スポンサーリンク

夏は、なぜ暑いのでしょうか。

その理由は、日本の周りにある気圧配置が関係しています。

たとえば夏を代表する気圧配置は、南高北低(なんこうほくてい)です。

では、南高北低とはどういう意味なのでしょうか。

今回は、南高北低や夏型の天気と気圧配置について、わかりやすく解説します。

南高北低とは

(出典:気象庁ウェブサイト日々の天気No.188【PDF】より)

南高北低(なんこうほくてい)とは、日本の南側に高気圧があり、北側に低気圧がある典型的な夏型の気圧配置を、四字熟語として表した気象用語です。

気圧配置とは

気圧配置とは、低気圧・高気圧・前線などの位置関係のことです。

季節によって、だいたい決まった気圧配置が生まれます。

気圧配置の違いが季節によって天気が変わる理由です。

たとえば、冬型ならば西高東低の気圧配置です。

これは西側に高気圧、東側に低気圧がある気圧配置であるという意味です。

南高北低の天気の特徴

南高北低の気圧配置になると、晴れが続きます。

南高北低とは言いますが、日本の周りはほとんど高気圧でおおわれます。

北海道の北側に小さな低気圧が時々通過する程度です。

高気圧の中は下降気流が起きているので、雲が発生しません。(※)

そのため南高北低になると、晴れるしかありません。

※低気圧の中は上昇気流です。水蒸気が上空へ昇っていくので、冷えた水蒸気が雲になり、雨などの原因になります。
スポンサーリンク

どうして南高北低になるの?

どうして南高北低になるのかを、順をおって解説していきます。

1.陸地の方が海面より温度が変わりやすい

日本の北西にはユーラシア大陸(中国やロシア)があり、逆側の南東には太平洋があります。

一般的に陸地の方が気温の変化が大きい、反対に海は温度が変わりにくい特徴があります。

ここでいうと、ユーラシア大陸側は気温の変化が大きく、太平洋側の気温は変わりにくいということです。

2.夏になると大陸(北)で気温が上がり低気圧が生まれる

夏になると、ユーラシア大陸側で気温が上がります。

すると、暖かくなった空気は上昇するので、低気圧を生み出します。(※)

これが北側で低気圧が生まれるしくみです。

※上昇気流が発生すると低気圧が生まれます。

3.太平洋側から暖かい空気が流れてくる

大陸で空気が上昇すると、その空いたスペースに向かって太平洋側から暖かく湿った空気が流れ込みます。

4.太平洋(南)で下降気流が起きるので高気圧になる

ユーラシア大陸で上昇した空気は、対流によって循環し、太平洋側で降りてきます。

つまり、太平洋では下降気流が起きています。

これが、南側で高気圧が生まれるしくみです。

この高気圧を、太平洋高気圧と呼びます。

5.夏は南高北低で落ち着く

夏になると、1~4で説明した循環が続きます。

そのため、日本の北側に低気圧・南側に高気圧がいる南高北低の気圧配置で落ち着くのです。

南高北低になると日本はどうなる?

1.暑くなる

南高北低の気圧配置になると、太平洋高気圧が日本全体をおおいます。

高気圧による下降気流が起きるので、晴れの日が続きます

太陽がほぼ真上から輝いていることもあり、暑くなります

2.南風が吹く

気圧の高い太平洋から、気圧の低い大陸へ風が吹きます。

この風は南東から北西へ吹きます。

天気予報でよく聞く、暖かく湿った南風が吹きます。

3.ムシムシする

ただ暑いだけではなく、ムシムシします。

これは、太平洋から暖かく湿った空気が流れ込んで湿度が上がるためです。

4.台風は来ない

夏と言えば台風をイメージするかもしれませんが、南高北低の気圧配置が続くと、台風は日本に来れません。

台風は自分で動くことができず、高気圧が噴き出す風によって動くからです。

実際に、2017年の台風5号や2016年の台風10号が太平洋沖で長い間止まっていた理由は、太平洋高気圧が強すぎたことも原因と考えられています。

南高北低の天気の注意点

1.熱中症に気を付けましょう

南高北低の気圧配置になると、晴天が続き暑くなります。

湿度が上がるので、熱中症が起きやすくなります。

こまめに水分をとり、クーラーを上手く使って体温の上昇を避けましょう。

2.ゲリラ豪雨が起きます

晴れが続くと、太陽が照りつけます。

すると、太平洋の海水が蒸発して水蒸気に変わり、雲を作り出します。

雲が急激に発達すると、積乱雲になります。

積乱雲が南風に流されて日本上空に来るとゲリラ豪雨が起き、急激に強い雨が降ったり、落雷に遭う可能性があります。

なお、ゲリラ豪雨は正式な気象用語ではありません。

夏が暑い理由は南高北低になるからです

夏が暑くなる理由は、南高北低の気圧配置になるからです。

2017年8月は雨が続き、異常気象になりました。

南高北低の気圧配置にならなかったせいです。

太平洋高気圧にがんばってもらわないと、夏らしい夏になりません。

スポンサーリンク