スポンサーリンク

日本の天気は変わりやすいと言われます。

その理由は、日本の周りにある気団が関係しているようです。

では、気団とは何でしょうか。どんな種類があるのか、それぞれ具体的に解説します。

気団とは

気団とは、同じような性質を持つ空気の大きなかたまりです。

1.日本の天気は4つの気団で変化する

日本の天気や季節は、4つの気団が強くなったり弱くなったりすることで変わります。

4つの気団とは、次のとおりです。

オホーツク海気団 日本の北東にあり、冷たく湿った空気を持っている
小笠原気団 日本の南東にあり、暖かく湿った空気を持っている
シベリア気団 日本の北西にあり、冷たく乾いた空気を持っている
揚子江気団 日本の南西にあり、暖かく乾いた空気を持っている

なお、この記事では、日本に直接の影響は与えませんが、台風を作る赤道気団も解説します。

2.気団の強さが変わる理由

気団の強さが変わる主な理由は、太陽と地球との位置関係です。

夏は北半球が太陽に近づくので、日本の南側にある気団が温められて強くなります。

冬は北半球が太陽から離れるので、日本の北側にある気団が冷やされて強くなります。

偏西風も影響する

日本の上空では、偏西風と呼ばれる西から東へ向かう大きな風が吹いています。

偏西風は、大陸にある気団から空気を持ってきたり、太平洋側にある気団をかき乱したりすることにより、気団の強さを変えることがあるようです。

オホーツク海気団

オホーツク海気団について解説します。

1.梅雨や秋に活躍する

オホーツク海気団は、梅雨や秋に活躍する気団です。勢いが強くなると、停滞前線ができます。

2.冷たく湿った空気を持っている

オホーツク海辺りにあるので空気は冷たく、海の上なので水蒸気が豊富にあり湿っています。

3.オホーツク海気団が強いと冷夏になることもある

夏にオホーツク海気団が強まると、北東から冷たい風が吹き、冷夏になります。

気温が上がらないので農作物が育ちません。くわしく言うと、やませと呼ばれる現象が起きます。

スポンサーリンク

小笠原気団

小笠原気団について解説します。

1.夏に活躍する

小笠原気団は、夏に活躍する気団です。勢いが強くなると、梅雨が明け、暑い夏になります

2.暖かく湿った空気を持っている

小笠原諸島辺りにあるので空気は暖かく、海の上なので水蒸気が豊富にあり湿っています。

3.小笠原気団が強いと晴天が続く

日本の夏は、小笠原気団から生まれた太平洋高気圧が日本全体をおおいます。太平洋高気圧の力が強いと晴天が続きます。

シベリア気団

シベリア気団について解説します。

1.冬に活躍する

シベリア気団は、冬に活躍する気団です。勢いが強くなると、寒い冬になります。

2.冷たく乾いた空気を持っている

ユーラシア大陸の北側、シベリア地方にあるので空気は冷たく、陸の上なので水蒸気がほとんどなく乾いています。

3.シベリア気団が強いと日本海側は大雪になる

シベリア気団から吹く風が、いわゆる冬の北風です。

この北風が日本海から水蒸気を持っていくので、冬の日本海側地方は、大雪になります。

揚子江気団

揚子江気団について解説します。

1.春に活躍する

揚子江(ようすこう)気団は、春に活躍する気団です。

揚子江気団が強くなると、移動性高気圧が発生し、天気が変わりやすくなります

2.暖かく乾いた空気を持っている

中国南部の揚子江辺りにあるので空気は暖かく、陸の上なので水蒸気がほとんどなく乾いています。

3.春の天気が変わりやすい原因

揚子江気団から高気圧がどんどん生まれ、偏西風に乗って日本へ流れてきます。

このような高気圧を移動性高気圧と呼びますが、春に天気が変わりやすくなる原因です。

つまり、高気圧があると一時的に晴れますが、すぐに通過してしまうので天気が悪くなります

4.長江気団と呼ぶこともある

揚子江は中国南部を流れる大きな川ですが、川全体の名前は長江(ちょうこう)です。

そのため、揚子江気団ではなく、長江気団と呼ぶこともあります。

赤道気団

赤道気団について解説します。

1.熱帯低気圧を作る

赤道気団は、台風の卵である熱帯低気圧を作り出す気団です。

2.暖かく湿った空気を持っている

赤道の近くにあるので空気は暖かく、海の上な64qので水蒸気が豊富で湿っています。

3.日本への直接的な影響はない

日本に対する影響は、台風を作るという間接的なものだけです。直接日本の天気に影響することはありません。

気団によって天気や季節が変わる

気団とは、同じような性質を持つ空気のかたまりです。

どの気団が強くなるかによって、日本の天気や季節が変わります。

気団の強さが変わる理由は、地球と太陽との位置関係、偏西風の動きなどです。

スポンサーリンク