く星を見ることができます。

今回は手っ取り早く始める【簡単】ともう少し詳しく解説した【もっと詳しく】に分けて解説します。

【簡単】スマホアプリで天体観測を始める

スマートフォンをお持ちであれば、

  • iPhoneならAppStore
  • AndroidならGoogle Play

で、「星座盤」や「星座表」と検索してみてください。

色々なアプリがあるので、説明文やレビューを調べて、好きなものをダウンロードしてみましょう。

無料でも、空にかざせば今見ている星がどんな星なのかがすぐにわかります。

オススメのアプリ2つ

iPhone・iPadならスカイガイド

スカイ・ガイド

こちらのアプリは¥360の有料ですが、空にかざすと今いる位置から見られる星がスマホ画面に表示されます。

「あそこにあるのは金星?」

「あの星はなんて名前?何の星座?」

など、知りたいときにすぐに調べることができます。

また、国際宇宙ステーションの位置を通知してくれる機能もあります。

アプリの使用中に流れる音楽は、あなたの天体観測をよりロマンチックにしてくれるかもしれません。

Androidなら星座盤

星座盤

こちらのアプリは無料です。複雑な機能はありません。

アプリを起動後、スマホを空にかざすと、今いる場所から見える星や星座が分かります。

機能をシンプルにしているので「あの星は何?」と思ったらすぐ起動するので、すぐに調べられるのが便利です。

アプリの容量が軽い点もオススメするポイントです。

【もっと詳しく】方角を知ろう

関係ない方向を見続けていても、目指す星は見えません。

天体観測の基本は、方角を知ることです。最低限の準備として方角を知りましょう。

1.方位磁針を使う

方角を知るには、方位磁針があると便利です。

スマホで使える無料の方位磁針アプリや、100円ショップでも簡単な方位磁針を使いましょう。それで十分です。

専門家ではない限り、おおよその方角がわかればOKです。

極端に言うと西と東を間違えなければ、まったく問題ありません。

2.太陽を使えば南がわかる

自分で方角を知りたい人は、昼の12時に太陽を見つけましょう。

いわゆる南中時刻です。

昼の12時に太陽のある方角が南です。その時に、目印になる建物などを確認しておきましょう。

南を向いた時、

  • 後ろが北
  • 右手側が西
  • 左手側が東

です。これで東西南北の四方位が確認できました。

余裕があればさらに、

  • 北と西の間が北西
  • 西と南の間が南西
  • 南と東の間が南東
  • 東と北の間が北東

これらを合わせた八方位を定めましょう。ここまでわかれば観測の確実性が増します。

なお太陽は東から昇り、西側に沈むと言われます。

しかし真東や真西ではないので、太陽が見えてくる、消えていく方角は、おおよその目安と考えましょう。

南中の原理

太陽や月が真南に来ることを南中(なんちゅう)と呼びます。そして南中した時刻を南中時刻と呼びます。

天体に関して日本の中心は、東経135度にある兵庫県明石市です。ここで太陽が真南に来た時を日本の昼12時と定めています。

東京は東経約140度にあり明石とは約5度ずれるので、東京の南中時刻はだいたい11時40分になります。

東京は明石より東にあるので、明石より先に太陽が南中します。

逆に明石より西にある地域の南中時刻は12時より遅れます。たとえば長崎は東経約130度なので、南中時刻は12時20分頃になります。

ただし正確には、毎日南中時刻は数分から数十分の単位でずれます。そのためあくまでも目安です。

なお、東京が11時40分に南中するかという計算方法は以下のとおりです。

1.地球が1時間当たり何度自転するかを計算する

地球は24時間かけて360度1回自転します。

地球が1時間あたり何度自転するかというと、360(度)÷24(時間)=15(度)で、1時間当たり15度回転します。

2.1度あたり何分ずれるのかを計算する

1時間は60分なので、60(分)÷15(度)=4(分)、つまり1度当たり4分ずれます。

3.1度当たり4分のずれなので、5度をかける

そのため、経度が5度ずれると、5(度)×4(分)=20となり、20分ずれる計算です。

スポンサーリンク

【もっと詳しく】星座早見の使い方を知ろう

天体観測には星座早見があると便利です。オススメなのは、誠文堂新光社の「全天星座早見」です。

東京がある北緯35度で見える星空が示されています。もちろん日本全国で使えます。

参考「天文学のすすめ!秋の夜長は星空を眺めよう

星座早見は、2枚の円盤で作られています。

2つの円盤を止めている金具部分に北極星があります。日本から見える星空は、北極星を中心にして動いているからです。

下の大きな円盤には全天に散らばる星の絵、その縁に1月、2月という月と、日にちが時計回りに刻まれています。

上の小さな円盤の一部は、楕円形に切り抜かれています。

そこから見える部分が、観測する日時で見える星空を現わしています。この円盤の縁には時刻が24時間制で刻まれています。

上の円盤にある時刻を、下の円盤にある月日に合わせると、見たい日時の星空が、切り抜かれた楕円の中に示されます。

ただし注意点があります。星座早見の東と西が、実際の東と西とは逆になっていることです。

この理由は、星座早見は頭の上にかざして使うからです。

左右が逆になるので、上にかざすと、正しく東西になる原理です。

簡易的に星座早見表を手作りするなら→[PDF]朝日新聞オリジナル星座早見盤

【もっと詳しく】月の満ち欠けを知ろう

月も天体です。地球から一番近くにある星で、日中でも見える時があります。

わたしたちに身近な月の観測は、天体観測の基本といえるでしょう

月の満ち欠けを現わす月齢、月出と月没の時間がわかると、けっこう天体観測が楽しめます。

なぜなら、月の動きは、太陽や他の星とは異なり、見える時間と形が毎日違うからです。

その違いを知ると、地球や月が動いていることを実感できます。

月の満ち欠けの調べ方

月の満ち欠けを調べるには、新聞の天気予報欄を見ればよいでしょう。

毎日の日の出や日の入り時刻とあわせて、月齢・月の出と月の入り時刻が記載されているからです。

このほかにも、ネットを使えば簡単にその日の月齢・月の出と月の入り時刻が検索できます。

たとえば国立天文台のウェブサイトです。下記サイトでは、都道府県別のこよみが調べられます。

国立天文台 天文情報センター 暦計算室

月齢とは

月齢は、新月の0日をスタートとして、

  • 三日月
  • 上弦の月(右半分が輝いて見える半月)
  • 満月(15日、いわゆる15夜)
  • 下弦の月(左半分が輝いて見える半月)
  • 新月

までの日数で現します。

新月から新月まで1周するのに約29日から30日かかります。

厳密には、小数点第一位まで、たとえば月齢3.3日などと示されます。

【もっと詳しく】北極星を見つけよう

ただ漠然と星を眺めるのもよいですが、代表的な星座を知っておくと、より星空に親しみが湧きます。

代表的な星座をしっておけば、違う星座を探したり、流星群の場所を知るときにも便利です。

しかし、星座を見つけるには、北極星を探さないとはじまりません。

1.北極星を直接見つけるのは難しい

ほぼ真北にあるのが北極星です。

北極星は、地球の自転軸である地軸を伸ばした先にある星であり、こぐま座の一部、尻尾の先に該当する星です。

そのため日本から1年中見ることができます。

ただし北極星は2等星なので、暗いです。直接探そうとすると、見つけるのが難しいかもしれません。

地方で星がたくさん見られる場所でも、他の星と紛れて見つけづらいでしょう。

そのため、北極星の探し方にはポイントがあります。まずは真北の空を見上げましょう。

2.北斗七星を使う

北極星を探すときに使われるのが北斗七星です。

神社などにある柄杓(ひしゃく)を横から見たような形をした7つの星の連なりです。別名ひしゃく星とも呼ばれます。

北斗七星は、おおぐま座の一部です。北の方を眺めていれば、大きくて目立つのですぐにわかるでしょう。

ひしゃくの水をすくう部分の高さ(画像aとb)に該当する長さ、これを目分量で5倍します。その先に北極星があります。

言われて見れば、なんとなくそこに星が輝いているのがわかります。それが北極星と思って間違いありません。

3.カシオペヤ座を使う

北極星をはさんで北斗七星の反対側にあるのが、Wの形をしたカシオペヤ座です。

こちらから北極星を見つけることもできます。

カシオペヤ座も、はっきりと形がわかります。

Wの両脇の線を下側に伸ばすと交わります。すると平行四辺形ができます。

この四辺形の対角線を、北斗七星の方向へ向けて、こちらも伸ばしていくと、北極星が見つかります。

4.注意点

なお北の星は、北極星を中心にして反時計回り(左回り)に、1時間当たり約15度動いて見えます。

そのため時刻によっては、北斗七星かカシオペヤ座のどちらかしか見えないこともあります。両方の見つけ方を知っておくと確実です。

【もっと詳しく】星に関する知っておくと便利な知識

1.等星とは

等星とは、星の明るさを表す尺度です。

ギリシャ時代に作られた概念で、等級とも呼ばれます。

当時もっとも明るく見える星を1等星、肉眼でギリギリ見える星を6等星と定めました。その間を6等分しています。

考え方として、1等星は6等星の100倍明るく見えます。

ただし、最近は観測技術が発達したので、1等星より明るい星・6等星より暗い星も確認されています。

そのため、

1等星より明るいのが0等星・マイナス1等星…(以下続く)も、6等星より暗い7等星・8等星…(以下続く)と等星が増えています。。

たとえば、満月はマイナス13等星、太陽はマイナス27等星に該当します。

2.星の色と温度

星を見ていると、色が違って見えます。ほとんどの星は白く見えますが、赤い星もあります。

たとえばオリオン座のベテルギウス、さそり座のアンタレスなどが赤い星です。

星は、太陽と同じく自ら光り輝く恒星です。その表面温度によって色が違って見えます。最も温度が高い星は青く見えます。

以下、温度が下がるごとに、星の色は

  • 青白

になります。

太陽は約6000度なので黄色く見えます。

参考「一番身近な恒星である太陽とは何か?地球への働きについて

星の色は、地上で見る炎の色と同じ原理です。

料理用ガスの色は青白いですね。高温の証拠です。

逆にろうそくの炎は赤く見えますが、比較的低い温度です。

色の違いは、温度によって変わる光の波長の違いです。

なお火星も赤く見えますが、これは別の理由です。惑星なので太陽の光を反射します。そのため火星の地表にある鉄分を含んだ赤い土が反射して赤く見えます。

3.星占いに使われる星座

占いを信じるかは別として、自分の星座が気になる人もいるでしょう。

たとえば私は10月生まれなので、てんびん座です。

では、てんびん座は10月の夜に見える星座でしょうか。違います。てんびん座は春の星座です。

星占いに使われる星座は、太陽の通り道にある星座であり、別名・黄道十二宮(こうどうじゅうにきゅう)と呼ばれます。

黄道十二宮とは、地球から太陽を見た場合(直接見てはいけません!)その後ろにある星座のことです。

具体的に言うと、10月上旬頃、昼に太陽を見た時、その近くにてんびん座が輝いているという意味です。

仮に10月上旬に皆既日食があったなら、太陽が隠されて暗くなり、日中にてんびん座が見えることでしょう。

他の星座も同じ意味です。

ちなみに星占いに使われる星座とその月日は次の通りです。

  • おひつじ座(3/21~4/19)
  • おうし座(4/20~5/20)
  • ふたご座(5/21~6/21)
  • かに座(6/22~7/22)
  • しし座(7/23~8/22)
  • おとめ座(8/23~9/22)
  • てんびん座(9/23~10/23)
  • さそり座(10/24~11/21)
  • いて座(11/22~12/22)
  • やぎ座(12/23~1/19)
  • みずがめ座(1/20~2/18)
  • うお座(2/19~3/20)

準備ができたら星空を眺めよう

準備ができれば、とりあえず空を眺めてみましょう。

LEDライトが輝く繁華街以外なら、月や1等星が見えるはずです。

そこから範囲を広げて、次は星座を探しましょう。天体観測という趣味には終わりはありません。

スポンサーリンク