スポンサーリンク

天体観測と言えば望遠鏡が必要だと思い込んでいませんか。

眠らない街・新宿などのような常にネオンで明るい一部のエリアを除けば、日本中どこでも、肉眼で星を見ることは可能です。

高層ビルの間からも、満月は見えます。あきらめずに天体観測を趣味にしてみませんか。

今回は実践編ということで、北の空に輝く基本的な星や星座を観測してみましょう。

ひとつの星座がわかれば、そこからたどっていくことで、違った星座を探せます。

参考「望遠鏡がなくてもできる天体観測をはじめよう!1.準備編

星座を探すコツ

絵をイメージする

星座を探すにはコツがあります。

それは、星座の本などに示されている形を意識することです。

先人が星座を作ったように、絵をイメージすることが大切です。

形をイメージする、思い込むことによって、自然と、その形に見えてくるから不思議です。

図鑑や星座早見表を使ってイメージする

星を見ながら絵をイメージするには、図鑑や星座早見が手元にあると重宝します

子供用とはいえ、最近の図鑑はあなどれません。下記ページを参考にして図鑑を選んでみましょう。

参考「親子で学べる宇宙に関する本を紹介:幼児から小学校低学年向け

もちろん、今ならスマホのアプリが便利です。

とはいえ絵から自分の頭でイメージすること、想像力を高めることが、星を観測する際には重要だと思います。

北に輝く代表的な星や星座を探そう

日本は北半球に位置します。そのためほぼ真北の位置に、北極星が輝いています。

この北極星を中心として、星は反時計回りに、1時間当たり約15度動いて見えます。

この原理を元にして北の空をまず眺め、代表的な星座を探しましょう。

周辺の建物や地形にもよりますが、北の空に見える星は、一晩中沈まない星がほとんどです。

そのため何時でも、季節を問わず見つけることができます。だからこそ天体観測の基本になります。

1.北斗七星(おおぐま座)

柄杓(ひしゃく)の形に見えるのが北斗七星です。柄杓星と呼ぶこともあります。

北斗七星は、おおぐま座の一部です。腰から尻尾にかけてに該当します。

言い換えると、おおぐま座は、大きすぎて確認するのは難しいでしょう。

そのため、北斗七星をしっかりと把握しましょう。

そこから少しずつイメージを広げていくとわかりやすそうです。

見つけやすい日時

北斗七星を見つけやすい日時は、以下の通りです。

この日時にはほぼ真北で角度的には、頭の上を90度、地平線を0度とした時、約66度の高さ、首の体操で頭を上に傾けた程度の眼先に見えるでしょう。

  • 3月26日の23時
  • 4月10日の22時
  • 4月25日の21時
  • 5月10日の20時
  • 5月25日の19時

以降夏は、真北に来る時間帯が夕方から昼になるので見えません。

しかし、

  • 12月9日の朝6時
  • 12月24日の5時
  • 1月9日の4時
  • 1月24日の3時
  • 2月8日の2時
  • 2月23日の1時
  • 3月11日の0時(24時)

には真北に見えるようになります。

このように星は、1カ月進むと、同じ位置に見える時間が2時間早まります。

以後、参考にしてください。

2.カシオペヤ座


Wの形をしているのがカシオペヤ座です。

とはいえ北極星の上に来ると、Mの形に見えます。どちらでも良さそうですが、話を統一する意味でも、Wと覚えておきましょう。
上述した北斗七星とは、ほぼ反対の位置にあります。
具体的に説明すると、北極星を中心にして、北斗七星が時計の12時の方向に来た時、カシオペヤ座は7時の方向にあります。

これを目安に見つける方法があります。この時はW型です。

見つけやすい日時

カシオペア座が北極星の真上、約66度の角度に来る日時は次の通りです。

この時は、M型に見えます。

  • 7月8日の朝6時
  • 7月23日の5時
  • 8月8日の4時
  • 8月23日の3時
  • 9月7日の2時
  • 9月22日の1時
  • 10月8日の0時(24時)
  • 10月23日の23時
  • 11月7日の22時
  • 11月22日の21時
  • 12月7日の20時
  • 12月22日の19時
  • 1月6日の18時

以降は夕方から昼に上るので、カシオペヤ座は見えなくなります。

もちろん1カ月進むと2時間早まる、それを計算すれば、いつでもカシオペヤ座が探せるでしょう。

3.こぐま座

北極星が含まれる星座が、こぐま座です。

こぐま座の尻尾の先端が北極星です。

とはいえ、おおぐま座もそうですが、クマの尻尾はそんなに長いのか?そんな突っ込みもありますが、昔の人が考えたことなので、あまり詮索してはいけません。

こぐま座は、7つの星からできており、小さな柄杓型をしています。

そして北斗七星と、ほぼ反対向きをしています。

具体的にいうと、北斗七星が上述のように真北の上に来たとき、その真下を見れば、こぐま座があります。

こぐま座を構成する星の中で北極星と、その一番反対側にある星は2等星です。

しかし、それ以外は3等星以下なので、よほど暗い場所以外では、見つけられないかもしれません。

とはいえイメージすれば、母クマを追いかける子グマが見えるかもしれません。

4.ぎょしゃ座

冬の星座に分類されますが、ぎょしゃ座にあるカペラは0等星なので、とても目立ちます。

ぎょしゃ座は、北斗七星とカシオペア座の間にあります。

具体的にいうと、北斗七星が北東、カシオペヤが北西に見えた時、ちょうど北極星の上に来ます。

カペラは明るい星なのですぐにわかるでしょう。

そこから5つの星を結んで、五角形が見えます。いわゆる、ぎょしゃの五角形です。

他の星は2等星以下なので見えづらいですが、こちらも五角形を意識すれば、すぐにわかるかもしれません。

見つけやすい日時

カペラが北極星のほぼ真上、つまり真北に来る日時は、次の通りです。

  • 9月13日の朝6時
  • 9月28日の5時
  • 10月13日の4時
  • 10月28日の3時
  • 11月13日の2時
  • 11月28日の1時
  • 12月13日の0時(24時)
  • 12月28日の23時
  • 1月13日の22時
  • 1月28日の21時
  • 2月12日の20時
  • 2月27日の19時
  • 3月14日の18時

以降は夕方から昼に上るので見えなくなります。

ちなみに御者(ぎょしゃ)とは、馬車をあやつる、操縦する人のことです。

5.こと座

こと座は、夏の大三角の一角をなす夏の星座です。

その中にある一等星のベガ(いわゆる織姫星)は、ぎょしゃ座のカペラの対極、夏にほぼ頭の真上(天頂)に来ます。

つまり北斗七星が北西、カシオペヤが北東にある時、北極星の真上に来ます。

見つけやすい日時

ベガが、自分のほぼ真上に来る日時は、次の通りです。

  • 4月2日の朝6時
  • 4月17日の5時
  • 5月2日の4時
  • 5月18日の3時
  • 6月2日の2時
  • 6月17日の1時
  • 7月3日の0時(24時)
  • 7月18日の23時
  • 8月2日の22時
  • 8月17日の21時
  • 9月1日の20時
  • 9月16日の19時
  • 10月1日の18時
  • 以降夕方から昼にうつります。
スポンサーリンク

北の空を眺めよう

日本から見える星は、北極星を中心に回っています。

そのため北の空に輝く星を知ることが、天体観測の基本になります。

まずは、北の星空を眺めてみましょう。

北の方角は、方位磁針を使っても分かりますが、太陽が昼の12時に来る場所が真南なので、その反対側です。

昼間に印をつけておけば、北極星が意外と簡単に見つかるかもしれません。

スポンサーリンク